クオモ氏辞任 「最後の置き土産」として残していったもの

ニューヨーク州では23日、セクハラ問題を受けアンドリュー・クオモ氏が知事職を退き、副知事だったキャシー・ホークル氏が翌24日、57代知事として就任した。 ホークル新知事は同州初の女性知事として注目されており、新政権において女性2人を主要な上級職に任命したと発表した。州ではデルタ株による新型コロナウイルス感染が再拡大しており、ホークル政権にとっても、コロナ対策が就任後の大きな課題となる。 クオモ氏とは犬猿の仲と言われたニューヨーク市のデブラシオ市長は24日の午前0時01分、「世界でもっとも素晴らしい都市」と、目の上のこぶとも言える知事の退任と新たな時代の到来を祝うかのような、思わせぶりなツイートをした。 クオモ氏は事前録画した退任スピーチの最後で、「次の市長、エリック・アダムス氏が新たな希望をもたらす(新知事と新市長により心機一転を図る)」と明言しため、そのコメントへの当てつけかもしれない。 2011年から10年間にわたって遂行してきた知事職を退いたクオモ氏だが、在職最終日に、殺人罪などで有罪判決を受けた受刑者など6人に恩赦を与えたことがツイッターで明かされ、米ヤフー!ニュースや地元紙ニューヨークポストなどでも報じられた。 その中には、3人の死者を出したブリンクス(セキュリティ企業)現金輸送車強盗事件に関与した76歳の男性受刑囚の出所放手続きも含まれる。 「6人に恩赦を与える。これらの人々は反省し、更生し、地域社会に貢献している」と在任最終日のツイート。 デビッド・ギルバート(David Gilbert)受刑囚(76歳): 左翼過激派のテロ組織、ウェザー・アンダーグラウンド(ウェザーメン)のメンバーだった同受刑囚は36歳だった1981年、ナイアック警察の巡査部長、巡査、ブリンクの警備員の3人を殺害し、3件の第2級殺人罪、4件の第1級強盗罪有罪判決を言い渡され、2056年まで仮釈放の可能性がない75年以上の終身刑に服していた。同受刑囚の息子であるサンフランシスコ地方検事、チェサ・ブーディン(Chesa Boudin)氏は、同受刑囚の釈放をクオモ氏に働きかけていたという。 クオモ氏は同受刑囚について、「服役中にエイズ予防教育への多大な貢献や、家庭教師、法律図書館の事務員、パラリーガルのアシスタント、教師の補助員などさまざまな業務の実績が称賛に値」が恩赦の理由だとした。 恩赦を受けた同受刑囚は、すぐには釈放されず、今後ニューヨーク州仮釈放委員会に出頭する予定だ。 グレッグ・ミンゴ(Greg Mingo)受刑囚(68歳): 1980年、当時27歳だったミンゴ受刑囚は、クイーンズ区の夫婦強盗殺人事件の犯人で、1983年から50年の終身刑で服役していた。家族は、同受刑囚の有罪判決について不十分な弁護活動によるものだと、長年無実を主張していた。クオモ氏は、同受刑囚について「服役中にGED(高校卒業同等と認定)およびパラリーガルの資格を取得し、献身的で尊敬に値するピアカウンセラー(として更生した)」と評価した。 ロバート・エーレンバーグ(Robert Ehrenberg)受刑囚(62歳): 1992年、当時33歳だったエーレンバーグ受刑囚は、強盗および男性を射殺し、50年の終身刑で服役中だった。クオモ氏は同受刑囚について、服役中に大学を卒業し、慈善事業のボランティア活動を行ったことを評価した。 ユリシーズ・ボイド(Ulysses Boyd)受刑囚(66歳): 1986年、当時31歳だったボイド受刑囚は、ハーレムの麻薬密売所で起きた殺人事件に関連し、第2級殺人罪で有罪判決を受け服役中だった。 ポール・クラーク(Paul Clark)受刑囚(59歳): 1980年、当時18歳だったクラーク受刑囚は、ブルックリン区のブロックパーティーで17歳の少年を射殺し、第2級殺人、殺人未遂、武器所持の罪で有罪判決を受けた。同受刑囚は同年、タクシー運転手の殺人と強盗未遂でも有罪判決を受け服役中だった。 ローレンス・ペンIII(Lawrence Penn III): 投資家から900万ドル(約9億円)以上を盗んだ罪を2015年に認め、2年間服役したプライベート・エクイティ企業、Camelot Acquisitionsの創業者。クオモ氏はペン氏にも恩赦を与えた。 クオモ氏はこれらに加え、先週も10人の重罪犯(うち3人は殺人犯)にも恩赦を与えていた。クオモ氏は10年間の在任期間中、合計で41件の恩赦要求を認めたことになる。支持者らは、ホークル新知事にも同等以上のペースで恩赦を与えることを求めている。 もちろん反論もある。ニコール・マリオタキス(Nicole Malliotakis)議員は「クオモ氏はニューヨーカーにさらなる餞別を残した…さらに5人の殺人者を街中に放った」とツイートし、クオモ氏の減刑措置を非難した。 そもそも極悪犯に、恩赦はなぜ必要なのかということだが、法務省のウェブサイトにはこのように書かれている。 裁判で有罪の言渡しを受けた人たちが,その後深く自らの過ちを悔い,行状を改め,再犯のおそれがなくなったと認められる状態になった場合などには,被害者や社会の感情も十分に考慮した上で,残りの刑の執行を免除したり,有罪裁判に伴って制限された資格を回復させたりということが行われます。 このように恩赦は,有罪の言渡しを受けた人々にとって更生の励みとなるもので,再犯抑止の効果も期待でき,犯罪のない安全な社会を維持するために重要な役割を果たしているといえます。 これらの記事にも詳しく書かれている。 元特捜部主任検事、前田恒彦さんのヤフーニュース個人の記事「恩赦と懲戒免除 なぜあるのか」 恩赦とは、特別な恩典として罪を赦(ゆる)すというもので、行政や立法といった裁判所以外の判断により、刑事裁判の内容やその効力を変更させたり、消滅させるという制度だ。 例えば、2018年に限っても、アメリカのトランプ大統領が人種差別で服役した黒人初の亡きボクシング・ヘビー級王者に恩赦を与えて名誉回復を図ったり、マレーシア国王が同性愛行為で服役していた元副首相に恩赦を与えて釈放したり、ミャンマー大統領府が政治犯36名を含む服役中の受刑者8541名に恩赦を与えたことが広く報じられた。 「退任直前のオバマが、駆け込み「恩赦」を急ぐ理由」(ニューズウィーク 山田敏弘氏) アメリカでは大統領が犯罪者に対して恩赦を与えることが伝統になっている。 元オバマ大統領の減刑措置は1023件以上。囚人を無罪放免にして釈放できる完全な恩赦などは70件以上。 ロナルド・レーガン大統領は、ニューヨーク・ヤンキースのオーナーで違法な選挙資金を提供したとして起訴されたジョージ・スタインブレナーに恩赦を与えた。ジョージ・H・W・ブッシュ大統領(父ブッシュ)はイラン・コントラ事件に関与した国防長官などに恩赦を与えている。もっとひどいのはビル・クリントン大統領で、クリントンは違法薬物で1年服役していた自分の実弟に恩赦を与え、またクリントン夫妻の汚職疑惑であるホワイトウォーター問題で有罪になった人たちも赦免し、公私混同と批判された。 「トランプ米大統領、側近29人に恩赦や減刑 マナフォート元選対本部長ら」(BBCニュース翻訳記事) ドナルド・トランプ米大統領は23日、元選対本部長のポール・マナフォート受刑者(71)ら側近29人に恩赦や刑の減免を与えた。 ご多分に漏れず、アメリカの伝統である置き土産(恩赦)を残してオフィスを去って行ったクオモ氏。右腕だったメリッサ・デローザ氏が23日に発表した声明によると、退任後は娘3人を含む家族との時間や、在任中はあまりできなかったであろう釣りに行くのを楽しみにしているという。特に昨年以降は新型コロナ対策のため休みなく州民のために尽力してくれていたから、しばらくゆっくりしながら今後のことについて考えるようだが、いずれにせよ自分のオフィス(政権)を持つことについては懲りたのか、「興味がない」と答えている。 過去記事 メッキが剥がれた元ヒーロー・NY知事がセクハラ辞任。CNNまで非難され騒動が収まらないワケ 理想のリーダーはどこへ? クオモ州知事の思わず耳を塞ぎたくなる「隠蔽疑惑と脅迫」 「クオモ知事は特権を乱用し、セクハラ・パワハラを常習化した」被害女性が赤裸々告白。市長も眉ひそめる Text by…

「クオモ知事は特権を乱用し、セクハラ・パワハラを常習化した」被害女性が赤裸々告白

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が窮地に立たされている。 パンデミック以降のこの1年間、クオモ知事のリーダーシップは特に目を見張るものがあった。感染状況を抑えるために、州民のために最大限に尽力してくれたとは思う。 なのに、ここに来てさまざまなスキャンダルが浮上している。 一つ目は、州政府の組織ぐるみによる、介護施設の死者数隠蔽の疑惑。 二つ目は、クオモ知事による、州議会議員への脅迫疑惑。 参照記事 理想のリーダーはどこへ? クオモ州知事の思わず耳を塞ぎたくなる「隠蔽疑惑と脅迫」 騒動はこれだけで収まらなかった。 ここにきて、なんとセクハラ疑惑まで浮上しているのだ。しかも長期にわたって、クオモ知事の周りでは「常習的」に行われてきたことのようだ。 クオモ知事のセクハラ疑惑とは? 事の発端は、マンハッタン区長に立候補しているリンジー・ボイラン(Lindsey Boylan)氏が、昨年12月に発信したツイートだ。彼女は2018年まで、クオモ知事の補佐官として州の経済開発局で働いていた。 ボイラン氏は高校時代、母親が職場で上司からセクハラを受けたことで、世の中にセクハラ問題が蔓延していることを知った。なかなか解決できない複雑な問題だが、加害者に対して屈することなく、闘うことを決めたと言う。 その上でこのようにツイートで告白した。 クオモ知事 @NYGovCuomo は私に対して、数年にわたりセクハラをしてきた。たくさんの人がそれを見た。自分の身や仕事が、一体どうなってしまうのかわからなかった。 これまで世代を超えて数え切れないほどの女性が犠牲になってきた。 ほとんどが声を上げられなかった。私は一部の @NYGovCuomo のような権力を乱用する男が嫌い。 州のトップによる人物からの性的嫌がらせが長期にわたって続いたことで、自身の職務にどう影響を及ぼすか不安だったであろう、当時の辛い胸の内を語った。 しかもセクハラを受けたのは、ボイラン氏だけではなかったようだ。このツイート後、ボイラン氏のもとに2人の女性から連絡が入り、同様にクオモ知事からパワハラ、セクハラまがいのことを受けたと告白されたという。 この時、クオモ知事は記者会見で「事実ではない」とボイラン氏の告白を一掃したため、当時メディアも大きくは取り上げなかった。 しかし今回、クオモ知事のさまざまなスキャンダルが浮上する中、再びボイラン氏が声を上げたことを、ニューヨークタイムズなど米主要メディアは見逃さなかった。ボイラン氏が24日、オンラインメディアMediumで発表した手記には、クオモ知事によるセクハラ&パワハラ疑惑の詳細が書かれている。 在職中にボイラン氏はクオモ知事から、上司を介して気持ちを告げられたり、州専用機内で膝が触れ合うほどの距離に座り「ストリップポーカーをしよう」と誘われたりと、州でもっとも権力のある異性からの「居心地の悪い言動」を受け、それはしばらく続いたという。 そして知事からの手招きだろうか、ボイラン氏は18年、経済開発副長官および知事特別顧問に昇進し、より知事と近い距離で任務にあたるようになった。 ある日、マンハッタンのオフィスでクオモ氏と2人きりで会議となり、終了後に会議室から出ようとしたところ、クオモ氏から承諾なしに突然口にキスをされたという。ボイラン氏はその場をすぐに離れたが、その日から通勤するのが苦になったという。彼女は同年9月に辞職をした。 ほかにも手記には、「知事から好意を寄せられた女性は(不快にさせぬよう)正しい対応を求められた」「無言の脅迫のようなものを知事は駆使し、女性を恐れさせて口を開かせないようにした」「知事特権を乱用し、セクハラを常習化した」「被害を受けても、多くの人は恐くて発言できない」「知事はセクハラやいじめ文化(パワハラ)を政権内に蔓延させ、それらの悪習が容認されるだけでなく期待されるような文化を生み出した」と、ショッキングな証言が書かれている。 また先日クオモ氏に脅迫をされたとするロン・キム州議会議員について、「守ってあげなければ、彼は仕事を奪われるだろう。それが(クオモ)政権のやり方だ。その中で働いていたのでわかる」と警告した。 手記を発表した理由について、「知事を尊敬してきた。仕返しをしたい訳ではない」と言う。容姿の言及を含むクオモ氏の不適切な言動や性的嫌がらせは、ほかの同僚や過去に関係のあった女性にも及んでいたようだが、ボイラン氏は現職の女性に迷惑をかけたくないとし、あくまでも「自分の体験記」であることを強調した。 「虐待的な行動をやめてほしいだけだ。怖くて声を上げられなかった人もいる。私の経験を些細なこととして受け流す人もいるだろう。でも私は、陰で悪行をする権力者をいくらでも知っているし、それについて黙っていられない」 この疑惑について、ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、再び眉をひそめている。 25日の定例会見で、記者にクオモ知事のセクハラ疑惑について問われた市長は、「到底許されるものではない」として、州政府が関わらない独立した調査団による徹底的な調査の必要性を強調した。 市長は数日前も、キム氏の脅迫疑惑について「(知事による)パワハラまがいのいじめは今に始まったことではない」「自分は訴えた側を信じる」と、キム氏を支持する姿勢を見せていた。 女優で#MeToo運動の活動家、ローズ・マッゴーワン、さらにセクハラ撲滅運動の支援基金「タイムズ・アップ」を通してアシュレイ・ジャッドやエヴァ・ロンゴリアらも、セクハラ疑惑についてクオモ知事の調査を呼びかけた。 一連の騒動により辞任を求める声が上がっているが、クオモ政権の報道官はボイラン氏の発言を事実無根と否定し、専用機内での会話を否定した4人の補佐官の共同声明も発表した。一方でニューヨークタイムズ紙の取材では、セクハラの事実があったとする証言が匿名で出ている。肝心のクオモ氏からはコメントがない。 ニューヨークは、新型コロナの感染拡大、ワクチン配布の遅れ、経済低迷、高い失業率、治安悪化など、解決せねばならない最優先課題が山積みだ。州のトップによる死者数隠蔽、脅迫疑惑に加えセクハラ&パワハラ疑惑まで浮上したことで、州民にとって頭痛の種がまた1つ増えた。 (Text by Kasumi Abe  Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

理想のリーダーはどこへ? クオモ州知事の思わず耳を塞ぎたくなる「隠蔽疑惑と脅し」

ニューヨーク州はこの1週間、アンドリュー・クオモ知事を取り巻くスキャンダルで持ちきりだ。 クオモ氏率いる州政府が、新型コロナ禍における高齢者介護施設の死者数を隠蔽したとされる疑惑をめぐって、証拠収集のための弾劾委員会が結成されることが、州議会共和党員により18日に発表された。17日には、FBIと州東部地区連邦検事局による調査が開始したことも報じられている。 事の発端は先月、州司法長官のレティシア・ジェームズ(Letitia James)氏が、昨年3〜8月の高齢者介護施設での新型コロナによる死者数が、州により大幅に過少報告されていたと指摘する報告書を公表したことによる。 新型コロナによる州内の死者数は、4万5807人に上る。うち40%近くが介護施設の入居者とされる。 介護施設での死者数は今月10日の時点で1万3297人、16日の時点で1万3432人(総合的にあらゆる介護施設も含めると1万5049人以上)とされているが、先月18日の時点の公式な発表は8711人だった。 クオモ知事のトップ補佐官、メリッサ・デローザ(Melissa DeRosa)氏は今月10日、州議会の民主党議員らとのビデオ会議中に「死者数のアップデートを“凍結”していた」ことを認め、謝罪していた。大統領だったトランプ氏がツイッターを通して昨年8月、「州の対応が悪いため、介護施設入居者が殺されている」と言っていたころだ。デローザ氏が「(正しい)死者数を発表することで連邦政府による攻撃材料になりかねず、司法省による州政府の調査を回避するためだった」と釈明したことを、翌11日にニューヨークポストが報じた。 これらの疑惑に対して、15日にクオモ氏は会見を開き、釈明した。州保健局が、介護施設の入居者が病院で死亡したケースを明らかにしなかった結果であり透明性を欠いてたことを認めたが、正しい数字の追加作業は忙殺により「空き」ができ「後回し」となっただけだとし、「我々はいつも事実と科学的根拠に基づいている」と隠蔽疑惑を全否定した。 騒動はこれだけに止まらない。 クイーンズの州議会、ロン・キム(Ron Kim)議員がクオモ氏から電話があり、これらの騒動を封じ込めるような協力をするように脅されたと告発するなど、きな臭い話がボロボロと出ている。 新型コロナにより叔父が介護施設で亡くなったキム氏は、10日のビデオ会議に参加した1人で、隠蔽工作をめぐって州を激しく非難していた。クオモ知事からの電話は、翌11日夜のことだった。キム氏によると、クオモ氏は最初沈黙から始まり「あなたは立派な男か?私はあなたがどんなにあくどいか世間に伝えることができる。あなた(の政治家人生)はそこで終わりだ。破壊される」と言いながら、怒鳴り声を上げたとされる。その後も何度も執拗に電話をしテキストを送ってきたという。 これについてクオモ氏の広報官、リッチ・アッツォパルディ(Rich Azzopardi)氏は事実無根だと否定したが、犬猿の仲とされるニューヨークのビル・デブラシオ市長は、キム氏の発言を信じる旨を記者会見で表明した。クオモ氏からのコメントは発表されていない。 クオモ知事はこれまで、多くの州民にとってヒーロー的な存在だった(はずだ)。パンデミックになった昨年3月以降、毎日記者会見を開き、「事実」のみを公表するスタイルを通し、州民が過度に恐れることなく冷静に状況を判断できる道筋を開き、ここまで導いてきた。頼れるリーダーとしての手腕を発揮してきたことで、「次期大統領にもなれる素質のある真の指導者」、(離婚後独身であることから)「クオモセクシャル」などと、メディアに異常なまでに持て囃された時期もある。 一方、ロックダウンをし、飲食店への厳しいルールを設けたことで、労働者からは常に非難の的となってきた。 今回なぜこれほど、昨年の介護施設での死者数が問題になっているのか。それは3月以降、医療崩壊を避けるために、州の方針で新型コロナで入院し回復傾向にある9000人以上の患者を病院から介護施設に移し、これが介護施設死者数の増加に繋がったのではないかと、たびたび批判の的になってきたからだ。 そのたびに知事は「介護施設内での感染の多くは、入居者同士ではなく施設で働くスタッフからであり、介護施設での死者6300人(当時発表)には関係しない」「死亡したのが病院か介護施設か、誰が気にするのか?」などと発言し、批判を一掃していた。 州保健委員のハワード・ザッカー(Howard A. Zucker)博士も記者会見で、患者を移した判断は「正しかった」と説明した。知事が言うような死者数更新の「遅延」は組織ぐるみによるもののようだ。 この一連のニュースについて、あるニューヨーク市民はこのように呟いた。「あれだけ多くの感染者と死者数を出し続け、なぜメディアが持ち上げてきたのか理解できなかったけど、ようやくメッキが剥がれてきたということではないかな」。 「真実」だけを伝えてきたとされるクオモ知事。彼にとって、その真実とはどんなものなのか? 関連過去記事 コロナと闘った111日 NYクオモ知事が第1波収束宣言(ウイルスとの共存は続いていく・・・) (Text and photo by Kasumi Abe  Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止