年末年始に飲み過ぎ?コロナ禍で暴飲増加の米で注目される新年の禁酒月間「ドライ・ジャニュアリー」

ドライ・ジャニュアリー(Dry January)という言葉を聞いたことはあるだろうか? アメリカでも年末年始は感謝祭、クリスマス、大晦日といったイベントごとが続き、飲酒量もつい増えてしまいがち。そこで、新年を迎えたこのタイミングで「心新たに悪しき習慣を断ち切ろう」「1ヵ月禁酒して体をリセットしよう」と思い立った人々が実践する新習慣がドライ・ジャニュアリー(乾いた1月=ノンアルコール月間)と呼ばれるものだ(別名:Drynuary、ドライニュアリー)。筆者が以前ニューヨークで取材をしたノンアルコール・バー(ソーバー・バー)のオーナーも、その効用を認めていた。 ハーバード・ヘルス・パブリッシングによると、ドライ・ジャニュアリーは2012年、英国の慈善団体Alcohol Change UKが始めたものだという。この10年間でアメリカにも伝来し、今では世界中で毎年何百万人もの人々がこの新習慣に挑戦するなど、トレンドとなっている。 コロナ禍でドライ・ジャニュアリーが見直されている アメリカでは、新型コロナウイルスのパンデミック以降、アルコールの過剰摂取が増えているという報告がある。 ハーバード・ヘルス・パブリッシングによると、832人を対象にした調査で、月に平均12.2日、27杯の飲酒をしていることがわかった。回答した3分の1以上が暴飲傾向にあり、3分の2近くがコロナ禍で飲酒量が増えたと答えた。 ハーバードガゼットが発表したハーバード大付属マサチューセッツ総合病院による調査でも、コロナ禍で暴飲気味の人が21%増加していることがわかった。研究者は、飲酒量が持続的に1年以上増加すると、死亡率が19~35%上昇する可能性を指摘している。 このように、アメリカではコロナ禍においてアルコールへの過剰な依存が社会問題にもなっており、多くのメディアがドライ・ジャニュアリーの効用について紹介している。 USAトゥデイによると、2200人を対象に行ったある調査では「近年より多くの人々がこの新習慣を実践しながら新年を迎えるようになってきており、昨年1月には13%の人々がドライ・ジャニュアリーを実践した」とある。1ヵ月、お酒と距離を置くことで「自分とアルコールとの関係を見直すきっかけになり、年末年始の大量飲酒による体調を回復させリフレッシュできる。しかも節約しながら」と、その効果を高く評価している。 健康上の効用として「心臓病や癌の予防、免疫機能の向上、肌質の改善、安眠などに繋がり、気分の向上など精神的な安定をもたらす」(NBC)、「睡眠の質が上がり、活力が増し、体重減少、血圧とコレステロール値のコントロールが可能に」(ハーバード・ヘルス・パブリッシング)などが挙げられている。両メディア共に「1ヵ月という短期間でも、実践すると効果を感じられる」とある。 ドライ・ジャニュアリー、成功の秘訣 メディアでは、ドライ・ジャニュアリーを成功するための秘訣もいくつか紹介されている。 1. アルコールの代替ドリンクを見つける 炭酸水、ソーダ、ノンアルコール飲料など代替ドリンクを見つける。(ノンアルコールと謳われているビールやワインでも最大0.5%のアルコールが含まれている商品もあるためラベルを確認する。砂糖が少ない商品を選ぶ) 2. 誘惑を避ける 家にアルコールを置かない。誰かの家に招待されたらノンアルコール飲料を持参する。 3. サポート体制を固める 家族や友人など周囲の人に知らせる。サポートグループに入ったり、禁酒・減酒仲間を見つけられたらなお良し。 4. アプリを活用する 目標達成を助けるアプリを活用する。(Try Dryなど) 5. 諦めない もしスリップ(失敗)しても、罪悪感を感じる必要はない。また翌日から始めれば良い。 (ハーバード・ヘルス・パブリッシングより) 1. 生活のルーティーンを改善する いつもの飲むシチュエーションが、仕事から帰宅しホッと一息で1杯ということであれば、代わりにエクササイズしたり散歩に出かけたりと、新たな習慣を始めてみる。 2. サポートシステムを構築 家族や友人に知らせることで、サポート体制が得られやすい。 3. 代替ドリンクを見つける 炭酸水、フレーバー付きのドリンク、レモン水などを代わりに飲む。 (* ノンアルコール市場は2026年までに1.6トリリオンドル、日本円で約185兆円規模になるとの予想) (NBCより) 1. 禁酒・減酒に挑戦する理由を明確に 禁酒・減酒に挑戦する理由や動機は人によってさまざま。「飲み過ぎは悪いことだから」というような曖昧な理由ではなく、「良質な睡眠を確保したいから」「毎朝気持ちよく起きて運動するため」など、禁酒に挑戦する理由や動機を明確にする。 2. 目標を「賢く」設定する 仕事や勉強もそうだが、目標というのは達成可能な範囲で具体的に立てていた方が達成しやすい。例えば「飲酒は週3日までに減らす」「ビールを1杯までにする」「飲み会への参加ゼロ」など、数値化で具体的に目標を立てる。目標は大き過ぎると達成できない可能性も高くなるため、ほどほどの目標値が良い。 3. 目標を公言する 自分1人でチャレンジするより、誰かと目標を共有した方が、成功率は高くなる。中でもソーシャルメディアでの公言はお勧め。(後に引けなくなるため) 4. 「モックテイル」で乗り切る…

NYで開催「アフリカ風ハイブリッド着物」展 キモノ好きニューヨーカーが堪能

茶道に琴、アニメにゲームなど、伝統的なものからポップカルチャーまでさまざまな日本の文化が、海を越えここ米ニューヨークで人々に親しまれている。日本古来の着物もそうだ。このほど、一風変わった着物の展示イベントが催された。披露された着物は、カラフルなアフリカンパターン(柄)が特徴で、まさに着物の進化系とも呼べるもの。キモノ好きのニューヨーカーが集まり、国境を越えた奥深いキモノの世界を堪能した。(ニューヨーク在住ジャーナリスト、共同通信特約=安部かすみ) ▽会場はNYの茶室  ニューヨークのダウンタウン、フラットアイアン地区で2021年12月3日から6日までの4日間、着物の展示イベント「きものビジョナリーズ(Kimono Visionaries)」が開かれた。会場となったのは、ベンチャー・キャピタリストのスティーブン・グローバスさんが所有する「グローバス和室(Globus Washitsu)」だ。ここはグローバスさんの居住アパートで、元々は一般の建物だが、日本好きが高じて2012年、庭園付きの茶室に大改築した。 期間中、展示された25点の着物や帯はすべて一点物で、南アフリカ出身で現在英国で活動するデザイナー、ティア・オグリさんによって作られた。テキスタイルデザインは、アフリカのエンデベラ(Ndebele)族などに影響を受けたもので、非常に色彩豊かだ。生地にはアフリカを代表するアンカラコットンが使われ、英国およびヨーロッパ諸国でキモノとして仕立てられた。  グローバスさんは、初めてオグリさんの着物を目にしたときをこのように振り返る。「ヴィヴィッドなテキスタイルに即くぎ付けになり、すぐにコンタクトをしました」。デザイナーが日本人かどうかも分からず調べたところ、英国オックスフォードに住んでいることがわかった。英国にはグローバスさんの娘夫妻が住んでいるため家族訪問にかこつけて訪れ、オグリさんに会って直接思いを伝えた。そして「素晴らしいこのミックスカルチャーをニューヨークの茶室で紹介しよう」と、2人は意気投合した。 オグリさんは「以前行われた同様の展示イベントが素晴らしかったので、参加の依頼を受けた時は光栄な気持ちでいっぱいになった」と当時の思いを振り返った。  展示品のキュレーションは、数年前のファッションイベントでグローバスさんが出会ったドイツの着物スタイリストで着付師、衣装の歴史研究家のスプリーキンギョ(SpreeKingyo)さんに依頼した。スプリーキンギョさんのセンスにより、展示された着物はハイヒールやブーツから博多織の帯などまで、さまざまなアクセサリーと共に、先鋭的にコーディネートされた。 ▽着物好きの在英デザイナー  オグリさんは、もともとアニメ『イタズラなKiss』やNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』などを見て日本文化に魅了され、徐々に着物のミートアップにも参加するようになっていった。今ではちょっとしたお出かけの際や結婚式などで着物をまとう生活を送っている。  おそらく多くの日本人以上に着物が身近なものとして存在するオグリさん。本国日本で進む着物離れについて、「西洋化が世界中の文化と伝統を破壊している」と危惧する。また、ファストファッション人気に押されつつある現代のアパレル、ファッション界と比較しつつ、「1枚で複数のスタイリングが可能になる着物は、よりサステイナブルな衣類」だとも表現。「ただし、『着物警察』の存在や文化の盗用だと叫ぶ輩も存在する。それらの声に悩まされないためにも、何より自信を持って着る必要があると感じている」と独自の見解を語った。 ▽ニューヨーカーを魅了  期間中は、多くのニューヨーカーが着物姿で来場した。中には、着物を洋服のようにまとっておしゃれを楽しんでいる人もいた。  子どもの頃に見た黒澤明監督の映画をきっかけに空手や禅などに目覚めていったエイジャ・ウォルフさんもこの日は、アレンジした浴衣に帽子とタートルネック、革の帯とベルトを合わせたコーディネートでイベントを楽しんだ。着物や浴衣を30着所有し、普段から着物でイベントに行くことが多いという。「私にとって着物は伝統的な『衣装』としてだけではなく、着る『服』という存在です。ですからこの展示も着物自体が(着る服として)生き生きと見えました」と語った。 同イベントの展示品は当地のKaede Kimonosで販売中。一点物のため、売り切れ次第販売は終了となる。 Text and photos by Kasumi Abe (Kyodo 47 Newsより一部転載)無断転載禁止

いつか訪れてほしい!SATC新章 “And just like that…”をより楽しめる「ニューヨークのロケ地巡り」

フィガロjpで、人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の続編 “And just like that…” ã€Žã‚¢ãƒ³ãƒ‰ãƒ»ã‚¸ãƒ£ã‚¹ãƒˆãƒ»ãƒ©ã‚¤ã‚¯ãƒ»ã‚¶ãƒƒãƒˆ…/ セックス・アンド・ザ・シティ新章』について書いています。 2021å¹´12月28日号では、第1話に登場したニューヨークのロケーションから4つのシーンにまつわる場所をピックアップして紹介しました。(ネタバレにならない程度に) フィガロの記事を読む 01.ホイットニー カフェ Whitney Cafe ここは私が雰囲気と味ともに太鼓判を押していたuntitledというお店だったのですが、コロナ禍で(?)いつの間にかカフェになっていました。せっかくのオープンキッチンも使われていません。でも雰囲気はとてもいいので、相変わらずホイットニー美術館帰りの客で賑わっています。 02.ラジオシティ・ミュージックホール Radio City Music Hall ここは私も1度、クリスマスシーズンにラインダンスを見たところ。オミクロン株拡大の影響で12月17日より一時休演が発表されています。早く再開されるといいですね。 03. 1251アベニュー・オブ・アメリカズ 1251 Avenue of the Americas ここは三井不動産アメリカ社が所有するビルとあって、大通り沿いに日の丸が星条旗と共に掲げられています。ビル前広場(噴水がある場所)は普段、ロックフェラーセンター帰りの観光客が多い場所ですが、2021年より小室圭さん(小室眞子さんの夫)がこのビル内にある法律事務所に勤務することが決まって以来、日本のテレビやユーチューバーらに撮影されています。 04.スミスズ・バー・レストラン Smith’s Bar Restaurant このバーは私も数年前、友人と元日からここで飲んだり、また日本から友人が来た時にここに連れて行ったこともあります。観光客が多いお店ですが、音楽のセレクションもいいし、バーフードも美味しいし、活気があって楽しい店です。 皆さんも、新型コロナが落ち着いたら、いつか是非訪れてみてください! Text and photos by Kasumi Abe (フィガロ.jp 寄稿)無断転載禁止

NYオミクロン株急拡大の中、賛否分かれた「大晦日カウントダウン」決行(現地ルポ)

気温は摂氏11度。冬の寒さが厳しいニューヨークの“大晦日”としては、集まった人から「暖かいね」という声さえ聞こえてきたほど。 オミクロン株感染が急拡大する中、電光掲示板が眩いタイムズスクエアでは31日、毎年恒例の大晦日カウントダウンイベントが行われ、世界中から集まった大勢の人々が大量の紙吹雪が舞う中、新年の到来を祝った。 このイベントは、1904年(ボールドロップが始まったのは1907年)から続いている伝統的なものだ。第二次世界大戦下の1942年、43年に休止した以外は110年以上にわたって毎年行われてきたが、昨年は新型コロナウイルスの影響で、史上初の無観客(関係者のみ)&バーチャル形式で行われた。 今年は2年ぶりの「有観客」開催だった。当地ではワクチン接種が進んでいることもあり、有観客での開催は早くから発表されていた。そんな矢先、12月に入って変異ウイルスのオミクロン株が急拡大し、再び無観客開催になるのではないかとささやかれていたが、主催者は観客数を通常の4分の1の1万5000人まで減らし、ワクチン接種証明書の提示とマスク着用を条件に予定通り決行した。 通常、大晦日の早朝から来場者による陣取り合戦が始まり、年越しまでの長時間、トイレもない中じっと待機、という過酷な経験談をよく聞く。よってこのカウントダウンは「一生に一度のイベント」とも呼ばれている。しかし今年はワクチン接種証明書のチェックなどがあったため、午後以降に入れたという人も多かった。 参加している人々からは「このイベントについに参加できて嬉しい」といった声が多く聞こえてきた。高校3年になる息子に誘われ、テキサスからこのイベントに初参加したタリーさんは、午後1時からここで年越しの瞬間を待っているそうだが、「楽しみでしょうがない」と疲れがまったく見えない。ニュージャージーからやって来たシュワマリッツ一家は「このイベントで景気づけをし、来年は新たなる冒険と更なる繁栄の年にしたい」と抱負を語った。イベント中にプロポーズするメキシコからのカップルもいて、テレビ中継された。 観客同士で社会的距離が保たれているところもあったが、興奮している人々が「密」になりがちだった。またコロナ禍にしては、警官の数が「異常なほど」多かった。ニューヨークタイムズによると、私服警官やFBI、爆発物探知犬なども含めた警官配備は、テロを厳重警戒したものだという。ただ残念なことに、中にはマスクをしていなかったり警官同士が密になっている光景も見られた。 メインステージでは、過去にビートルズ、マドンナから近年ではポスト・マローン、BTSなどさまざまな大スターがパフォーマンスを行ってきた。今年はジャーニー、KTタンストール、ジャ・ルール&アシャンティ、中国の舞踊団などだった。 30日、ニューヨーク州の新規感染者数は7万6555人となり、過去最多を更新中だ。重症患者数も昨春ほどではないが、それでも前日より546人増えて7919人に急増している。 この影響で、ブロードウェイのミュージカルも次々に公演が中止に追い込まれている。ラジオシティ・ミュージックホールの毎年恒例のラインダンス・ショー「クリスマス・スペクタキュラー」も17日から1月まで公演の中止が決まったばかりだ。 小説家のドン・ウィンズロウ氏など、コロナ禍でのイベント反対を求める声も多く上がった。 関連記事 (2021) NYタイムズスクエアの年越しカウントダウン 史上初の「無観客」で (2020) NYタイムズスクエアの年越し2019-2020 Text and photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

最近アメリカで教育&精神的「大変良くない」という悪評のFacebook(フェイスブック)& SNS 関連【まとめ】

まとめ記事 フェイスブックの社名変更だけじゃない 大企業の生き残りかけた試み【世界から】 フェイスブック内部告発で再燃する「SNS議論」…本場アメリカの人々の「本音」 大金持ちフェイスブックCEO 家族と自宅公開で汚名返上図るも、冷ややかな声 加工した自撮り写真のように整形したい……インスタグラムで整形アプリが禁止に 危険なSNSチャレンジが若者に大流行 ── 15歳死亡のTikTok「ベナドリル・チャレンジ」とは? Z世代の最強アプリTikTok 米国での意外な使われ方と排除について現地ユーザーの声

おうち時間で日本のアニメファンが爆発的に増加中! NYの日系書店で今年売れたベスト5は?

長引く新型コロナウイルスの影響で「おうち時間」が増えたことで、ここニューヨークではある変化が起きている。 なんと日本の漫画・アニメが「かつてないほど」売れに売れているのだ。 年の瀬のある日、マンハッタンにある紀伊國屋書店ニューヨーク本店を訪れた。2階にある漫画&アニメ関連売り場は、地元客で大賑わいだ。パッと見る限り、年齢層は若い世代が多く、あらゆる人種の人々が買い物に訪れていた。 店長の高野耕太郎さんによると、同店では今年の傾向として漫画やアニメ関連グッズが「爆発的に」売れているという。 新型コロナにより昨春ニューヨークがロックダウンし、同店も3月末から6月末まで閉店を余儀なくされた。それにより人々のライフスタイルに変化が見られるようになったという。 ステイホームの習慣ができたことで、より幅広い層の人々がクランチロールやネットフリックスなどのストリーミングサイトを利用してアニメを観るようになった。それに伴い、同店では店の再開後、ある「異変」が起きた。 「今まで見なかったようなあらゆる層の人々が来店し、漫画が飛ぶように売れています」(高野さん)。具体的な数字は公開されていないが、「2021年の売り上げは2019年に比べて倍以上」だという。 高野さんは毎日店に立ち、漫画やアニメのかつてないほどのブームを間近に感じている。同店アシスタントマネージャーのアレキサンダー・ベニグノさんによると、それらの人気漫画やアニメに見られる共通点は、少年漫画系だという。女性の来客姿も多いが「性別や年齢に関係なくすべての層がブレンディングし、嗜好が少年漫画系に傾倒しています」(ベニグノさん)。 過去記事 入店数制限でいつも紀伊國屋書店の入り口に行列ができていた(2021年初夏)。 新型コロナに「打ち勝った」“先行事例”となるか?NYが復興へ前進、大規模再開へ NY日系書店(漫画コーナー)、今年の売り上げベスト5 せっかくなので高野さんとベニグノさんに、今年の同店漫画コーナーのベストセラーを聞いた。 売り上げは巻数の多さなどさまざまな要素による影響を受けるため、厳密な数字を基にしたランキングではないにしても、あくまでも売れ行きの傾向としては以下のランキングで間違いないそうだ。(すべて英訳版) 今年だけではなく万年のベストセラーは? 不動の人気は、ドラゴンボール!「いつも売り切れ気味です」と高野さん。その人気ぶりに加え、コロナ禍による紙不足と人手不足により刷り切れない状態が続き品薄だという。 このほかにも、筆者は11月に取材をした日本のアニメイベント「アニメNYC」で多くの来場者に好きな漫画やアニメを聞く機会があり、いかに『ベルセルク』が当地で人気かを思い知った。 紀伊國屋書店で同作を探してみたが、在庫が僅少だった。公立図書館にも探しに行ったが、やはり紙や人手の不足により手に入りにくい状態は変わらなかった。漫画セクションの司書の女性に在庫状況を確認したところ、同作の大ファンということで話しだすと、熱が入って止まらないほどだった。ついでに同作の魅力について聞いてみたところ「80年代の発売以降、多くの漫画がこの作品に影響を受けました。線の描写がものすごく細かいのが特徴なんです」と説明してくれた。作者の三浦建太郎氏が今年54歳の若さで亡くなり、人気が再燃しているという。 関連記事 アニメNYCは今年、コロナ禍にも拘わらず同イベント過去最多の5万3000人の来場者があった。 日本ブームは続く!コロナ禍「アニメNYC」にファン大集結。「鬼滅の刃」英語声優登壇、三浦建太郎追悼も このような漫画・アニメブームにより次に何が起こっているかというと、日本語学習者人口の増加だ。 「日本語の学習書や子ども用にふりがなを振っている書籍を購入していく人が増えています。また、大学で日本語を受講する人が増えているという話もよく聞きます」(高野さん) つまり要約するとこうだ。 おうち時間が増えたことで、動画配信サービスでアニメを観る人が増えた。 日系書店で、漫画を購入する人が増えた。 日本語の勉強をし始める人も増えている。 (未来予想)新型コロナが落ち着いたら、日本を訪問する人が増えていく…か? ブームとも呼べる現象を作った漫画・アニメ文化だが、最近は日本に限らず、中国や韓国の勢いも増しているそうだ。「韓国のSolo Leveling(俺だけレベルアップな件)や中国の『Heaven Official’s Blessing』なども、もうすぐメインストリームに入ってくると思います」(ベニグノさん)。 日本が誇る漫画・アニメ文化。来年はますますそのブームがアメリカで加速していきそうだ。 Text and photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

NY「ワクチン接種義務化」が強化。飲食店〜公務員〜民間企業や子どもまで。市民の反応は?

新型コロナの変異ウイルス、オミクロン株の拡大により、ニューヨーク州では1日の新規感染者数がかつてないほど急増しており、27日は4万人を超えた。入院が必要なほどの重症患者数も昨春ほどではないが、それでも前日より647人増えて6173人(27日)と急増中だ。 そんな中ニューヨーク市では27日、すべての民間企業およそ18万4000社を対象に、ワクチン接種の義務化がスタートした。 市ではこれまでも公務員に対して、また屋内飲食や屋外アクティビティの利用者(今月14日以降は子どもも対象に。5〜11歳は1回以上接種し、27日以降は、12歳以上は接種「完了」していなければならない)に対しても、ワクチン接種義務化を推し進めてきたが、ここに来て民間企業の従業員に対しても義務化を設定した形だ。いわゆる(国民皆保険ならぬ)「市民皆ワクチン」のムーブメントの一環である。 この政策の通り、市内ではレストランの屋内やジム、映画館、博物館などの屋内アクティビティ、イベントの利用時において、入り口などでワクチン接種証明書の提示を「必ず」求められる。「当店は大丈夫です」なんていう店は存在しない。ここ最近は一般企業の訪問時や筆者の場合は取材時にも、企業の裁量において接種証明書の提示を求められるようにもなってきた。つまり今この街で、ワクチン接種証明書がなければ、ほとんどの屋内活動や業務が制限されるような状態だ。 市の資料によると27日以降、市内の一般企業で働く全従業員は、少なくとも1回(45日以内に2回目)のワクチン接種をしていなければ、そこで働くことは認められない。民間企業の代表者は必要な書類に署名し、職場の「誰もが見える場所」に掲示する必要がある。このような接種義務化の措置は、いずれも全米の自治体で初ということだ。 市内で会社を経営したり代表を務める人に話を聞いたが、この政策に対して「会社として、社員に対してそこまでの強制や締め付けは難しい」「ワクチンを打ってほしいのは理解できるが、このように民間企業を巻き込まないでほしい」というような驚きや戸惑いの声が聞こえてきた。また中には「在宅勤務を続けているので、詳しい情報が入ってきていない」という声もある。 これまで市内の飲食店で行われてきたようなことが、今後は一般企業でも起こる。検査官がオフィスや店舗に抜き打ちで訪問し、違反が見られる場合、初回の罰金1000ドル(11万円相当)が企業側に科されるという。 一方、デブラシオ市長は27日の会見で「企業側に違反が見られる場合、まず指導や通達から行う」と発表した。「きっぱり拒否でもされない限り、罰金をいきなり徴収することはほとんどない」と、線引きについてやや「曖昧な」説明に終始した。 また肝心のデブラシオ市長だがその任期は今年いっぱいであり、あと数日間しかないタイミングで発令された。来年1月1日に新たに就任するエリック・アダムス次期市長は、デブラシオ市長のこの政策を継続するか否かについては言及していない。これについても、民間企業の代表者や従業員からは「今後がいまいち見えてこない」「市は政策の方向性について、迷走しているのではないか」という声も聞こえてきた。 過去記事 オミクロン株、米上陸も時間の問題…心配をよそにNY次期市長が「アフリカ家族旅行」で物議 米国2例目のオミクロン株確認のアニメイベントを取材。「濃厚接触者」候補になってしまった時の話 NYワクチン接種義務に抗議。義務化初日に休職の市職員9千人が都市に及ぼす影響 米入国にワクチン接種義務化。健康上の理由で接種できない人は今後どうなる?… 専門家に聞いた 入国は「ワクチン接種者のみ」……どうなる?海外旅行。(フィガロ) NY屋内活動に「ワクチン接種証明」義務づけ 全米初の試みが始まったが・・・街の様子は 全米の4人に1人が「ワクチン打たない」反ワクチン運動や職場訴訟も(動画あり) 米「ワクチン接種でマスク不要」 NY中心地のマスク率は? 街の人の声は? Text and photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

Suddenly I was yelled at by a stranger as an Asian. NYでアジアンヘイトが初めて自分の身に降りかかった話 #StopAsianHate

(日本語は英語の後に続きます) The stupid thing happened to me. When I was walking alone in the crowd near Times Square this afternoon, I heard a guy was yelling from behind like “Putting a mask!!!…”“Asian…!!!”. Soon realized that he was yelling at me. Then I yelled back “What’re you talking about!!??” Everything happened in a second. When I…

ヘンリー王子&メーガン夫人のクリスマスカードに「メリークリスマス」と書かれていない理由

アメリカはいよいよ今晩がクリスマスイブ、明日はクリスマスだ。クリスマスと言えばこの国で最大のホリデーのため、おとといあたりから帰省ラッシュとなっているが、今年はオミクロン株拡大の影響による人手不足で空の便が欠航するなど、一部混乱も見られる。 23日には、カリフォルニア州に住むイギリスのヘンリー王子とメーガン・マークル夫人が今年のクリスマスカードを公開し、こちらも話題になっている。 今年のクリスマスカードは6月に生まれた長女で初公開のリリベット・ダイアナちゃんも含む4人の家族写真だ。同州サンタバーバラにある自宅で、結婚式の写真も撮影したフォトグラファー、アレクシー・ルボミルスキ氏が再び撮影したものだという。 さて、これはクリスマスカードなのに「メリークリスマス」という言葉がないのはなぜか?最近のアメリカのクリスマス事情と共に解説する。 メリークリスマスと段々言わなくなっている 「移民の国、アメリカではすべての人がクリスマスを祝うわけではない。だから最近はメリークリスマスと段々言わなくなっているの」 この言葉を英語の教師をしている友人の女性から聞いたのは、今から3年前のこと。 友人曰くアメリカ、特にニューヨークやロサンゼルスなど大都市には移民家族も多く、その中にはイスラム教やユダヤ教の人々など、クリスマスを祝わない人もたくさんいるため、近年、会社や学校で「メリークリスマス」と言う代わりに「ハッピーホリデーズ」という言葉が使われるようになっている、と説明してくれた。いわゆる「宗教が違う人々への気遣い」「多様化への寄り添い」ということのようだ。 筆者は気になって、その後友人や企業から届くクリスマスカード(ホリデーカード)やメールの内容を見てみたり、店の人からの掛け声を注意深くチェックしてみたりした。この国では、伝統的にクリスマスが近づいてくると「メリークリスマス」と挨拶されることが多かったのだが、確かにここ数年は「Happy Holidays(ハッピーホリデーズ)」という挨拶が主流になってきていると、実際の生活を通して感じている。 忘年会はクリスマスパーティーではなく「ホリデーパーティー」、「クリスマスギフト」は「ホリデーギフト」という言葉があえて選択されることが多くなったようだ。今年、仕事関係でもらったメールにも「Have a lovely holiday season」などと書かれており、「クリスマス」の文字は見当たらない。 知識共有サイトのQuora(クオーラ)にも、今月の投稿でこんな内容のものがある。 「なぜ(アメリカの)ほとんどの人々は『メリークリスマス』ではなく『ハッピーホリデーズ』と言うのですか?」 その答えとして、このように答えている人がいた。「自分は、宗教的にクリスマスを祝う相手には『メリークリスマス』と言います。しかしクリスマスを祝わない宗教の人もいるため、必ずしもそのように言うわけではありません。ほかの宗教にはそれぞれの休日があり、またほとんどすべての人には仕事を休むという意味での休日(ホリデー)がある。だから相手がクリスマスを祝う風習があるかどうかどうかわからない場合は『ハッピーホリデーズ』と言う方が(相手にとって)正しく、無難でしょう」。 筆者の友人もこのクオーラの回答も、だいたい現代のアメリカ人の「メリークリスマス」に対する平均的な考え方であろう。そして、アメリカに移住したヘンリー王子とメーガン夫人もおそらく、この流れで今年のクリスマスカードは「ハッピーホリデーズ」と大きく書かれたものにしたのではと察する。 もちろん、だからと言って「絶対にメリークリスマスと言ってはいけない」というルールになっているわけでもない。今でもこの時期に、店のスタッフで「メリークリスマス」と声をかけてくる人もいるにはいるし、道すがらそのような掛け声を聞くこともたまにある。 筆者が今年もらったクリスマスカードをチェックすると、1枚だけイエス・キリストの絵が描かれたカードのメッセージに「Have a Joy-Filled Christmas」(喜びに満ちたクリスマスを)と書かれていた。 送ってくれた人は、キリスト教信者の年配の女性で、長年家族ぐるみの付き合いがある友人だ。筆者がキリスト教信者ではないと知っているはずだが、厚意で以前クリスマスの数日間、自宅でのクリスマス家族イベント、ディナーにも誘ってくれたことがある。中にはそういう人もいるということだ。 近い将来、新型コロナが落ち着いて、この時期にアメリカを訪れるようなことがあれば、このようなムーブメントもあると知っておくことで、年末のホリデーについてまた違った見方ができるだろう。 最後に個人的な感想だが、アメリカのクリスマスは本当に楽しい。(クリスマスを祝う典型的な家庭の過ごし方の例として)イブあたりから家族・親戚が大集合してディナーを囲み、クリスマスの朝はパジャマ姿の子どもたちがサンタクロースからのプレゼントに大喜びする。大人もそれを微笑ましく見ながら、家族・親戚同士でのプレゼントの交換大会が始まる。皆、子ども時代に戻ったようにラッピングペーパーをビリビリと大胆に破りながら、開封していき「あぁこれ欲しかったの!」と大げさに喜んで笑い合う。それが終わったらテレビを観たり昼寝をしたりと各々がとにかくのんびり、まったり過ごす。そしてまた夜はご馳走をいただく。まるで日本の正月や大晦日のような日なのだ。 この冬、新型コロナの感染は拡大中だが、ワクチン接種も進んでいるため検査をして陰性であれば予定通り家族・親戚で集まり、2年ぶりにこのホリデーを盛大に祝う人も多いようだ。 Happy Holidays! 皆さまも(感染状況に気をつけて)良い年末シーズンを。 本稿はラジオ、CROSS FM Urban Duskの2019å¹´12月9日に出演した際に筆者が話した「NYクリスマスライティングの様子と、メリークリスマスと言わない理由」をベースに、最新状況を加筆したものです。 参照 Omicron variant causes Christmas flight cancellations and holiday travel headaches Why do most people say “Happy holidays” instead of…