逮捕者135人の一部は釈放、 警官2人が自殺 ── 議事堂乱入事件、その後

議事堂警察(イメージ)(c) Kasumi Abe

すでに釈放された逮捕者も

1月6日にワシントンD.C.の連邦議会議事堂で起こった乱入事件から、3週間が経った。

デイリーニュースなど米主要メディアによると、これまでに400人の容疑者が特定され、大陪審の召喚状と捜査令状の発行は500を超えている。

実際の逮捕者は今のところ135人に上る。その中には、ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)のパソコンを盗み、ロシア情報当局に売り渡そうと企て、政府所有物の窃盗罪などで逮捕されたライリー・ジューン・ウィリアムズ(Riley June Williams)容疑者(22歳)も含む。同容疑者は先週すでに釈放されており、現在は母親宅で監視下に置かれている。

詰めが「甘過ぎた」警備

あの日、大きな衝突が勃発する懸念はあったものの、議事堂警察(USCP)は連邦機関に警備の応援を事前に要請しておらず、結果的に乱入や暴動を許すことになってしまった。その警備態勢の不備や詰めの甘さが指摘され、スティーブン・サンド(Steven Sund)議会警察署長は、16日付で辞任した。

議事堂警察を代表する組合は27日、「指導する立場としての準備不足に怒りとショックを覚え、許しがたい」との声明を発表した。この日警備にあたっていた警官1200人に、事前に正しい情報伝達がされていなかっただけでなく、ヘルメットを配られずに頭部に外傷を負った警官もいたとある。

警官3人が死亡(1人は殉職、2人は自殺か)

事件後の悲劇は続いている。あの場で対応していた議事堂警察の中で、身体的もしくは精神的なトラウマなどの損傷を受けたのは140人近くいることがわかっており、その後の相次ぐ死亡も伝えられているのだ。

警官として15年以上のキャリアを持つハワード・リーベングッド(Howard Liebengood)警官(享年51歳)は、乱入事件のあった6日から3日後の9日に死亡したと、翌10日議事堂警察が発表した。

リーベングッド警官は2005年より議事堂警察に勤務し、上院の守衛部門に配属されていた。死因など詳細は明らかにされていないが、情報筋による証言をもとにした主要メディアの報道では「明らかに自殺」とされている。死亡した9日は、自身の非番の日だった。AP通信は、乱入事件が自殺の直接の原因かどうかは不明とした。

27日になり、別の警官の自殺も伝えられた。12年のキャリアのあるジェフリー・スミス(Jeffrey Smith)警官は、15日に死亡した。コロンビア特別区首都警察(MPD、通称DC警察)のロバート・コンティー(Robert Contee)署長代理は、「事件の余波」が自殺に繋がったとする見方を示した。

自殺ではなく、群衆によって「殺された」警官もいる。事件の翌日、議事堂警察のブライアン・シックニック(Brian D. Sicknick)警官(享年42歳)は、襲撃によって亡くなった5人のうちの1人として、報じられた。

2008年から議事堂警察に所属していたシックニック警官は、同署の緊急出動部署に配属されていた。事件日は暴徒化した人々との衝突時に消火器で殴打されるなどで負傷し、いったん自身の部署がある部屋に戻ったものの、そこで倒れて病院に搬送され、翌日夜に死亡が確認された。シックニック警官の死に関しては、誰も逮捕、起訴されていない。

(Text and photo by Kasumi Abe  Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s