NY最先端の試着室が未来すぎる! 魔法の鏡&タッチパネルで新ショッピング体験

フツウではない魔法の鏡 洋服を見に行って試着室へ。そこにあるのは全面タッチパネルの大きな鏡 ── サイズや色の在庫確認から支払いまで必要なことがすべてそこでできる(しかも日本語で)、魔法の鏡だった。 なにも近未来の話をしているのではない。実際にアメリカの小売店ですでに導入されている試着室のことだ。 この魔法の鏡の正体は、「The Oak Mirror(オークミラー)」。開発したのは、米「Oak Labs, Inc (オーク・ラボズ社)」。同社のジェニー・サムエルズさんによると、オークミラーは、元eBayの小売イノベーションチームにいたテック専門家らにより開発され、2015年に誕生したものだとか。 オークミラーは、レベッカ・ミンコフやラルフローレン、ゲリーヴェーバーなどですでに導入されているそうだ。魔法の鏡とはいかなるものか。それを体験しに、レベッカ・ミンコフのニューヨーク店に行ってみた。 近未来の試着室をいざ体験 マンハッタンはソーホーにある、セレブ御用達の店、レベッカ・ミンコフ(Rebecca Minkoff)。お店に入るとまず、大きな鏡のようなものが目に飛び込んでくる。 これもただの鏡ではなかった。タッチスクリーンになっており、最新のルックブックが見れたり、サービスで出してくれる無料ドリンク(お茶、コーヒー、エスプレッソetc …そしてシャンパンも!)を選べたりするのだ(希望により携帯番号を入力すれば、ドリンクが用意された際にテキストで知らせてくれる)。 早速入り口から、最新テクノロジーを思い切り感じられる店だ。店内をぐるっと回っていると、スタッフが熱々のおいしいエスプレッソを持って来てくれた。ありがたくいただきながらお店をひとしきり見たら、気に入った洋服を持っていざ試着室へ。 試着室に入ると、何もしなくても商品情報が鏡に写し出された。これにより、スクリーン(鏡)上でほかのサイズや色など、在庫確認が瞬時にできる。店員さんを呼んでリクエストして「少々お待ちください」の時間が省けというわけだ(オークミラーは店員が各自で持っているiPadと繋がっているため、タッチスクリーンで希望を出せば、瞬時に在庫を持って来てくれる)。 ほかに言語(日本語を含む)や、その洋服を着るであろうシーン(照明)の選択メニューもある。「試着室内では好きな色だったけど、日中や薄暗いレストランではいまいちだった」なんていう失敗を防ぐための優しい心遣いだ。 店員のメルセデスさんによると、これら一連のプロセスを可能にしているのは、RFIDと呼ばれるセンサー技術なのだとか(洋服には、ID情報が埋め込まれたRFタグが付いている。Suicaのような非接触ICカードをイメージするとわかりやすいか?) 新決済システムでの支払いも可能 またオークミラーではこの2月より、近距離無線通信と言われる「NFC技術」(*)も導入し、オークミラー内でApple PayやAndroid Payの利用が可能になった。これにより、すべての買い物のプロセスを、このオークミラーで完了させることができるようになったのだ。 (※注釈) ほとんどのスマホやクレジットカードに備えつけられている機能。NFCタグにより、ウェブページやソーシャルメディアなどの情報をリンクさせたり、電子支払いが可能になる。 自分でチェックアウトもできる ちなみにレベッカ・ミンコフでは、テックパートナーとしてほかに「QueueHop, Inc.(キュー・ホップ社)」とも提携しており、顧客が現金を持たずして自分でチェックアウトができる「ノーキャッシュレジスター」も導入している。これで(特にアメリカの大都市にある人気店では当たり前の)レジに並ぶ時間が節約できる。 オークミラーとの相性もバッチリとかで、試着室で支払いを済ませたあとは、キュー・ホップステーションで、盗難防止用のセキュリティタグを自分で外すことも可能。 試着室内で、店員など他人に煩わされることなく、ほぼ自分で、ほぼすべてのプロセスを、スピーディー&スムーズにできるとあり、オークミラー設置以降評判は上々のようだ。 「たかだか数分の待ち時間かもしれませんが、待っている間はまるで永遠のように感じるもの。オークミラーは試着室内でのプロセスを40%早くしてくれるだけでなく、消費者に『ここなら時間がなくても大丈夫』『さっと購入できる店』というイメージを潜在的に与えてくれるものなのです」とジェニーさんは胸を張る。全米では今後、夢のミラー導入店が増えていくことだろう。 Oak Labs, Inc. QueueHop, Inc. Rebecca Minkoff   (文・写真:安部かすみ fromニューヨーク) ■取材国:アメリカ 安部かすみ(あべ・かすみ) 2002年に渡米し、在ニューヨークの新聞社でのシニアエディター職を経て、2014年からフリーの編集者、ライターに。ニューヨークから食やエンタメ、テック系などのトレンドを発信中。編集者歴は日米で20年。 HP Global Press Blog Twitter TSUTAYA T-SITE(2017.3.15)「NY最先端の試着室が未来すぎる! 魔法の鏡&タッチパネルで新ショッピング体験」より転載(無断転載禁止) ウェブサイトのコピー ウェブサイトのPDF

【世界から】店員がいないファストフ ード店。 アメリカで進む無人化 (ニューヨーク)

[Dec 2017 Updated] 日本では昔から、田舎に行くと野菜や花の無人店 をよく見かけたもの。全国津々浦々どこにでもある 自動販売機も、無人販売所といえばそうだ。アメリカでも一昔前から無人販売が生活に根付いており、 スーパーやドラッグストアなどにあるセルフレジは その代表だろう。 近年のITの発達とともに、シアトルでは無人コンビニ「Amazon Go」がもうすぐオープン予定で、人々の関心を集めている。そしてニ ューヨークでは、昨年末から今年初めにかけて、2軒 の無人ファストフード店がオープンし、話題だ。 ▽健康と環境に配慮 無人ファストフード店は「eatsa」(イーツァ)という。同店は2015年、第1号店がサンフランシスコに オープンするやいなや「未来のレストラン」として 脚光を浴び、今もにぎわっている。 現在は西海岸と東海岸で7店舗を展開中だ。健康志 向が高まる中、ここはファストフード店にして、キ ヌア(南米原産の雑穀)とたっぷりの野菜を使った サラダボウルを提供し、コンポスト用の容器を利用 するなど、健康と環境に配慮していることも注目さ れている。 ▽自分でカスタマイズ 人がいなくてどうやって購入できるのかという疑問が湧くだろう。 注文の仕方はいたって簡単だ。オーダースクリーンでまずクレジットカードをスワイプし、 スクリーンを見ながら、キヌアや青物、ソースの種類を選んでいく。 食材は全部で78種類あるのでどれにしようか迷ってしまうかもしれない。選ぶのが面倒な人のために、固定メニューも8種類用意されている(それぞれにカロリーやタンパク質、糖質、脂質などの栄養素表示付き)。 最後に「オーダー完了」をセレクトすると、2~3分で奥の棚にオーダーしたものが入れられ る。自分の名前が表示された扉を2回軽くたたくと扉が開き、商品が受け取れる仕組みだ。 ちなみに「無人店」と言えども、全く店員がいないわけではない。オーダーに手間取ったり、どれを注文するか迷っている客がいると、店員が出てきて気軽にアドバイスしてくれる。 調理場を見ることはできないが、調理しているのはロボットではなく、人間だそうだ。 ボウルの料金はすべて6.95ドル(1ドル112円計算で、約778円)。ニューヨークのサラダバー では平均10~12ドル(約1120~1344円)ほどするので、6.95ドルはかなりお得な値段設定とな っている。 ▽味も申し分なし 無人化によるメリットはいくつかある。まず店側のメリットとして、人件費を削減できるの は大きな要素だろう。またオーダーした内容から顧客データが取れ、マーケティングの分析に も使えるというのは容易に予想がつく。 顧客側のメリットとしては、誰とも話したくない気分の時などに煩わされることなくさっと 買えたり、ランチタイムでも長蛇の列に並ぶことなくスピーディーに買えたりするということ だろう。 実際に食べてみたが、新鮮でボリュームもたっぷり、味も申し分なかった。「味よし」「プ ライスよし」「スピードよし」、さらに「健康によし」「環境によし」という五拍子で、人気 は今後も続いていきそうだ。 ▽デリバリーも アメリカの無人化といえばもう一つ。アマゾンをはじめとするドローン配達サービスが世界 で注目される中、1月にStarship(スターシップ)社が、歩道を移動するロボットを使ったデリ バリーサービスをシリコンバレーとワシントンDCでも開始した。 同社は「ドローンより安全」と胸を張っており、これらのサービスも、配送業者やメッセンジャーらに取って代わるものになるのか、地元では熱い視線を浴びている。(ニューヨーク在 住ジャーナリスト、安部かすみ=共同通信特約) 最新情報アップデート eatsaニューヨーク店ほか全米5店舗は2017年秋に閉店し、サンフランシスコ2店のみの営業となっている。同社は、「レストラン事業を縮小させ、今後はこの無人というテクノロジー・プラットフォームを全米展開中のWow Baoレストランなど他社のために提供することに注力していく」と発表している。(2017年末現在) eatsaのウェブサイト Kyodo…

ホイットニー美術館のレストラン「Untitled」はNY最旬スポット。映画『素晴らしきかな、人生』ロケ地にも【レポート】

映画『素晴らしきかな、人生』でNYのトレンドエリアをフィーチャー 大ヒット映画『プラダを着た悪魔』で知られるデヴィッド・フランケル監督の最新作、ウィル・スミス主演の映画『素晴らしきかな、人生(原題:Collateral Beauty)』。『プラダ〜』同様、今作でもプラダをはじめ、グッチ、クロエ、トム・フォード、ジル・サンダー、イザベル・マランなど、華やかなファッションで観客の目を楽しませてくれている。 また、ニューヨークのロケ地も見逃せない。セントラルパークやブルックリンのダンボ地区などで撮影が行われており、一度でもニューヨークを旅したことがあれば、「ここ行ったな〜」「懐かしい!」とワクワクすることだろう(訪れたことがなくたって、映画を観るときっと訪れたくなるハズ!)。 ロケ地の中でも特筆すべきは、ホイットニー美術館のレストラン「Untitled(アンタイトルドゥ)」。2015年5月に現在地に移転オープンしたばかりの同美術館。この1階に位置するUntitledは、味、プレゼンテーション共にどんな食通をも唸らせると、高く評価され続けている。その評価はいかほどか、レストランを初体験してきた。 ホイットニー美術館のレストラン「Untitled」 「Untitled」は、全面ガラス張りの、自然光が優しく入り込む明るくて清潔なお店。高級レストラン「グラマシー・タバーン」でも腕をふるった気鋭のシェフ、マイケル・アンソニーをエグゼクティブシェフに迎え、“完璧な”ニューアメリカン料理を提供する店として、オープン以来話題になっている。「グラマシー・タバーン」は個人的に筆者のお気に入りの店で、どんなゲストを連れて行っても恥ずかしくない、ニューヨークで決して多くない「安定した味の信頼できる」店。Untitledにも期待が高まる。 味もサービスも申し分なし! 少し遅めのランチに、午後2時半ごろ訪れてみた。店内は地元客をはじめ、美術鑑賞後に訪れたであろう観光客らしき人々もいて賑わっていた。筆者は、ランチメニューから「Untitled burger」を注文した。 これは大正解だった。少し甘みのあるふっくらしたバンズに、ジューシーで柔らかいビーフパティとチェダーチーズ、クリスピーオニオンがサンドされ、完璧なハーモニーを奏でていた。 口に含むごとに、肉汁が指をつたってしたたり落ちる。どこのビーフか聞いてみると、「ニューヨーク北部のアップステート産のローカルビーフを、店でリーン75%&脂肪分25%の割合でミンチにしている」とのこと。美味しさと柔らかさの理由はここにあった。またクリスピーオニオンも、米粉やライム汁、ビールほか、さまざまなスパイスがからめられカラッと揚げられた結果、普通じゃ物足りない人のためのオニオンリングが誕生していたというわけだ。 ここはまさに、おいしすぎて人にはあまり教えたくない気持ちにもなってしまうレストランの一つ。とはいえ、有名美術館の1階にあるし、映画にも登場しているぐらいなので、隠れ家としても無理があろう。ニューヨークを訪れたら必ず立ち寄り、そして行ったことを自慢できるロケ地の一つであることは間違いない。 (文:安部かすみ fromニューヨーク) Untitled at the Whitney 映画『素晴らしきかな、人生』 全国公開中 キャスト:ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレン 監督:デヴィッド・フランケル『プラダを着た悪魔』 製作:マイケル・シュガー『スポットライト 世紀のスクープ』 音楽:セオドア・シャピロ『マイ・インターン』 配給:ワーナー・ブラザース映画 ■取材国:アメリカ 安部かすみ(あべ・かすみ) 2002年に渡米し、在ニューヨークの新聞社でのシニアエディター職を経て、2014年からフリーの編集者、ライターに。ニューヨークから食やエンタメ、テック系などのトレンドを発信中。編集者歴は日米で20年。 HP Global Press Blog Twitter   TSUTAYA T-SITE(2017.3.4)ホイットニー美術館のレストラン「Untitled」はNY最旬スポット。映画『素晴らしきかな、人生』ロケ地にも【レポート】より転載(無断転載禁止) ウェブサイトのコピー