デトロイト発のアメリカ最先端デザインブランド「SHINOLA(シャイノラ)」、レディース腕時計&革製品が伊勢丹 新宿店に上陸

近年アメリカでは、アルチザン(職人)による物づくりのシーンが再び脚光を浴びている。その中でもっとも注目されている新進気鋭のデザインブランドが、腕時計や革製品、ジャーナルなどのプロダクトを発表している「SHINOLA(シャイノラ)」である。 製造業のDNAがいまだ色濃く残るデトロイトで2011年に誕生し、現在国内に24箇所、国外にはロンドンとトロントにも拠点を置くなど、一大ブランドに急成長した。オバマ元大統領が着けていることでも話題になった。そのこだわりは、すべての商品をアメリカで経験豊富な匠の技により1点1点手作りしているところにある。 日本には2017年5月にメンズラインが東京の伊勢丹 新宿店(本館4階)にオープンしたばかりだが、10月4日にレディースラインも上陸。シャイノラが本国アメリカでどのように愛され、親しまれているのかを探るために、ニューヨークにある旗艦店を訪ねた。 「いつも身につけていたい」。一生使える腕時計 シャイノラの店舗はニューヨークに3店舗ある。今回訪れたのは、マンハッタンの中でもレンガ作りのお店が連なる閑静なトライベッカ地区。 歩いていると、まず石畳のストリートに面したおしゃれなカフェSmileが見えてくる。旗艦店はそのカフェ奥のスペースにひっそりと佇んでいる。まるで隠れ家を発見したかのように胸が高鳴ることだろう。 ここでは、シャイノラの腕時計を2年間ずっと愛用しているCaroline Mock(キャロライン・モック)さんが出迎えてくれた。ブルックリン在住でリージョナル(地域)マネージャーとして忙しい日々を送る彼女。週末になると大好きなアート鑑賞をしに、いろんな美術館を訪れることが多いそう。 「アメリカの近・現代美術が好きで、ホイットニー美術館の会員になったのよ。そのほか企画展によっては、クーパーヒューイッド・スミソニアン国立デザイン美術館やMoMA(ニューヨーク近代美術館)、クイーンズエリアのPS1などにも足を運ぶことがあります」 そんな感度の高いニューヨーカー、キャロラインさんが毎日欠かさず身に着けているのは、シャイノラの「The Canfield」(32mm)。ストラップの色は落ち着いたブラックで、ダイアル(文字盤)は上品さが光る白いMOP(マザー・オブ・パール)製。 「オフィススーツ、パーティードレス、週末のジーンズ……どんなシーンや洋服でもしっくりくるデザインと落ち着いた色の組み合わせになっているから、毎日着けてもまったく飽きがこないの。フェミニンな雰囲気も併せ持っているし、レザーストラップがスウィングログという手首にぴったりとフィットする仕様になっているのも気に入っているわ」 キャロラインさんはこの「The Canfield」以外にも、シャイノラの腕時計をいくつか使っているという。ほかのブランドの腕時計とはいったい何が違うのか。 「クラフトマンシップによるメード・バイ・ハンド(手作り)ということが一番の違いだと思う。細部に至るまでひとつひとつのパーツがすべて職人によるものなので、質も当然高いし、その上、温かみも感じられるんです。”Limited Lifetime Guarantee”が徹底しているのも安心ね。だから自分の人生のいろんなシーンに自然に溶け込み、一生使い続けたいと思えるスペシャルな腕時計なんです」

NY最先端の試着室が未来すぎる! 魔法の鏡&タッチパネルで新ショッピング体験

フツウではない魔法の鏡 洋服を見に行って試着室へ。そこにあるのは全面タッチパネルの大きな鏡 ── サイズや色の在庫確認から支払いまで必要なことがすべてそこでできる(しかも日本語で)、魔法の鏡だった。 なにも近未来の話をしているのではない。実際にアメリカの小売店ですでに導入されている試着室のことだ。 この魔法の鏡の正体は、「The Oak Mirror(オークミラー)」。開発したのは、米「Oak Labs, Inc (オーク・ラボズ社)」。同社のジェニー・サムエルズさんによると、オークミラーは、元eBayの小売イノベーションチームにいたテック専門家らにより開発され、2015年に誕生したものだとか。 オークミラーは、レベッカ・ミンコフやラルフローレン、ゲリーヴェーバーなどですでに導入されているそうだ。魔法の鏡とはいかなるものか。それを体験しに、レベッカ・ミンコフのニューヨーク店に行ってみた。 近未来の試着室をいざ体験 マンハッタンはソーホーにある、セレブ御用達の店、レベッカ・ミンコフ(Rebecca Minkoff)。お店に入るとまず、大きな鏡のようなものが目に飛び込んでくる。 これもただの鏡ではなかった。タッチスクリーンになっており、最新のルックブックが見れたり、サービスで出してくれる無料ドリンク(お茶、コーヒー、エスプレッソetc …そしてシャンパンも!)を選べたりするのだ(希望により携帯番号を入力すれば、ドリンクが用意された際にテキストで知らせてくれる)。 早速入り口から、最新テクノロジーを思い切り感じられる店だ。店内をぐるっと回っていると、スタッフが熱々のおいしいエスプレッソを持って来てくれた。ありがたくいただきながらお店をひとしきり見たら、気に入った洋服を持っていざ試着室へ。 試着室に入ると、何もしなくても商品情報が鏡に写し出された。これにより、スクリーン(鏡)上でほかのサイズや色など、在庫確認が瞬時にできる。店員さんを呼んでリクエストして「少々お待ちください」の時間が省けというわけだ(オークミラーは店員が各自で持っているiPadと繋がっているため、タッチスクリーンで希望を出せば、瞬時に在庫を持って来てくれる)。 ほかに言語(日本語を含む)や、その洋服を着るであろうシーン(照明)の選択メニューもある。「試着室内では好きな色だったけど、日中や薄暗いレストランではいまいちだった」なんていう失敗を防ぐための優しい心遣いだ。 店員のメルセデスさんによると、これら一連のプロセスを可能にしているのは、RFIDと呼ばれるセンサー技術なのだとか(洋服には、ID情報が埋め込まれたRFタグが付いている。Suicaのような非接触ICカードをイメージするとわかりやすいか?) 新決済システムでの支払いも可能 またオークミラーではこの2月より、近距離無線通信と言われる「NFC技術」(*)も導入し、オークミラー内でApple PayやAndroid Payの利用が可能になった。これにより、すべての買い物のプロセスを、このオークミラーで完了させることができるようになったのだ。 (※注釈) ほとんどのスマホやクレジットカードに備えつけられている機能。NFCタグにより、ウェブページやソーシャルメディアなどの情報をリンクさせたり、電子支払いが可能になる。 自分でチェックアウトもできる ちなみにレベッカ・ミンコフでは、テックパートナーとしてほかに「QueueHop, Inc.(キュー・ホップ社)」とも提携しており、顧客が現金を持たずして自分でチェックアウトができる「ノーキャッシュレジスター」も導入している。これで(特にアメリカの大都市にある人気店では当たり前の)レジに並ぶ時間が節約できる。 オークミラーとの相性もバッチリとかで、試着室で支払いを済ませたあとは、キュー・ホップステーションで、盗難防止用のセキュリティタグを自分で外すことも可能。 試着室内で、店員など他人に煩わされることなく、ほぼ自分で、ほぼすべてのプロセスを、スピーディー&スムーズにできるとあり、オークミラー設置以降評判は上々のようだ。 「たかだか数分の待ち時間かもしれませんが、待っている間はまるで永遠のように感じるもの。オークミラーは試着室内でのプロセスを40%早くしてくれるだけでなく、消費者に『ここなら時間がなくても大丈夫』『さっと購入できる店』というイメージを潜在的に与えてくれるものなのです」とジェニーさんは胸を張る。全米では今後、夢のミラー導入店が増えていくことだろう。 Oak Labs, Inc. QueueHop, Inc. Rebecca Minkoff   (文・写真:安部かすみ fromニューヨーク) ■取材国:アメリカ 安部かすみ(あべ・かすみ) 2002年に渡米し、在ニューヨークの新聞社でのシニアエディター職を経て、2014年からフリーの編集者、ライターに。ニューヨークから食やエンタメ、テック系などのトレンドを発信中。編集者歴は日米で20年。 HP Global Press Blog Twitter TSUTAYA T-SITE(2017.3.15)「NY最先端の試着室が未来すぎる! 魔法の鏡&タッチパネルで新ショッピング体験」より転載(無断転載禁止) ウェブサイトのコピー ウェブサイトのPDF