「日本のパレード」はNYの人の目にどう映ったか?岩倉使節団と野球伝来、日米友好150周年

ニューヨークで14日、日本の伝統や文化を祝う「ジャパンパレード(Japan Parade)」が開催された。 毎年この時期に、日本をテーマにしたイベント「ジャパンデー(Japan Day)」がセントラルパークで行われており、コロナ禍で3年ぶりの開催となった今年は、パレードとストリートフェアの形式で行われた。 今年は、日本の近代化に貢献した岩倉具視率いる使節団が1872年にアメリカを訪問して150周年の節目にあたる。日米交流のさらなる促進と日系コミュニティの強化を図り、当地に感謝の意を表すためにパレードは企画された。 初の開催となった「ジャパンパレード」には、当地を拠点とした文化系サークル、芸術家、スポーツ愛好家、日系企業、アジア系差別撲滅のための活動家など約90団体、2400人が参加し、日本舞踊、空手、剣道、和太鼓、雅楽、神輿などを沿道に集まった人々に披露した。 公民権運動の活動家でもある日系の人気俳優、ジョージ・タケイさんもスペシャルゲストとして参加し、パレードを先導した。また『美少女戦士セーラームーン』のミュージカル版の出演者によるライブパフォーマンスも行われ、沿道からは一際歓声が上がった。 花魁のグループ「Ayame」でパレードに参加した中澤利彦さんは、「着物を日本から取り寄せるなどし、本格的なものをニューヨーカーに見せることができて良かった。沿道から写真もたくさん撮られました」と語った。中澤さんはプロダンサーとしてアポロシアターやブロードウェイに出演した経験を持ち、この日もダンスを披露した。 「侍の所作、そして殺陣という日本の伝統芸術を学ぶ私にとって、フロート車に乗り通りを真っ直ぐ突き抜ける景色を見た瞬間、あたかも自分が150年前に船でここにやって来たかのような気になり、心底感慨深かった」と振り返ったのは、「TATE Hatoryu NY」で参加した三宅由利子さん。 ジェノさんとジャクさんは「New York Lolitas」というロリータファッションを楽しむ仲間31人と一緒にパレードを行進した。「これまで参加した桜祭りなどの日系イベントとはまた違った経験で、とても楽しかった」と語った。 日系の退役軍人の古本武司さんは、ベトナム戦争の出兵で着用した同じジャングルファティーグを着てパレードを歩き、沿道の人々からは拍手がわき起こった。 沿道に集まった2万人超えの人々の目にはどう映っただろうか?パレードを見に来た人にも話を聞いた。 近所に住むジャックさんは友人と息子と一緒にパレードを見に来た。一番印象に残ったものを聞くと「これ」と言って腕を上に伸ばし、手の先をひらひらさせて踊って見せた。 ラジ・ムラリさんは「どのパフォーマンスもすごく良かった。中でも女性5人の太鼓演奏がエネルギーに満ち溢れていて、非常によくコーディネートされていた」と感想を述べた。 日本を訪れたことがあるエンジェルさんも、和太鼓演奏が特に印象深かったようだ。「あとは日本舞踊もね」。 大学生の男性は「小さい時から観ていたから懐かしい」と言い『セーラームーン』のパフォーマンスを印象的なものとして挙げた。 趣味で歌をうたう日系人のサンディ・ダンさんは「ハーレムのゴスペル隊が、黒人歌手のソウルフルなリードボーカルと日本人の美しい歌声で構成されていて、聞くだけでインスピレーションと喜びに満ち溢れた」と語った。 中には、「出発地点で見ていたら、どのグループもなかなか出発せず、動きが停滞していた。ニューヨークはパレード開催に慣れているはずなんだけどね」という意見や、「日本の軽食を食べようとストリートフェアにも寄ってみたら、長蛇の列ですぐに売り切れとなり、何も食べられず残念」という声も一部からは聞こえてきた。 また今年はアメリカから日本に野球が伝来して150年の記念の年でもあり、前日の13日にはメジャーリーグのニューヨークメッツとシアトルマリナーズとの対戦試合が行われたシティフィールドで、日本のヘリテージナイトが行われた。 在ニューヨーク日本国総領事館の森美樹夫大使が始球式を行う予定でマウンドに向かったが、メッツのピッチャー、マックス・シャーザー選手は大使に気づくことなくウォーミングアップの投球をはじめて始球式は行われず、こちらもSNS上で話題となった。地元紙は、同選手が始球式について知っていたか否かは不明としている。 さまざまな声や反響があったが、初の「ジャパンパレード」はニューヨークの人々に日本の文化の素晴らしさを印象付けた。パレードを見た筆者も、強く結ばれた日米関係が揺るぎないもので今後も築かれていくことを感じた。 Text and some photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

海を越え愛され続けるNYの「リトル日本」。思わず息を呑む「ホリデー仕様の絶景」に地元民の反応は

ニューヨークのブルックリン区にあるブルックリン植物園(Brooklyn Botanic Garden)。52エーカー(約21万平方メートル)の広大な敷地には、在住者なら誰もが知る「日本庭園」(Japanese Hill-and-Pond Garden)が併設されている。 この植物園が桜の名所でもあることから毎年春になると「桜祭り」(Sakura Maturi)が開かれ、日本のポップカルチャーファンが着物やコスプレ姿で集まる。ここはいわばニューヨークの「リトル日本」であり、在住日本人にとって心のオアシスのような存在だ。 当地の長く厳しい冬季は、植物が枯れてしまい、日本庭園も注目を集めることはそれほどない。しかし今年は、同植物園で光と音楽の装飾イベント「Lightscape at Brooklyn Botanic Garden」がホリデーシーズンの11月19日から来年1月9日まで開催されている。 日暮れと共に園内の明かりが灯りはじめ、周辺の植物やオブジェが煌びやかにライトアップされ、いつもとは違った顔を見せている。春と秋には桜や紅葉で彩られる日本庭園も、期間中はホリデー仕様だ。 106歳、NYの日本庭園 Japanese Hill-and-Pond Gardenは、アメリカに現存する中でも歴史が長くもっとも人々が足を運ぶ日本庭園の1つとされている。1907年に渡米した造園家の塩田武雄氏が手がけ、1915年に開園した。同植物園によると、当時日本式の庭園が流行し、美術館やホテル、裕福な人々の住宅の庭などに、その美的センスが取り入れられたという。 これまで火事が発生したり、第二次世界大戦下で一時閉鎖されたりするなど苦難の時期もあったが、戦後は日系アメリカ人の庭師、フランク・オカムラ氏が庭園の修復や手入れをし、1世紀以上経った今も地元の人々に愛され続けている。 この日本庭園もホリデーライティング用にお色直しをされているわけだが、神社、鳥居、橋、石灯篭などに装飾が施されている訳ではない。これは植物園サイドからの日本文化に対する最大の敬意であろう。煌びやかにライトアップされているのは周囲の樹木や歩道、池などで、それらのイルミネーションが朱色の鳥居をダイナミックに魅せている。特に夕暮れ時は、夕日のバックグラウンドと相俟って思わず息を呑むほど美しい。来園者の多くがまずここで歩を止め、幻想的な景色に見入っていた。 イルミネーションを見るために訪れた近所に住む女性は、「毎年春の時期に日本の祭りを楽しみに来園するけど、今の時期にこのような神秘的な日本庭園を見たのは初めて」と、うっとりしながらケータイで写真を撮っていた。日本を訪れたことがあるという男性は「ニューヨークにいながらこんな素晴らしい光景を見られるのは嬉しい」と話した。 このホリデーイルミネーションではほかにも、全長1マイル(約1.6キロメートル)の遊歩道に続く10万個以上の電球による光のオブジェやポエムなどを楽しむことができる。 これら枯れ木に「光の花」を咲かせたデザインは国外から地元までさまざまなアーティストや詩人らがクリエートしたもので、イギリスに拠点を置くカルチャークリエイティブ社(Culture Creative)が1つのライトスケープ作品として仕上げた。 植物園の担当者によると、「ライトショーとしてはニューヨーク市内で最大のもの」で、同植物園が行うのも初めての試みだとか。まだコロナ禍の最中だが、巣篭もりしがちなこの季節に「人々に外に出るきっかけとなるような、そしてこれまで当園に足を運ぶことのなかった人々への訴求にもなるような『ワォ』と思わず声を上げる真冬の目玉アトラクションとして計画に3年の年月を費やし、満を辞して今年やっとお披露目が叶いました」。 当地にはほかにも、世界一有名と言われるロックフェラーセンターのクリスマスツリーが今月1日から点灯され、多くの観光客が足を運んでいる。アメリカ最大のイベント、クリスマスを今週に控え、ニューヨークはホリデームードが一層高まっている。 * 筆者が撮影した光と音楽の装飾イベント「Lightscape at Brooklyn Botanic Garden」の動画 Text and photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

ヘルズキッチンを東京で例えるならば?治安は実際どうなの?犯罪発生率を徹底的に調べてみた

これまでニューヨークの中では、どちらかというとそれほどスポットライトが当たるエリアではなかったヘルズキッチン。しかし小室眞子さんと圭さん夫妻がこの地区に新居を構えたことで、日本から一気に注目を集めることとなった。 ヘルズキッチンを東京で例えるならば・・・ ヘルズキッチンについては、さまざまな憶測が飛び交っている。まず一部の報道にあるような「おしゃれ地区」というのは本当か? 近年はジェントリフィケーションが進み、特にハドソン川沿いにはいくつか高層ビルも新築されるようになった。しかし今でもヘルズキッチンに多くあるのは築100年前後の古い低層ビルで、住民も最近流入した新顔というよりは昔からずっとこの地で暮らす人たちだ。まるで下町のような雰囲気といったところか。 ニューヨークを代表するような店や若者が集まったり、最先端の文化が発信されたりしているおしゃれ地区とは異なり、米不動産大手コーコランの松村京子さんは「気取りのない雰囲気」と表現する。東京で表すならば? 「どちらかと言うと、中野区のようなイメージが近いかもしれません」 治安、本当のところは? 治安に関して、大事件だけを切り取った一部の報道を見て心配する声が聞こえてくる。 ヘルズキッチンは隣接するタイムズスクエアのきらびやかな都会の陰に隠れ、これまで雰囲気がそれほど良いとは言えなかった・・・。しかしそれは、地下鉄車両が落書きだらけで、タイムズスクエアが売春婦やポルノショップで溢れる風俗街の一面もあった時代の話だ。 90年代半ばから、当時の市長、ルディ・ジュリアーニ氏が掲げた治安改革により、タイムズスクエアが世界的観光地へと様変わりし、それと同時にヘルズキッチンの治安も改善された。近年は、手付かずだった更地の再開発も進められている。 またこの界隈は、ブロードウェイのショウが始まる夕方以降から賑わいを見せ始める。観光客で人通りが多いため、目立った犯罪はそう多くは聞こえてこない。 その一方で、「今でも汚くて治安の悪い通りもある」と地元住民は言う。「パンデミックでホームレス風の人が増え、物乞いをされた」「怪しい雰囲気の場所もあり、歩く際は注意をしている」という声も聞こえてきた。 パンデミック以降、市内で増えたアジア系の住民をターゲットにした犯罪も、この地でいくつか発生した。 例えば今年3月、65歳のフィリピン系女性が昼間、通りを歩いていたところ、見ず知らずの38歳の男からすれ違いざまに殴る蹴るの暴行を受けた。さらにショッキングだったのは、事件が発生した通りの前にあるアパートメントビルのドアマンが、女性を助けるどころか見て見ぬ振りをし、ドアを閉めたことだ。その一部始終が監視カメラに記録され、人々を震撼、​​憤怒させた。 その2ヵ月後の5月には、31歳の台湾系の女性が友人と夜道を歩いていたところ、ホームレスの女にハンマーで襲われて怪我をする事件も発生した。 また人種は不明だが、つい先週も62歳の男性が早朝の路上で、集団暴行を受ける事件が起きたばかり。 実際に筆者がヘルズキッチンで危ない目に遭ったことは一度もないが、都会に近い分犯罪やいざこざも多いのかもしれない。ここに居を構えるならば、通りや時間帯によっては十分注意が必要になってくるだろう。(どの地域でも言えることだが) 統計で見えてきたもの ニューヨーク市内の犯罪率については、NYPD(ニューヨーク市警察)による戦略管理システム「コンプスタット (CompStat)」を参照することでだいたいの傾向がわかる。NYPDはコンプスタットを基に、警官の数や配置を決定し、犯罪削減のための戦略を立てているのだ。 そのコンプスタットで、ヘルズキッチン地区は「ミッドタウンノース管区」として位置づけされている。事件発生数の統計は以下の通り。 ミッドタウンノース管区 上半分で、最近(11月8日〜14日)の傾向がわかる。 上半分の右側はそれらを2年前、11年前、28年前と比較した数字。これを見るといずれも、犯罪数は減少傾向にあることがわかる。 ほかに注目すべきは下半分だ。 2020å¹´ 殺人件数4 レイプ件数14 強盗件数136 …などで総数1701件 この数字が多いか少ないか、比較対象がないとなかなか判断が難しいだろう。 ちなみにニューヨーク市内でもっとも治安がよいとされているエリアの1つ、マンハッタンのサットンプレイス(Sutton Place)地区のある第17警察管区はどうか。 第17警察管区(最新版) 2020å¹´ 殺人件数0 レイプ件数13 強盗件数64 …などで総数953件 逆に、市内でもっとも犯罪率が高い傾向にあるのはブロンクス区で、昨年から今年6月にかけて、もっとも重犯罪率の高かった管区はいくつかあるが、その中でも1つの例として、第44警察管区の統計はどうか。 第44警察管区(最新版) 2020å¹´ 殺人件数14 レイプ件数35 強盗件数414 …などで総数2318件 結局のところ、ヘルズキッチン地区の事件の発生率は市内で飛び抜けて高いということではないが、犯罪発生率が低いほかの地区に比べると繁華街に近い分、やや高めの傾向にあるようだ。 またヘルズキッチン地区と一言で言っても、実際には割と広範囲に及んでおり、傾向としては、ヘルズキッチンの北部より南部の方がより犯罪発生率が高いようだ。 コンプスタットではいずれの管区も1990年と2020年を比べると、20年の方が犯罪率が減少していることがわかる。一方でこれはヘルズキッチンに限らずニューヨーク全体で言えることだが、昨年以降、タイムズスクエアやグランドセントラル駅、人気のステーキ店など、観光客が多く集まる人気スポットでも、銃撃殺傷事件がたびたび発生しているのもまた事実だ。 決して恐れすぎる必要はないが、夜間や人通りの少ないエリアを歩く際は十分な注意が必要になってくるだろう。 関連記事 小室夫妻で大注目「ヘルズキッチン」てどんな街?住みやすい?在住者が教える「地元とっておき情報」 【NY治安悪化】タイムズスクエア、ピーター・ルーガー … 人気観光地で連続の発砲事件…

小室夫妻で大注目「ヘルズキッチン」てどんな街?住みやすい?在住者が教える「地元とっておき情報」

ニューヨークに移住したばかりの小室眞子さんと圭さん。到着早々、米英のタブロイド紙が2人の新居について報じた。 移住前、2人の新居は閑静な高級住宅地、アッパーウェストサイドにある家賃80万円の2ベッドルームになるのではないかという憶測が飛び交っていた。しかし英デイリーメールの第一報や米ニューヨークポストの続報によると、2人が移り住んだのはヘルズキッチン(Hell’s Kitchen)地区にある、2017年に完成したばかりの高層アパートで、1ベッドルームタイプだという。 その住居ビルの高層階からはハドソン川を眼下に望み、セントラルパークやタイムズスクエアなどが至近の好立地だ。報道によるとビル内には、バーベキューや卓球などができる屋上デッキのほか、ジム、スパ、ヨガスタジオ、ビリヤードやゴルフシミュレーター、書斎なども完備されているラグジュアリーな建物という。 家賃はフロア(何階に位置するか)、間取り、広さなどによって異なるが月4300ドル(約49万円)からあり、1ベッドルームは4809ドル(約55万円)から、2ベッドルームは7085ドル(81万円)からのようだ。 1ベッドルームの物件とは? 通常の1ベッドルームとは、リビングルームのほかに個室のベッドルーム(寝室)のある住居タイプを指す。 ベッドルームがない(壁で仕切られていない)住居をストゥーディオ(スタジオ)と呼び、ベッドルームが2つある住居は2ベッドルーム、3つあれば3ベッドルームと呼ぶ。グレードの高い住居ビルは、来客用とは別に、ベッドルームごとに専用バスルームが併設されていることもある。 ヘルズキッチンってどんなネイバーフッド? ヘルズキッチンはマンハッタン区ミッドタウンの西側、セントラルパークからは南西側に位置する地区。(当初候補地として噂されたアッパーウェストサイド地区はそれより北方で、セントラルパークの西側に位置する) ヘルズキッチン地区にある住居の多くは規制により、ウォークアップ(エレベーターなし)の低層ビルが多い。すぐ南には再開発地区のハドソンヤードがあり、近年新築の高層ビルが周囲に増えつつある。 徒歩圏内には(ヘルズキッチン地区ではないが)セントラルパーク、ブロードウェイミュージカルの劇場街、カーネギーホールやMoMA(近代美術館)などの文化・芸術施設、複合商業施設のあるコロンバスサークル、これからの季節はクリスマスツリーで有名なロックフェラーセンターなど、ニューヨークを象徴するものが点在している。 筆者にとってヘルズキッチンと言えば、最初に頭に浮かんでくるのはレストランロー(Restaurant Row)だ。 レストランローとは多国籍な飲食店が連なる、46丁目と8番街と9番街の間にある通りのこと。劇場街に近いため、人々は観劇前後にレストランローや9番街に立ち寄って空腹を満たす。 筆者が知らないこともあるかもしれない。大手不動産会社のコーコランに勤務する松村京子(けいこ)さんにヘルズキッチン地区について尋ねてみた。 松村さんは、「ニューヨークの文化を代表するようなところはなく、超便利でも超高級でもなく、なんとなくちょこちょことある感じの地域」と表現する。「特徴としては、気取りのない雰囲気ということかもしれません。人気エリアと違い、好んで移り住む若者はそれほど多くないですが、2人にとってはそれがよかったのかもしれません。フォーダム大学ロースクールも近くですから小室さんがこの辺に慣れているのでしょう」。 松村さんは中でも、9番街が特にオススメと言う。「決しておしゃれな雰囲気はないが、ハイチやタイなど国際色豊かな安くて美味しいレストランがそろっていて、毎年開催されるストリートフェスティバルには必ず足を運ぶほどです」。また余談だが、当地のLGBTQの人々が集まるのはチェルシー地区などだが、「近年ヘルズキッチンは大人のゲイの人々に大注目されているんです」と、地元ならではの情報も教えてくれた。 実際に住んで見えてくる街の魅力もあるかもしれない。ヘルズキッチンに長年住んでいる日本人にも話を聞いた。 ニューヨーク在住歴30年で、18年住んでいるヘルズキッチンでは子育てもしてきた​​箏奏者の石榑雅代さんは、「とにかくどこに行くにも便利で、非常に生活がしやすい場所です」と太鼓判を押す。 日本人も最近増えていると感じるそうだ。「特に子連れの若い人をやたらと見かけるようになりました。公園でよく見るので、きっと近所に住んでいるのでしょう」(石榑さん) ニューヨーク在住歴40年、ヘルズキッチン歴8年のコーディネーター、青木はじめさんによると(住んでいる南西部からは)最寄り駅がやや遠く、中には汚くて治安の悪い通りもあるそうだが、それでも「すぐ近くにハドソン川やそれほど店が密集していない場所があって解放感がある。それでいて密集地にも近い利便性が魅力」と語る。 ズバリ、日本人にとって住みやすいエリアかどうかについては、「個人的にはとても住みやすく気に入っています」(石榑さん)。「日本人でも好みは人それぞれでしょうが、日本食レストランも多く日本の食材も調達でき、都会の生活に慣れている人にとっては良いエリアだと思います」(青木さん) 最後に在住者として、ニューヨークで新生活を始めたばかりの小室夫妻へメッセージを聞いた。 「生活の変化に対応するのは大変なことだと思いますので、周りが静かに見守って差し上げてほしい。素敵な新婚生活をお祈りしています」(青木さん) 「庶民には決してわからない苦労がたくさんあると思いますが、幸せになる権利があるし幸せになってほしいです。自分で決めた人生ですし他人は関係ないです。周りのいろんな意見を気にしすぎず、ただただ自分の目標に向かって進んでほしい。年齢的に自分の子どものような彼らの門出を心から応援したいです」(石榑さん) 「人種の坩堝ニューヨークでの結婚生活、最初は戸惑うこともあると思いますが、在住の日本人も含めニューヨーカーは寛大です。2人でいればさまざまな苦労を乗り越えるエネルギーが必ず湧き出てくる、ニューヨークはそんな街です。ここが2人の第二の故郷となり、人や文化と共に好きになってくれたらニューヨークが大好きな先輩として嬉しい限りです」(松村さん) Text and photos by Kasumi Abe(Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止