NY1億円超高級コンド内見。「眞子さんをよく見かける」ヘルズキッチン住民の目撃情報も

筆者がこのたび訪れたのはニューヨークにある高級ホテル…ではなく、完成したばかりの新築コンドミニアムだ。マンハッタン区ミッドタウンの西端、ハドソン川にほど近いヘルズキッチン地区の一風変わった高級住居用ビル、The West(ザ・ウェスト)。 12階建てのこのビルは、低層階が昔ながらのインダストリアルなこの界隈の空気を受け継ぐウェアハウス風。高層階は一転、近未来的な凹凸が無造作に配置されたファサードが特徴だ。これら相反する2つのエレメントが見事に合体し、唯一無二の造形物として仕上がった。 市内にあるCitizenM HotelsやUrbyなどで実績があるオランダの建築家集団、Concrete(コンクリート)による最新作だ。低層階の外壁に使われているのは普通のレンガではなく、StoneCycling(ストーンサイクリング)による「アップサイクル・レンガ」を使うなど、サステイナビリティ(持続可能性)への配慮が細部に見え隠れする。 緑が眩いスペーシャスなエントランスに足を踏み入れると、フレンドリーなコンシェルジェが笑顔で出迎えてくれた。外観から予想しなかったヒューマンタッチなおもてなしが、訪問者にひとときの安堵感を与えてくれる。奥のスペースは、リモートワークをしたりゲストを出迎えたりなどさまざまな目的に活用できそうな温室風の明るいライブラリーが広がっている。仕事がサクサクと捗りゲストとの会話も弾みそうだ。そんな生活の1シーンを想像しながら、エレベーターでスタジオタイプ(日本のワンルーム)と1ベッドルームの部屋へ。 ドアを開けると、奥の窓から部屋いっぱいに柔らかい光が射し込んでいる。モデルルームのようにすでに家具や小物が配置されていて、自分がもし住んだら「ここで仕事をして」「休憩はここで外を見ながらコーヒーを飲んで…」などイメージがつきやすい。 The West インテリアごとお買い上げ? 「ここにあるものを“丸ごと”購入も可能ですよ」と説明するのは、米不動産会社コーコラン・サンシャインのシニア・セールスディレクター、アンジェリ・ディチキス(Angeli DeCecchis)さん。コンドの購入となると、日本と同様に家具が何もないまっさらな状態が主流だが、The Westでは家具はもちろん壁に掛かった絵画、テーブルに置かれた写真集や照明器具、キッチンツールやカトラリー、ベッドリネンに至るまで、室内にあるものすべて「込み」でユニットをお買い上げすることもできる。 このようなスタイルは、鍵を回せばすぐに住むことができるという意の「ターンキー」物件と呼ばれるもの。 インテリアコーディネートは、プロ集団のASH Staging(ASH NYC)によるもの。 通常、新居に引っ越す場合「壁やカーペットは何色にしようか」「どんな絵を飾ろうか」と迷いながら自分たちの城をクリエートしていく。それも一興だが、ターンキー物件の場合、プロのインテリアコーディネーターが世界中からハイセンスの家具や小物を厳選し配置しているので、あれこれ考え、買い物に出かけてどれにするか迷い、支払って運送を待ち…といった一連の手間暇がいっさいかからない。 「購入の手続きさえ済めば、明日からでもここで生活が始められるんです」(アンジェリさん)。この便利さから、ターンキー物件は州外や国外に住む人がニューヨークを訪問する際の一時滞在としての場所、セカンドハウスとしても人気だという。 建物内にはライブラリーのほかに、スポーツジム、キッズルーム、コミュニティダイニングルーム(パーティーやイベント用)、犬のグルーミングルーム、倉庫なども完備。また屋上プール、カバナ、バーベキュー設備、ドッグパーク、外ヨガスペースまであり、あらゆるものが敷地内で完結する。 周りに景色を遮る高層ビルがないので、開放感ある見晴らしだ。当地ではパンデミック以降、バックヤードやテラスなど屋外スペースを人々が渇望するようになったが、そのような需要を満たしたアパートメント・コンプレックスだ。 ◎ビル内アメニティを見る いくらあれば住める? Studio #718(484ft²、約45平米) 95万ドル(約1億2900万円) 1BR #723(672ft²、約62平米) 135万5000ドル(約1億8500万円) * ターンキーパッケージ価格 * 当地では購入価格に加え、毎月の共益費と税金が別に必要。例えばStudioの場合22万円ほど毎月かかる(共益費670ドル(約9万2000円)、税金919ドル(約12万5000円)) 新築でこれだけアメニティ設備が完備しているThe Westの価格が高いかお得か? 当地のアパートの不動産価格は、立地はどのストリートか、ユニットは何階で方角はどちらか、ベランダの有無など細かい条件によって異なってくるため一概に比較はできないものの、参考程度にマンハッタンの1ベッドルームの販売価格と賃貸の「中央値」も添えておく。 不動産会社のトリプルミントによると、昨年9月の時点で以下の通り。「マンハッタン内」でもっとも高いエリアと低めのエリアも調べた。ヘルズキッチンは、あくまでも「地区」としてはちょうど中間あたりに位置する。 販売価格の中央値 ヘルズキッチン 104万5000ドル(約1億4000万円) ノーホー 219万7500ドル(約3億円) フォートジョージ 34万4000ドル(約4600万円) 賃貸(家賃)の中央値 ヘルズキッチン 3903ドル(約53万円) ハドソンスクエア 7250ドル(約98万円) フォートジョージ 1750ドル(約23万円) NYの「中央値」と「平均」の家賃について 関連記事 小室夫妻も想定外のインフレに悲鳴? 日本人は知らない「ニューヨーク家賃事情」のリアル 年間30万円以上アップもあり得る(マネー現代) * 記事内はすべて1ドル136円計算 眞子さんを「よく見かけます」とヘルズキッチンの近隣住民 最後にヘルズキッチン地区と言えば、小室眞子さんと圭さん夫妻が昨年新居を構えたことで、日本での知名度が一気に上がった。 この地区は、中心地タイムズスクエアから徒歩圏内にあり便利な立地。文化施設や観光地がない替わりに、低層の住居ビルと多国籍レストランが連なり、地元の人が普段使いするアーミッシュマーケットやこぢんまりとしたカフェも。昔ながらの車のリペアショップが今でも残っていたりとインダストリアルな雰囲気も漂うリラックスした下町の雰囲気だ。 「ヘルズキッチンの不動産は今、活況を見せています」とアンジェリさんも太鼓判を押すように、ハドソン川近くの西端エリアがディベロッパーにより再開発され、新築アパートメントが次々に建てられている。この地区に目をつけているのは、投資家というよりどちらかというとミレニアル世代を中心とした若いローカルバイヤーやファミリー層が住居用として購入するケースが多いようだ。 土地柄もあり、内見中は関係者らと自然に小室眞子さんの話にも及んだ。筆者が「ヘルズキッチン地区は日本でも結構知られるようになったんです」と言うと、「(英語の)記事を読みました」と、筆者が説明するまでもなく眞子さんはこの地区の人々にすでに認知されていた。筆者の周りではほとんどの人が知らないため「私にとって、あなたは彼女を知る最初の人です」と伝えると、眞子さんを目撃したのは1、2度ではないと言い「この界隈を歩いているのをよく見るわ。(元プリンセンスとわからないほど)服装は控えめで目立たない感じです」と、その慎ましさに好感を持っている様子だ。「いつもマスクを着けて、1人で歩いているわね。サリヴァンベーカリーでフレンドリーに店員に挨拶しているのを見かけたことも。新天地での生活を楽しんでほしいです」。アメリカ移住から8ヵ月になる眞子さん。筆者の経験からも移住から半年は新生活に慣れるのに必死だが、それ以降は徐々に環境や生活習慣に馴染んでくるもの。眞子さんが近隣住民に迎え入れられこの地に解け込んでいるのが、地元の人の話から伝わってきた。…

小室夫妻で大注目「ヘルズキッチン」てどんな街?住みやすい?在住者が教える「地元とっておき情報」

ニューヨークに移住したばかりの小室眞子さんと圭さん。到着早々、米英のタブロイド紙が2人の新居について報じた。 移住前、2人の新居は閑静な高級住宅地、アッパーウェストサイドにある家賃80万円の2ベッドルームになるのではないかという憶測が飛び交っていた。しかし英デイリーメールの第一報や米ニューヨークポストの続報によると、2人が移り住んだのはヘルズキッチン(Hell’s Kitchen)地区にある、2017年に完成したばかりの高層アパートで、1ベッドルームタイプだという。 その住居ビルの高層階からはハドソン川を眼下に望み、セントラルパークやタイムズスクエアなどが至近の好立地だ。報道によるとビル内には、バーベキューや卓球などができる屋上デッキのほか、ジム、スパ、ヨガスタジオ、ビリヤードやゴルフシミュレーター、書斎なども完備されているラグジュアリーな建物という。 家賃はフロア(何階に位置するか)、間取り、広さなどによって異なるが月4300ドル(約49万円)からあり、1ベッドルームは4809ドル(約55万円)から、2ベッドルームは7085ドル(81万円)からのようだ。 1ベッドルームの物件とは? 通常の1ベッドルームとは、リビングルームのほかに個室のベッドルーム(寝室)のある住居タイプを指す。 ベッドルームがない(壁で仕切られていない)住居をストゥーディオ(スタジオ)と呼び、ベッドルームが2つある住居は2ベッドルーム、3つあれば3ベッドルームと呼ぶ。グレードの高い住居ビルは、来客用とは別に、ベッドルームごとに専用バスルームが併設されていることもある。 ヘルズキッチンってどんなネイバーフッド? ヘルズキッチンはマンハッタン区ミッドタウンの西側、セントラルパークからは南西側に位置する地区。(当初候補地として噂されたアッパーウェストサイド地区はそれより北方で、セントラルパークの西側に位置する) ヘルズキッチン地区にある住居の多くは規制により、ウォークアップ(エレベーターなし)の低層ビルが多い。すぐ南には再開発地区のハドソンヤードがあり、近年新築の高層ビルが周囲に増えつつある。 徒歩圏内には(ヘルズキッチン地区ではないが)セントラルパーク、ブロードウェイミュージカルの劇場街、カーネギーホールやMoMA(近代美術館)などの文化・芸術施設、複合商業施設のあるコロンバスサークル、これからの季節はクリスマスツリーで有名なロックフェラーセンターなど、ニューヨークを象徴するものが点在している。 筆者にとってヘルズキッチンと言えば、最初に頭に浮かんでくるのはレストランロー(Restaurant Row)だ。 レストランローとは多国籍な飲食店が連なる、46丁目と8番街と9番街の間にある通りのこと。劇場街に近いため、人々は観劇前後にレストランローや9番街に立ち寄って空腹を満たす。 筆者が知らないこともあるかもしれない。大手不動産会社のコーコランに勤務する松村京子(けいこ)さんにヘルズキッチン地区について尋ねてみた。 松村さんは、「ニューヨークの文化を代表するようなところはなく、超便利でも超高級でもなく、なんとなくちょこちょことある感じの地域」と表現する。「特徴としては、気取りのない雰囲気ということかもしれません。人気エリアと違い、好んで移り住む若者はそれほど多くないですが、2人にとってはそれがよかったのかもしれません。フォーダム大学ロースクールも近くですから小室さんがこの辺に慣れているのでしょう」。 松村さんは中でも、9番街が特にオススメと言う。「決しておしゃれな雰囲気はないが、ハイチやタイなど国際色豊かな安くて美味しいレストランがそろっていて、毎年開催されるストリートフェスティバルには必ず足を運ぶほどです」。また余談だが、当地のLGBTQの人々が集まるのはチェルシー地区などだが、「近年ヘルズキッチンは大人のゲイの人々に大注目されているんです」と、地元ならではの情報も教えてくれた。 実際に住んで見えてくる街の魅力もあるかもしれない。ヘルズキッチンに長年住んでいる日本人にも話を聞いた。 ニューヨーク在住歴30年で、18年住んでいるヘルズキッチンでは子育てもしてきた​​箏奏者の石榑雅代さんは、「とにかくどこに行くにも便利で、非常に生活がしやすい場所です」と太鼓判を押す。 日本人も最近増えていると感じるそうだ。「特に子連れの若い人をやたらと見かけるようになりました。公園でよく見るので、きっと近所に住んでいるのでしょう」(石榑さん) ニューヨーク在住歴40年、ヘルズキッチン歴8年のコーディネーター、青木はじめさんによると(住んでいる南西部からは)最寄り駅がやや遠く、中には汚くて治安の悪い通りもあるそうだが、それでも「すぐ近くにハドソン川やそれほど店が密集していない場所があって解放感がある。それでいて密集地にも近い利便性が魅力」と語る。 ズバリ、日本人にとって住みやすいエリアかどうかについては、「個人的にはとても住みやすく気に入っています」(石榑さん)。「日本人でも好みは人それぞれでしょうが、日本食レストランも多く日本の食材も調達でき、都会の生活に慣れている人にとっては良いエリアだと思います」(青木さん) 最後に在住者として、ニューヨークで新生活を始めたばかりの小室夫妻へメッセージを聞いた。 「生活の変化に対応するのは大変なことだと思いますので、周りが静かに見守って差し上げてほしい。素敵な新婚生活をお祈りしています」(青木さん) 「庶民には決してわからない苦労がたくさんあると思いますが、幸せになる権利があるし幸せになってほしいです。自分で決めた人生ですし他人は関係ないです。周りのいろんな意見を気にしすぎず、ただただ自分の目標に向かって進んでほしい。年齢的に自分の子どものような彼らの門出を心から応援したいです」(石榑さん) 「人種の坩堝ニューヨークでの結婚生活、最初は戸惑うこともあると思いますが、在住の日本人も含めニューヨーカーは寛大です。2人でいればさまざまな苦労を乗り越えるエネルギーが必ず湧き出てくる、ニューヨークはそんな街です。ここが2人の第二の故郷となり、人や文化と共に好きになってくれたらニューヨークが大好きな先輩として嬉しい限りです」(松村さん) Text and photos by Kasumi Abe(Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

NYはコワーキングスペース激戦区。最旬は「Spacious」や日本初上陸「WeWork」【創業者インタビュー】

ニューヨーク発のコワーキングスペースWeWorkが2018年、いよいよ東京にも上陸することが先日発表された。コワーキングスペースをはじめとするシェアリングオフィスの需要が世界中で高まっている中、WeWorkのような人気企業が東京にもやってくることにより、日本でも職場に求められる環境が今後さらに変わるだろう。 今回は、ニューヨークでWeWork同様に、今もっとも注目されているユニークなコワーキングスペースを紹介する。 おしゃれなレストランを有効活用 ニューヨークで2016å¹´7月にスタートしたスペーシャス(Spacious)。今もっとも勢いのあるニューカマーのコワーキングスペースとして注目されている。 当地にはWeWorkをはじめ、The FarmやThe Productive、Ensemble、Primaryと数え切れないほどのコワーキングスペースがあり、数は日々増え続けているが、Spaciousのユニークなところはオフィス施設そのもの。 彼らが利用しているスペースは、昼間の営業していないレストラン。ディナーのみオープンするレストランを利用して、コワーキングスペースとして開放している。ロケーションもメンバー数もこの1年で急増し、飛ぶ鳥落とす勢いで成長中だ。CEOでコファウンダーのプレストン・ペセック(Preston Pesek)氏に話を聞いた。 ── ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ãƒ¨ãƒ¼ã‚¯ã‹ã‚‰ã‚¹ã‚¿ãƒ¼ãƒˆã—、現在何箇所拠点がありますか。 マンハッタンやブルックリンなど、この1年で10ヵ所ロケーションが増えました。この夏から秋にかけてさらに5ヵ所ロケーションを増やし、さらにニューヨークだけではなくボストン、サンフランシスコにも進出することが決まっています。 今年中には、ニューヨークに20ヵ所、ボストンに6~10ヵ所、サンフランシスコに8~10ヵ所オープンする予定で計画を進めているところです。 ── ç·ãƒ¡ãƒ³ãƒãƒ¼æ•°ã¯ï¼Ÿ 現時点で750人です。毎月20~30%ほどメンバーが増えています。 ── æ˜¼é–“のレストランをコワーキングスペースとして利用していますが、そのユニークなアイデアはどこから浮かんだのですか。 大学院で不動産関連(Real Estate Science)の修士号を取得し、起業前は建築業界や商業用の不動産業界で働いてきました。2004年ニューヨークに移り、この街には美しくてセンスのよいレストランが、昼間ただの空きスペースになっているのを目の当たりにして、もったいないと思いました。この価値あるアセット(資産)をどうにか有効利用できないかと思ったのが始まりです。 ── ã‚¹ãƒšãƒ¼ã‚¹ã‚’貸し出すレストラン側にメリットはあるのでしょうか。 我々からはレストラン側に、毎月利用料を支払っています。しかも、私たちがSNSなどを使ってそのロケーションをPRするので、レストラン側にとっては無料でマーケティングができ、広告を出しているようなものなのです。またコワーキングスペースの利用者が、ディナータイムにそのまま残ってハッピーアワーやアペタイザーを楽しんでいることも多いです。 ── ãƒ¬ã‚¹ãƒˆãƒ©ãƒ³ãŒãƒ©ãƒ³ãƒã‚¿ã‚¤ãƒ ã«ã‚ªãƒ¼ãƒ—ンしない理由は何ですか。 これはすごく自然に発生した経済的な理由があります。特に我々が利用しているハイエンドなファインダイニングレストランは、高品質のメニューを提供しているので、昼と夜、2つのメニューを作ってそれぞれ提供するのがなかなか困難なのです。 もう一つは、ニューヨークおよび全米の他都市でのランチ市場が近年、ファインダイニングからファストカジュアルに移行しています。高級なファインダイニングディナーは接待などで相変わらず需要がありますが、ハイエンドランチは以前ほど主流になっていません。 月95ドル払うだけで、どのロケーションも利用できる ── åˆ©ç”¨è€…としてスペースの使い方について教えてください。 当日の気分で好きなロケーションを選び、そこに行くだけです。事前のサインアップは必要ありません。毎日違うロケーションの利用もできます。お店に着いてチェックインすると、携帯のテキストメッセージでWifiのパスワードが届きます。席は決まっていないので、好きなところで仕事ができます。席の空き状況は、事前にアプリで確認できます。 通常のコワーキング同様、ドリンク(コーヒー、お茶、水)やスナック、会議室なども完備しています。会議室については、ほとんどのハイエンドレストランはプライベートダイニングルーム(個室)を持っていますから、そのスペースを利用しています。プレゼンテーション用に、プロジェクターやホワイトボードも完備していますよ。 ── WeWorkなどで人気の生ビールは提供していませんか。 ビールは今のところ提供していないのですが、お店によっては我々のためにバーを早めにオープンしてくれるところもあるので、そういうロケーションでは仕事を早めに切り上げ、アフターワークの1杯を同僚と楽しんでいる姿をよく見かけます。 ── ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ãƒ¨ãƒ¼ã‚¯ã¨ã„えばコワーキング激戦区ですが、スペーシャスを使う一番のメリットは? 毎日同じオフィスに通うとどうしても飽きてしまうものですが、スペーシャスは毎日違った場所で(しかもレストランで!)仕事ができるという、ユニークな体験を提供している点だと思います。ニューヨークのほかのコワーキングスペースでは月額400ドルも500ドルもする利用額が求めれますが、スペーシャスは月95ドルというリーズナブルな価格で利用できるというのも、大きなアドバンテージです。 ── å¸­ãŒæ±ºã¾ã£ã¦ã„ないですが、休憩中やお手洗いに行く際、貴重品などセキュリティーの問題はないですか。 そういう問題はないですね。各ロケーションの入り口にレセプショニストが常駐し、出入りする人を必ず確認しています。来客などの際もレセプショニストが案内するので、不審者がうろうろするようなことはないです。利用者はSlackを使ってコミュニケーションをとりあっています。また、私たちが主導して、起業家を交えて朝のミートアップの交流イベントや夕方のハッピアワーイベントなどを開催しています。このように、利用者同士が次第に顔見知りになっていくような仕掛けをたくさんしています。 ── ãƒ¬ã‚¹ãƒˆãƒ©ãƒ³ã®é–‹åº—時間までに仕事を終わらせる必要がありますね。 ディナーサービスが始まるころ、テキストメッセージを利用者に送っています。利用者には「退出する時間ですよ」ではなく、「バーで何かオーダーしませんか?」という意味合いのメッセージですので、好意的に受け止められています。 ── ãƒ‹ãƒ¥ãƒ¼ãƒ¨ãƒ¼ã‚¯ã«å‡ºå¼µã‚„旅行で来たときも、スペーシャスは便利そうですね。 もちろん! ニューヨークに短期滞在で仕事をする場合でも、ホテル近くのロケーションで気軽に利用できる最適なオフィス環境だと思います。また、クライアントとミーティングがある際でもクライアントの近くのロケーションを会議場所として選ぶこともできるので便利ですよ。 (文:安部かすみ fromニューヨーク) ■店舗詳細 Spacious ■取材国:アメリカ 安部かすみ(あべ・かすみ) 2002年に渡米し、在ニューヨークの新聞社でのシニアエディター職を経て、2014年からフリーの編集者、ライターに。ニューヨークから食やエンタメ、テック系などのトレンドを発信中。編集者歴は日米で20年。 HP Global Press Blog Twitter TSUTAYA T-SITE(2017.8.16)「NYはコワーキングスペース激戦区。最旬は「Spacious」や日本初上陸「WeWork」」より転載(無断転載禁止)ウェブサイトのコピー

432パークアベニュー:57丁目の『Race to the Sky』NYイチの高層コンドミニアムがマンハッタンの摩天楼を変える

ニューヨークで一番高い住居用ビルとして、2015年春の完成へ向け着々と建設が進む「432 Park Avenue」。建物の完成予想図やペントハウスからの眺望が、先日取材陣に公開され話題となっている。 建設場所は、マンハッタンの『お金持ちの象徴』であるパークアベニュー、56丁目と57丁目の間。 全長1396ft(約426m)と、エンパイアステートビル(1250ft=約381m)やクライスラービル(1046ft =約318m)よりも高く、高層階からはそれらのアイコンビルを見下ろすことができる。 マンハッタン内はもちろ んのこと、お隣のブルックリンやクイーンズ、ニュージャー ジー州、そして天気の良い日はロングアイランドまで見渡せるとか。 同ビルのPRを手掛ける、PRCo社のジェシカ・ヘンリーさんによると、着工した2011年当初より 投資家や富裕層の間で話題になっており、住居スペース104世帯のうち、現時点で半分以上がす でに契約済みだという。 ペントハウスは10世帯分あり、うち7世帯が契約済。1世帯分がフロア全体(8400ft2、約781.2m2)を占めるため、どのペントハウスからも 360度の絶景が楽しめる。 ちなみにペントハウスのお値段は最高95億ドル(約110億2000万 円)と、気が遠くなるようなお値段! まだ入居可能なものは、82.5億ドル(約95億7000万円)と76.5億ドル(約88億7400万円)の部屋だ(ちなみに月々の共益費だけでも、毎月1万6000ドル、約180万円弱)。 ニューヨークの不動産事情は最近どうなのか、国際不動産連 盟FIABCIの次期会長で、老舗不動産会社「Brown Harris Stevens」社のダニエル・グロセンバッチャーさんに話を聞 いてみた。 ダニエルさんによると、「不動産需要に対して供 給が追いついていない状態で、それがさらに不動産市場を活 気付けている」とか。また「2016年にはこのビルを越え る高さの高層ビルが、そこから目と鼻の先(57丁目とブロードウェイの角)に建設される予定」と言う。ほかに、57丁目 の5番街と6番街の間にも同様の高層ビルが建設予定だ。 これらの現象は、「57丁目の『Race to the Sky』(空に向かった競争)」と呼ばれている。今後、摩天楼の景色が変わっていくのはもちろんのこと、ミリオネアやビリオネアという 『超』富裕層がこの周辺に移り住むため、周辺の店なども劇的に変わっていくだろうと予想される。 日本人がアメリカで不動産を持つことについて、当地で「滝 田不動産」を経営する滝田佳功(よしのり)さんに話を聞くと、「絶対にアメリカで持つべき」と力説。「日本の不動産 は購入した瞬間から目減りしていき、投資家の間では20年も 経つと価値がゼロになるとも言われている。それに対し、目 減りをしないのがアメリカの不動産」と言う。 「20年後には 2倍、3倍にまで膨れ上がるため、投資家は明らかにアメリカへと目が向いている。また両国の税法などを利用し、相続や 税金対策として考えることもできる」。この国で不動産を持 つ利点をこのように語っているように、もし不動産購入を考 えているのなら、アメリカで購入するべきだというのが専門家の見方だ。 さて、気になる「432 Park Avenue」のウェブサイトを見てみると、そこの住民になった気分でパノラマ風 景を確認でき、購入なんて夢のまた夢だとしても充分楽しい。しばしのミリオネア気分に浸るのも良いだろう。 街や風景を変える起爆剤となる同ビルだが、これらの変化を受け付けない住民も中にはいるようだ。周辺住民からは「こんな高過ぎるビルをセントラルパークの近くに建設して、公園内に影を作られるのは困る」という不安や苦情も出ている。 いい意味でも悪い意味でも、このビルがしばらく話題の中心となるのは確かだろう。 (*すべてのデータは、2014å¹´10月現在) > 432 Park Avenue Luxury Apartments…