破綻したFTXサム・バンクマン-フリード 弁護士に口止めされるも公の場に現れ、失笑を買う

先月、経営破綻した仮想通貨取引所のFTX。元CEOのサム・バンクマン-フリード(Sam Bankman-Fried)氏が破綻後初めて、オンライン上で公の場に姿を現した。

バハマに滞在中のバンクマン-フリード氏は先月30日、ニューヨークで開催されたニューヨークタイムズ主催「ディールブック・サミット(DealBook Summit)」に、リモートで予定通りに登壇した。イベントでは、同紙のDealBookニュース担当で金融系ジャーナリストのアンドリュー・ロス・ソーキン(Andrew Ross Sorkin)氏のインタビューに答える形で話し、その様子はニューヨークタイムズのウェブサイトとCNBC局で放送された。

いつものラフなTシャツ姿で登場したバンクマン-フリード氏は90分間のインタビューで、「誰に対しても詐欺を犯そうとしたことはない。ショックを受けている」と話し、「起こったことについて深くお詫びする」と謝罪した。

バンクマン-フリード氏が共同設立し、FTXの資産の多くを保有する暗号資産投資会社のアラメダ・リサーチ(Almadea Research)とFTXとの関係性について、「意図的に資金を混ぜ合わせたわけではない」と説明した。

「ビジネス自体、繁栄し成長していると思っていた」と振り返り、「悪い1ヵ月だった。まったく楽しいことではない。しかしそんなことは重要ではない。重要なことは何百万の顧客とFTXの利害関係者であり、それらの人々をいかに助けようとするかだ」と述べた。

自身の個人的な財政状況を尋ねられると、「おそらく使えるクレジットカードが1枚残っていると思う」と答え、現在の純資産がどこにあるかについてはわからないとした。また「思わしくない数字を言うのは許されるか?」と冗談を言った後、「最後に確認したのは、銀行口座に10万ドル(約1350万円)があったこと」とした。

この1ヵ月間、同氏は米国司法省、証券取引委員会、テキサス州証券委員会、およびバハマ当局によって着手された民事および犯罪捜査の対象となっている。弁護団から「捜査中につき話をするな」と口止めされているはずのバンクマン-フリード氏がこのような公の場に現れ口を開いたことについて、不可解とする見方もあった。

NPRによると、このイベントへの登壇はFTXが経営破綻する1ヵ月前にブッキングされていたという。この日、本人が本当に姿を現すのかに注目が集まっていたが、予定通りオンライン上で現れたバンクマン-フリード氏。ソーキン氏から、「弁護士は(このような場に現れ)口を開くことについて、良いことだとあなたに提案があったのか?」と尋ねられると、神妙な口調で「いいえ、まったくそうではない。(今は)何も語るな、穴に隠れろと言われている」と正直に答え、聴衆から失笑を買った。登壇した理由については「正しい行いのためにできる限りのことをし、説明する義務があるから」と述べた。

バンクマン-フリード氏は同日、経営破綻後初となるテレビインタビューにも登場した。ABC局の朝の番組『グッドモーニングアメリカ』に録画出演し、「何が起こっているのかを理解する責任感をもっと持つべきだった」「多くの人が損害を被った。私の責任だ」と自責の念を表した。

Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s