世界環境の日、 プラスチックごみの巨大地球儀に込められた思い

今日6月5日は、世界環境デー(環境の日、World Environment Day)。1973年に始まったもので、今年は50周年の記念の年にあたる。これを記念し、ニューヨークの世界貿易センター跡地で、地球の環境問題に訴えかける新たなパブリックアートのインスタレーションがお目見えした。 4メートルの高さの巨大な地球儀は、実はプラスチックごみからできたもの。手がけたのは、イスラエル在住の芸術家、ビバリー・バラカト(Beverly Barkat)さんで、作品名は「アース・ポエティカ」。3年もの年月をかけて作られた大作だ。 ビバリーさんが6大陸の海岸や海洋から、友人にも協力してもらいかき集めた廃棄物(ボトルや蓋、プラスチックの袋、漁網など)を、竹を割った隙間に詰めて作った。外から差し込む優しい光に照らされてステンドグラスのような美しさを放っているが、内側を覗いてみるとこれらの美しさのディテールは実は「ごみ」であることに気づく。まさにこれこそが「現実」である。 ビバリーさんはこの展示スペースと縁があり、視察をするタイミングで、たまたま観たドキュメンタリーでプラスチックごみ汚染の現実を知った。 「この問題についてリサーチをすればするほど、これは1国ではなく世界が手を取り合って解決しないといけないものだとわかった」とバラカトさん。これがごみによる地球儀を作るきっかけになった。グランドゼロに位置するこの場所は世界中から観光であらゆる人が集まる場所だ。「ここは『再生』の象徴でもある。たくさんの方が訪れこの作品を目にし、地球の再生と希望につながればうれしい」。 作品は国連環境計画 (UNEP) の協力のもと、グランドゼロにある3ワールド・トレードセンター(3 World Trade Center, New York, NY 10007, USA)にて今秋まで展示。入場無料。 Earth Poetica by Beverly Barkat ビバリー・バラカト:2014年、日本の書道からインスピレーションを得た絵画シリーズが第28回国際美術展(京都)にてキュレーター賞を受賞。 #ビバリー・バラカ #ビバリー・バーカット Text and photos by Kasumi Abe (「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

さまざまな「愛の形」の写真展。アラーキー(荒木経惟)、題府基之などNYのICPで

ニューヨークのICP(International Center of Photography)で愛をテーマにした新たな企画展Love Songs: Photography and Intimacyが6月2日からスタートする。 ラブソングというタイトルにもあるように、結婚、ハネムーン、子育てなど人生の素晴らしい愛の側面だけでなく、別れや二股、暴力など痛みの愛の側面も含んだもの。 著名写真家のナン・ゴールディン、日本を代表するアラーキー(荒木経惟)の「冬の旅シリーズ」(89-90年)、そしてNY市内の美術館で初の作品お披露目となる題府基之(だいふもとゆき)、中国と日本のカップルで活動歴20年以上になるロンロン&インリ(RongRong&inri  荣荣&映里)など、国際色豊かな16名の写真家の作品250点以上。 荒木氏の作品は90年代、私が日本にいた時、大きな話題になったのを今でも覚えている。この企画展では、71年に結婚した妻・陽子氏との幸せな時間と、90年陽子氏の死去時と猫のチロの作品が通路を挟んで対局に並ぶ。参加者は、興味津々で作品に見入っていた。(トップ写真) 久しぶりにアラーキーの作品を目にしたが、時代が移り変わっても彼の写真は何か訴えかける独特の風情がある。それは国境を越えても、人々に伝わっていると感じた。 3階の展示室では、ドミニカ共和国出身でヨーロッパで活動する、カーラ・ヒラルド・ヴォロウ(Karla Hiraldo Voleau)の、Another Love Story, 2020が飾られてある。カーラが出会った男性Xは同棲をする彼女がいた。その複雑なリレーションシップを、出会いの8月から別れの6月まで時系列に表現したドキュメンタリー作(相手の女性とは信頼関係を築いたそうだ)。顔が写っている元彼Xはモデルさんを雇ったそうだ。写真はケータイで撮影、複雑な三角関係はなかなかリアル。 本企画展は、パリのヨーロッパ写真美術館(Maison Européenne de la Photographie)と提携して企画されたもの。2023å¹´6/2から9/11まで。 Love Songs: Photography and Intimacy @International Center of Photography Text and photos by Kasumi Abe (「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

死の間際に描き続けたゴッホの名作『星月夜』など「糸杉展」。メットで明日より

ニューヨークのメトロポリタン博物館(メット、Met)で、いよいよ明日5月22日からフィンセント・ファン・ゴッホの『Van Gogh’s Cypresses(ゴッホの糸杉)』展がスタートする。 パリを離れたゴッホ(ファンゴ)は、精神を患いサン-レミの病院に入院中、自殺未遂をし、亡くなる直前まで心惹かれた糸杉を夢中で描き続けた。 メット所有の、誰もが知る名作『The Starry Night(星月夜)』から『Wheat Field(糸杉のある麦畑)』(共に1889年)など、糸杉を描いた作品がずらりと一堂に集結。弟とのつながりや最終的な別れ、最後は死を象徴している作品群。 初めて糸杉シリーズを見たが、亡くなる前年とは思えないほど力強い筆致で、炎のように湧き出る生へのエネルギーが渦巻いている。130年近く経ってもエネルギーが伝わってくる。(すごい!) この「糸杉展」は3つのコーナーに分かれていて、絵画と共に弟に宛てた手書きの手紙なども展示されている。 取材後記: 1- 日本ではゴッホと呼ばれるこの絵画の巨匠は、アメリカでは一般的に「ヴァンゴ」と呼ばれるが、プレスプレビューでの会見で会見をした人は「ファンゴ」と呼んでいた(おそらくオランダ風の読み)。いろんな呼ばれ方があるよう。 2- 昨年秋にヨーロッパの美術館で、環境活動家とされる者たちが世界の名画に向けペンキやマッシュポテト、接着剤などが投げつけられる事件が続いた(絵画はガラスで覆われていたため無事)。その影響か、この日のプレスプレビューでは入り口で「再度」バッグの中身チェック(特にタンブラーなどに液体が入っていないか)されるという念の入れようだった。 Van Gogh’s Cypresses展は、2023å¹´8月27日まで @ The Metropolitan Museum of Art Text and photo by Kasumi Abe (「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

NYの観光名所ハイラインが“映画館”に(5/24まで開催中)

ヨーロッパで活動するアーティスト、ジャスミナ・シビック(Jasmina Cibic)氏がニューヨークの「ハイライン」で16日、トークイベントを行なった。 イベントでは同氏による、’20世紀の東ヨーロッパ諸国によるダンスや音楽などの文化を利用した「ソフトパワー」の実例調査の意見交換と、同氏作の映画『ザ・ギフト』を上映した。 スロベニア出身のシビック氏は映画、彫刻、パフォーマンス、インスタレーションを中心に現在ロンドンを中心に活動するアーティスト。 人気の観光名所でもある「ハイライン」では、シビック氏による、東欧の政治に関連した芸術や文化が表れた3本の映画(『ザ・パビリオン』(2015)、『ナダ: アクトII (2017)』(2017)、『ステート・オブ・イルージョン』(2018))が上映中だ。 このトークイベントは個展「ホールズ・オブ・パワー(Halls of Power)」に関連して行われた。 聞き手は’ハイラインアート(High Line Art )のキュレーター、 メラニー・クレス(Melanie Kress)氏。 「ホールズ・オブ・パワー(Halls of Power)」イベントは、今年3月16日から5月24日まで。 Halls of Power: Artist talk with Jasmina Cibic and Melanie Kress @The High Line 14th Street Passage 14th Street, 10th Avenue, New York, NY 10014 Text and photos by Kasumi Abe (「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

日系人アーティスト、キョウヘイ・イヌカイ個展。3月17日より

日系人アーティスト、キョウヘイ・イヌカイ(Kyohei Inukai、1913-1985)の展覧会がジャパンソサエティーで開催されます。 生前、ほぼ無名だったシカゴ生まれのイヌカイ。石のように、または炎のように見える抽象的な絵画とスクリーンプリントが3つのエリアに分かれ、展示される。奥の墨絵コーナーはキュレーターにより、まるで日本庭園のように作品が配置され力強くも神秘的。すべて1960年代から80年代にかけての作品。 開催期間:2023å¹´3月17日〜6月25日 * Revised:「犬飼恭平」から「キョウヘイ・イヌカイ」に修正しました。 Text and photo by Kasumi Abe (「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

チェロ&尺八で日本の名曲。ホロコーストから救った日本副領事の功績称え

Photo: © Daphne Youree 14日、ニューヨークのジャパン・ソサエティーで、ある日本人の功績を称えるコンサートが開催された。 その日本人とは、1939年に在リトアニア日本副領事だった杉原千畝(ちうね、1900-1986)氏のことだ。第二次世界大戦中、彼が多くのユダヤ人をホロコーストから救った話はご存知だろうか? 杉原氏はホロコーストの渦中、ナチス・ドイツによって迫害されたユダヤ人にビザを発行し、約6000人の命を救った。 あれから80年以上が経ち2020年、同氏の功績を称えるコンサート「A Concert for Sugihara」がチェリストのクリスティーナ・レイコ・クーパー氏により企画されていた。彼女の夫の父は第二次大戦中、杉原氏が発行したビザで救出された1人だ。しかしコロナ禍でコンサートは延期になり、ようやく今年4月19日にカーネギーホールで「A Concert for Sugihara」が実現する。 A CONCERT FOR SUGIHARA Wednesday, April 19, 2023, 7PM  それに先駆けたこの日、クーパー氏が尺八奏者のザック・ジンガー氏を迎えたミニライブ「An Intimate Prelude to A Concert for Sugihara」では、バッハの『Cello Suite No. 1 in G Major, Prélude』や日本の名曲『荒城の月』などを披露した。 ステージに立ったジンガー氏は「ここにいる皆さんは尺八とは一体何だろうと思うかもしれません。しかし侍映画の風が吹くシーンで聞き覚えがあることでしょう」と紹介し、クーパー氏と共にチェロと尺八という和洋折衷の見事なアンサンブルを披露した。 ステージには、杉原氏に父を救われた国立イディッシュ劇場の芸術監督、ザルメン・ムロテック氏も登場し、同氏に敬意を表した。 杉原氏がビザを発行し出国できた難民は、シベリア鉄道でウラジオストクに到着し、日本や中国へと向かった。その後カナダやアメリカに辿り着き新たな人生をスタートさせた人も多い。杉原氏が救った難民の子孫は、こんにち約4万人と推定されている。 会場に集まったのは地元の人々で多くはユダヤ系の人々だ。何人かと話をしたが、いずれも杉原氏の功績についてはこれまで知らなかったと言い「素晴らしい話だ」「音色に感動した」と話した。 AN INTIMATE PRELUDE TO A CONCERT FOR SUGIHARA ジャパン・ソサエティー&ホロコースト記念館「アメリカン・ソサエティー・フォー・ヤド・ヴァシェム」共催 ### Text and some…

歌川広重『六十余州名所図会』 篠原有司男&乃り子夫妻の姿も@NYロウニンギャラリー

ミッドタウンの高層ビル内に、まるで隠れ家のように佇むRonin Gallery(ロウニンギャラリー)。このギャラリーは木版画にフォーカスし、現在は約140年前の江戸時代、歌川広重が日本全国の名所を描いた浮世絵木版画『六十余州名所図会』を展示中。 ここのオーナーは日本人かと思いきや、David Libertsonさんという方。半世紀前にオープンしたこのギャラリーを家族で運営し、日本をはじめ世界中の版画をコレクト、展示しています。 浮世絵はアメリカで葛飾北斎、歌川広重、そして月岡芳年がマニアの間で有名ですが、この日のオープニングで知り合ったゲストの中にも、月岡芳年の作品を2つも所有しているという金融系の方などがいました。 そして懐かしいお顔も。前衛芸術家の篠原有司男(ギュウチャン)&乃り子夫妻です。 お二人はドキュメンタリー映画『キューティー&ボクサー』(ザッカリー・ハインザーリング監督)でも有名です。 5〜10年前、ダウンタウン(だったかな)すごく広いギャラリーで開かれた夫妻の個展を開催し、そこでお会いしたのが初めてだったかな。その後も別のギャラリーで息子さんも入れて再会したり、ダンボを歩いているのを見かけたり(ギュウチャンの移動が早すぎて声をかけられず…)。でもここ数年、少なくともパンデミック中は見かけなかったので、5〜10年ぶりの再会でしたが、相変わらずお元気で驚きました!(ニューヨークで創作活動をされている人ってなんでこんなにもお若いのでしょう?!) ニューヨークに移ってもう50年になるとのこと。半世紀!年齢はもういいよ〜と初めはおっしゃらなかったけど「91!」とギュウチャン。私が5〜10年前にお会いした時は80代だったから、そのくらいのお年頃になりますよね。でも全然お変わりなく、この日初めて夫妻に会った私の友人も驚いていました。友人が「若さの秘訣はなんですか?」とギュウチャンに尋ねると、アーティストとして裕福にならず現在地にあぐらをかかないことという趣旨のお答えでした。「ハングリー精神ということですか?」と尋ねると「そう」とのこと。いつまでもお元気でいて欲しいです。また会いましょうと言って、別れました。 Ronin Gallery Hiroshige: 60-odd Provinces Opening Reception Text and photos by Kasumi Abe 無断転載禁止

【レビュー】超高齢化の日本に訴えかける。58年の映画『楢山節考』NYで

Photo: © 1958 Shochiku ニューヨークで日本の文化を紹介する「ジャパンソサエティ」では月例で、日本の名作が上映されています。今月の映画は、木下恵介監督の『楢山節考(ならやまぶしこう)』(1958年、原作:深沢七郎)。 同作は、食料不足が続く貧しい村で70歳に達した老人を楢山に遺棄する恐ろしい因習を題材としたもの。慣わしに従い年老いた母を背板に乗せ真冬の楢山へ捨てに行きます。 母はこの年で健康な歯を恥じ岩に打ち付け自傷。山に行きたくないと拒否する村人がいる中、母は自ら進んで「楢山まいり」の日を早めたいと言います。無言で母を背負い山に登っていく、心優しい一人息子。神様がいると言われる山の頂上で見た実際の光景は・・・。 両親が高齢となった人、また自身も数十年後にそのような年代になる人には切ないシーンでした。そして若い世代にとっても他人ごとではありません。人は必ず老い死ぬのですから。 現代日本では人口減少と超高齢社会が深刻化する中、これといった解決策は見出されておらず、対応策について意見が分かれています。しかしいかなる場合であってもネット上で推奨、炎上した集団自決のような結末はあってはなりません。また社会が高齢者をそのような思想に追い込んだり、生きていて恥に思うような風潮は決して許されません。 58年の映画でしたが、現代の日本人にも大いに関わってくる題材でした。 上映室は日本人よりローカルの人が多かったです。所々感嘆の声が上がっていました。アメリカはどのようにこの映画を受け止めたでしょうか。 Text by Kasumi Abe (「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

ロシアのウクライナ侵攻1年 世界のアートシーンでも「脱植民地化」の動き

ロシアのウクライナ侵攻から1年。アメリカではバイデン大統領がキーウを電撃訪問し、軍事支援の継続をゼレンスキー大統領に示したことで、二国間のさらなる結束が報じられた。 両国の死傷者は兵士と民間人で推計32万人超と報道され、未だ戦争終結の見通しは立たず暗いニュースが続く。 開戦から1年経ち、ウクライナから逃れてきた人々の新たな生活は、ここニューヨークでも始まっている。 人種の坩堝と言われる当地には「小さなウクライナ」があるのをご存知だろうか。街を歩けばウクライナ国旗がなびき、ウクライナ料理店(ヴェセルカ)やウクライナ文化の紹介施設(ウクライナ・インスティテュート・オブ・アメリカ)が、移民の心の拠り所となっている。 市内にはウクライナの芸術品を集めた美術館もある。1976年に創立し、47年間の歴史があるウクライナ美術館(ユークレイニアン・ミュージアム)だ。同国の芸術に焦点を当てる美術館としては、同国外にあるもので最大規模とされる。 このウクライナ美術館は20世紀以降の芸術作品に焦点を絞り、約1万点を超える作品をコレクションとして収蔵している。 現在はキーウ出身の写真家、Yelena Yemchukが南部オデーサの陸軍士官学校の少年少女を撮影した「オデーサ」展、そして身体障害があり第一次世界大戦中に孤児となった画家、Nikiforの絵画作品が展示されている。 ピーター・ドロシェンコ(Peter Doroshenko)館長によると、同美術館の来場者はロシア侵攻後に増えており、今では年間2万2000人が訪れる。その多くはウクライナ系でないといい、ロシアによる侵攻後、多くの人が同国へ関心を寄せていることがわかる。 またドロシェンコ氏によると、世界の芸術界では今、新たな動きがあるという。 これまでロシアのアートと表示されていた芸術品の誤った解説パネル(もしくはボーダーレスに分類されていた)が再考され、ウクライナのアートとして修正される作業が始まっているのだ。 「ウクライナは長年ロシア帝国の陰に隠れ、文化や芸術、言語の面でも侵略されました。文学、シアター、シネマ、出版、音楽などの分野で自国のオリジナル性、そして母国語が少しずつ失われていったのです。我々の怠惰がそれを許したのですが」 侵攻から1年を前に行われたパネルディスカッションで、ドロシェンコ氏はコロンビア大学で言語やフィルムを教えるYuri Shevchuk教授ら3人の知識人と登壇し、そのように説明した。 ドロシェンコ氏自身も以前、キーウの美術センターで代表を務めていた時、そこが管理するウェブサイトがロシア語であることに疑問が湧き、ウクライナの母国語や文化面での独立を意識するようになった。 ウクライナが軍事面でロシアに抵抗している今こそ、文化面でもロシアから独立しようとする機運が高まっているという。知識層の間では「Decolonize(脱植民地化)」や「Desovietise(非ソビエト化)」などと呼ばれている動きだ。 例えば(世界三大美術館の一つ)メトロポリタン美術館では、より正確にラベルづけをしようと、アーティスト・プロフィールの精査が進められている。 「実際に、これまでロシア人として分類されていた3人のアーティストがウクライナ人アーティストとして修正されたところです」(ドロシェンコ氏) ウクライナ表記に修正された芸術家は、19世紀に活躍したイヴァン・アイヴァゾフスキー(Ivan Aivazovsky)、アルヒープ・クインジ(Arkhyp Kuindzhi)、イリヤ・レーピン(Ilya Repin)だ。 米誌アートニュース(ARTnews)もこのように伝える。 「例えば、クインジが生まれたロシア帝国の一部は現在ウクライナのマリウポリ市だ。元ロシアのチュフイフ生まれのレーピンも、現在はウクライナのアーティストと見なされている。ロシア帝国の一部だったクリミアのフェオドシヤで生まれたアイヴァゾフスキーについては、2014年のロシアによるクリミア併合後、両国が『自国のアーティスト』と主張し合った(家族はアルメニア人のため、アルメニア国立美術館は彼をアルメニア人と呼んでいる)。しかしアート界の新たな解釈ではアイヴァゾフスキーもロシア人ではなくウクライナ人と見なされている」 この動きは現在世界のアートシーンで起こっている。ロンドンのナショナル・ギャラリーでも、エドガー・ドガの描いた『Russian Dancers』(ロシアの踊り子、1899年)が以前はロシア人ダンサーとされていたが、今はウクライナ人として『Ukrainian Dancers』に変更されているという。 「多様化が進む現代社会では、さまざまな地域や性的マイノリティの人々が自身のアイデンティティを表明している。我がウクライナにとっても戦いが止まず厳しい時期だが、同時に変化の時期でもある。願わくは、このようなアートシーンの動きがほかの文化の分野でも『脱植民地化』の第一歩になれば嬉しい」 登壇者らは未だ終わりが見えない暗闇の中で、ひと滴の希望を示した。 NYとウクライナ関連記事 Text and photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

写真美術館ICPでポートフォリオ展 NYで明日より開催

写真とビジュアル作品に特化したニューヨークの美術館、ICP(International Center of Photography ã€å›½éš›å†™çœŸã‚»ãƒ³ã‚¿ãƒ¼ï¼‰ã§ã€æ˜Žæ—¥ã‚ˆã‚Š2つの新たな展覧会がスタートする。 「Face to Face」展は、現代アメリカのポートレート撮影界では外せない3人の著名フォトグラファー、ブリジット・ラコンブ(Brigitte Lacombe)氏、タシタ・ディーン(Tacita Dean)氏、キャサリン・オピエ(Catherine Opie)氏による作品が並ぶ。 オーガナイズは、作家のヘレン・モールスワース(Helen Molesworth)氏が担当した。 もう1つの「Between Friends」展では、アンディ・ウォーホルが撮影した友人の小説家、トルーマン・カポーティの写真など、20万点に及ぶICPのコレクションの中から厳選された作品が展示されている。 ポートレート撮影と言えば、スマホが浸透した昨今、撮る方も撮られる方も、その難しさを感じている人は多いのではないだろうか。 筆者は新人だった頃、日本でプロ・ミュージシャンインタビューをしていた。撮影もその多くは、私が担当していた。その時代に使っていたのはフィルムカメラ。デジタルと違って、出来上がりは焼き上がるまでわからない。相手は東京からやって来たミュージシャンで再撮なんてできないから、当然失敗は許されない。慣れないもんだからもたもたしたり、念には念を入れ多すぎるほど撮影して時間がかかったりで、誰もが知るミュージシャンをイライラさせてしまったことがある。 また旅先の街角で素敵な人を見かけたとき、写真に収めたい!と思っても、相手が見知らぬ自分にレンズを向けられどう思うか不安で躊躇したり、恐る恐るレンズを向けたことも。せっかく撮影した千載一遇のベストショットを誤ってデリートしてしまったのも忘れられない記憶。そんな数々の失敗を経て今に至るのだが、その葛藤は今も続く。 実は今日の取材も撮影ありだった。被写体は不動産ブローカーのセールスの方でノリが良く見た目も絵になるので救われたが、それでも未だ簡単なこととは思えない。毎回試行錯誤しながら、自分にとってのベストショットを手探りする日々。 フォトグラファーが撮りたいイメージと被写体が撮られたいイメージに乖離があったりするし、私自身もそうだがレンズを向けられると急に表情が強張ってしまうことがある。良い表情をもらうには、何よりフォトグラファーと被写体との信頼関係が大切だ。 相手との距離感を乗り越え、プロのフォトグラファーはどのように被写体に向かっているのか。この展覧会で、自分の目で確かめてみてほしい。 この特別企画展は、5月1日まで。 Info ICP Text and photos by Kasumi Abe (ノアドット「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止