NYで銃の携帯が禁止…観光は安全?なぜ人は銃を持ちたいのか、ニューヨーカーの証言

銃撃事件が多発しているアメリカ。ニューヨーク州では9月1日より、銃規制を厳格化する改正法が施行される。 新たな改正法には、コンシールウェポン(外から見えないように隠して持ち運ぶ武器)所持申請の厳格化や、タイムズスクエアなどの銃所持禁止区域の指定も含む。 ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は記者会見で「市内で発砲事件は、今年はすでに900件(924件)近く起こり、犠牲者は1000人以上(1115人)にも上る」と現状を悲観し「880万人の市民の安全を守っていく」と決意を新たにした。 関連記事 コロナ禍以降、市内の中心地や観光地でも銃撃事件が度々発生するように…。 【NY治安悪化】タイムズスクエア、ピーター・ルーガー … 人気観光地で連続の発砲事件 銃所持に関してアメリカでは、合衆国修正第2条(Second Amendment:1791年成立)で、自由な国家と安全のために国民が自衛のための武器を保有し携行する権利を侵してはならない、と定められている。 ただし人口密度が高い都市を擁する州(ニューヨーク、ニュージャージー、カリフォルニア、ハワイ、メリーランド、マサチューセッツなど)では、比較的銃規制が厳しく、これまでも独自路線を進んで来た。 例えばニューヨーク州の銃規制法では1世紀も前から、銃保持や携帯に厳しい資格要件が課されていた。しかし今年6月23日、連邦最高裁がこの州法について6対3で違憲であり無効との判決を下したのだった*。 関連記事 最高裁の保守派6人の判事により、自衛のために公共の場で拳銃を携帯する権利は、憲法で保障されているとの判断(NY州法の覆し)が示された。「ロー対ウェイド判決の覆し」と同じ時期だ。 米最高裁「中絶禁止:ロー対ウェイド判決の覆し」なぜこれほど論争になっているか。米国人視点で考える この決定により、自衛のための銃を自宅で所有する権利が自宅外(公共の場)にも拡張されたのだが、9月1日に施行されるニューヨーク州の改正法では、人々の安全を守るために、その一部が覆されることになる。 この改正法では、申請者は銃の16時間の実地訓練を受け、3年分のソーシャル・メディアの情報を提出するなどし「自衛のための銃を所持するに値する善良な人物か」の審査を受けることになる。 また9月4日に施行する別の法律では、半自動小銃の購入年齢がこれまでの18歳から21歳に引き上げられる。 関連記事 アメリカの多くの州では、10代の人々も銃を手にすることができる。 改正法施行前の駆け込みとして、多くのニューヨーカーがコンシールウェポンの許可申請を急いだようだ。 CBSニュースによると、8月だけで9187人が銃所持許可証のバックグラウンド・チェックのため、州に指紋採取を申請。同様の申請数は昨年同月の3187人を大きく上回った。また6月の最高裁の判決以降、銃の許可申請はニューヨークポストによると54%も急増し、CBSによると新規で1100件の銃(ライフルなどではないハンドガン)の申請が受理された。 NY観光は安全か? 改正法により、銃の携帯の禁止エリアとして、タイムズスクエアのほかにも、地下鉄、公園、教会や礼拝所、学校、バーや娯楽施設など人が集まる場所が定められた。 とは言え、法律でいくら禁止されたところで、法律を破って罪を犯す者は後を絶たない。よって安全か否かは何とも言えないが、筆者は当地に20年住み、1度たりとも自分の耳で本物の銃声を聞いたことがないというのもまた事実(一度、銃声っぽい音がした際、友人に「銃声?」と聞くと「花火だよ。銃声はもっと乾いた音がする」と教えてもらったことがある)。 ニューヨークでは銃がらみの事件のみならず、殺傷事件や窃盗、レイプなどさまざまな事件が起こりうる。観光の際には周りに注意を払いながら、恐れ過ぎず、自分の身は自分で守るべし。 関連記事 今年、銃を初めて手に入れたニューヨーカーの証言 最後に、銃が飛ぶように売れている昨今のニューヨークの情勢を反映するかのように、筆者の周りでも、新たに銃を手にした人が1人いるので、そのエピソードを添えておく。 筆者は夏の間、友人が自宅の裏庭を使って開催するバーベキューパーティーに、たびたび呼ばれることがある。そのようなパーティーに何度か顔を出すようになって、顔見知りになった60代くらいの夫婦と先日話をしていたときのこと。 妻にあたるHさんが、今年、人生で初めて銃を手にし、自宅に所持するようになったと話しだし、筆者は少し驚いた。治安悪化の一途を辿る市内、特に筆者の住居ビルの治安を心配し、Hさんが筆者に「銃を持つことは考えないの?」と聞いてきたのがきっかけだ。「え?銃所持なんて考えたことがなかった…」と筆者は答えた。実際に筆者の自宅は警察署から目と鼻の先なので、緊急事態が発生しても5分以内に出動してもらえたことが実際にある。Hさんは続けた。「私だってこれまで銃を持つなんて考えもしなかった…」。 Hさん夫婦がその年齢にしてなぜ初めて銃を持とうと思ったかというと、2020年のジョージ・フロイドさんの事件がきっかけだという。BLM運動は全米中に瞬く間に広がり、抗議デモ、店舗の略奪、破壊行為が相次いだ。「警察の注力がその騒ぎに行き手一杯になっているのを見て、いざ自分の自宅や敷地内で何か起こったとしても警察はすぐに来てくれないだろう、と怖くなった」と話した。確かに夫妻は、警察署が近くにない郊外の静かな住宅地に住んでいる。 興味本位で質問を投げかけると、Hさんは臆することなく気軽に情報を教えてくれた。値段は、プロセスフィー(銃取得のための申請費用)も銃のセット(弾倉や弾丸など一式が、ケースに収納されているらしい)も、それぞれ500ドル、700ドルほどと誰もが手が届く料金帯だと言う。銃の取り扱い方を学ぶ講習を課されたため1度受け、もう1度受ける必要があるらしい。また申請から銃の所持まで1年半ほどかかり、やっと今年手にしたということだ。 ブルックリンの筆者が住む地域は、徒歩圏内に警察署があるだけでなく、警察管区(precinct)の犯罪率は市内でも低い方、つまり治安は割と良いとされるエリアだ。一方、犯罪率が高いエリア程、警察の手が回らず、騒音問題などちょっとしたいざこざ程度では警察が動いてくれないという話も、友人から聞くことがある。そしてHさん夫妻のように、治安は悪くなくとも近くに警察署がない地域に住めば、銃を持って安心を得たいと思うのは、至極自然なのかもしれない。むしろ筆者のようなケースはアメリカでは稀であり、内陸部や田舎の方に行けば、警察署なんてまったく存在しないなんてよくある話だ。Hさんから話を聞き、この2年で拳銃が飛ぶように売れている現状、銃を手に入れたいと思う人々の気持ちに合点がいく気がした。 関連記事 アメリカ人は、日本人のように「銃があるから危険」とは考えず、「銃を多く所持するほど、より安全が守られている」と考えるから、社会不安が人々の中で広がれば、自分や家族を守るために銃を購入する動機に繋がり、銃の売れ行きがよくなる。 Text and photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

NYオミクロン株急拡大の中、賛否分かれた「大晦日カウントダウン」決行(現地ルポ)

気温は摂氏11度。冬の寒さが厳しいニューヨークの“大晦日”としては、集まった人から「暖かいね」という声さえ聞こえてきたほど。 オミクロン株感染が急拡大する中、電光掲示板が眩いタイムズスクエアでは31日、毎年恒例の大晦日カウントダウンイベントが行われ、世界中から集まった大勢の人々が大量の紙吹雪が舞う中、新年の到来を祝った。 このイベントは、1904年(ボールドロップが始まったのは1907年)から続いている伝統的なものだ。第二次世界大戦下の1942年、43年に休止した以外は110年以上にわたって毎年行われてきたが、昨年は新型コロナウイルスの影響で、史上初の無観客(関係者のみ)&バーチャル形式で行われた。 今年は2年ぶりの「有観客」開催だった。当地ではワクチン接種が進んでいることもあり、有観客での開催は早くから発表されていた。そんな矢先、12月に入って変異ウイルスのオミクロン株が急拡大し、再び無観客開催になるのではないかとささやかれていたが、主催者は観客数を通常の4分の1の1万5000人まで減らし、ワクチン接種証明書の提示とマスク着用を条件に予定通り決行した。 通常、大晦日の早朝から来場者による陣取り合戦が始まり、年越しまでの長時間、トイレもない中じっと待機、という過酷な経験談をよく聞く。よってこのカウントダウンは「一生に一度のイベント」とも呼ばれている。しかし今年はワクチン接種証明書のチェックなどがあったため、午後以降に入れたという人も多かった。 参加している人々からは「このイベントについに参加できて嬉しい」といった声が多く聞こえてきた。高校3年になる息子に誘われ、テキサスからこのイベントに初参加したタリーさんは、午後1時からここで年越しの瞬間を待っているそうだが、「楽しみでしょうがない」と疲れがまったく見えない。ニュージャージーからやって来たシュワマリッツ一家は「このイベントで景気づけをし、来年は新たなる冒険と更なる繁栄の年にしたい」と抱負を語った。イベント中にプロポーズするメキシコからのカップルもいて、テレビ中継された。 観客同士で社会的距離が保たれているところもあったが、興奮している人々が「密」になりがちだった。またコロナ禍にしては、警官の数が「異常なほど」多かった。ニューヨークタイムズによると、私服警官やFBI、爆発物探知犬なども含めた警官配備は、テロを厳重警戒したものだという。ただ残念なことに、中にはマスクをしていなかったり警官同士が密になっている光景も見られた。 メインステージでは、過去にビートルズ、マドンナから近年ではポスト・マローン、BTSなどさまざまな大スターがパフォーマンスを行ってきた。今年はジャーニー、KTタンストール、ジャ・ルール&アシャンティ、中国の舞踊団などだった。 30日、ニューヨーク州の新規感染者数は7万6555人となり、過去最多を更新中だ。重症患者数も昨春ほどではないが、それでも前日より546人増えて7919人に急増している。 この影響で、ブロードウェイのミュージカルも次々に公演が中止に追い込まれている。ラジオシティ・ミュージックホールの毎年恒例のラインダンス・ショー「クリスマス・スペクタキュラー」も17日から1月まで公演の中止が決まったばかりだ。 小説家のドン・ウィンズロウ氏など、コロナ禍でのイベント反対を求める声も多く上がった。 関連記事 (2021) NYタイムズスクエアの年越しカウントダウン 史上初の「無観客」で (2020) NYタイムズスクエアの年越し2019-2020 Text and photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

【NY治安悪化】タイムズスクエア、ピーター・ルーガー … 人気観光地で連続の発砲事件

ニューヨークの観光地としても知られる中心地、タイムズスクエアで5月8日、男が銃を発砲し、近くにいた幼児と女性2人を含む3人を負傷させた。 事件が起こったのは、マンハッタン区の44丁目と7番街。同日午後5時前、家族とされる2〜4人が路上で言い争いとなり、男が兄弟に向け発砲した。その流れ弾により、家族とともに訪れていたブルックリン在住の4歳の女児、ニュージャージー在住の43歳の女性、ロードアイランド州から家族と観光中だった23歳の女性の計3人が、脚などを負傷した。 ニューヨーク市警察(NYPD)のダーモット・シェイ署長によると、巻き添えになった3人は容疑者とは無関係だった。いずれも命に別状はなく、すでに退院し療養しているという。 NBCニュースによると、銃弾が最初に当たったのは4歳の女児だった。太ももを撃たれた23歳の女性は、発生当時についてこう語った。 「突然誰かが怒鳴りだし諍いが始まったので、2歳になる子どもを抱っこしていた夫とその場から離れようと話していたら、同時に発砲音がした。その1発が自分の太ももに当たったとわかり『私は死にたくない!』と助けを求めた」 この女性の傷口は複雑なため、太ももから弾丸を取り除く手術は行われない可能性が高く、後遺症が残るだろうと見られている。 ニューヨークの観光地はいずれも、新型コロナウイルスのパンデミックにより大打撃を受けていたが、ワクチンの普及に伴い活気が戻りつつあった。事件発生時は、母の日前日の土曜日の夕方という時間帯だったため、特に地元の人々や観光客で賑わっていた。 タイムズスクエア近くで働く女性は、「2年前に銃撃騒動があったけど、あれは実際には発砲音ではなかった。ニューヨークに長いこと住んでいるけど、こんなど真ん中で発砲事件なんて滅多になかった。物騒になったと感じる」と語った。また別の男性は「無関係の子どもまで巻き込まれるなんて許せない。違法な銃の流入を止めるよう、今すぐ銃規制の改革が必要」と怒りを露わにした。 NYPDが公開している容疑者と見られる男の監視カメラ映像。 ブルックリン在住の31歳の男で数々の犯罪歴がある、ファラカン・ムハマド(Farrakhan Muhammad)が容疑者として指名手配されている。警察は行方を追っているが、現地時間10日の時点で、まだ逮捕には至っていない。 NYではつい1週間前も信じられない事件が ニューヨークではつい1週間前も、近年稀に見るような信じられない場所で、発砲事件が起こっていた。 ブルックリン区の人気ステーキハウス「ピーター・ルーガー」で先月29日、事件は起こった。この店は有名店で、ニューヨークを訪れたことがある人なら一度は食事をしたことがあるだろう。 午後9時45分ごろ、同店内で誕生日祝いをしていた11人のうち2人が、女性関係で言い争いとなった。24歳のアーキーズ・ソマーヴィル(Arkies Sommerville)が銃を取り出し、いとこに向け発砲した。 この事件でも流れ弾により、店外で食事をするなどしていた無関係の2人の男性(30歳、57歳)が巻き添えとなった。銃弾はそれぞれの上腕部と腹部に当たり、2人は重傷を負ったが、命に別状はないとされている。 発生場所が地元の人々はもとより、観光客もよく訪れる老舗のステーキ店ということで、人々を震撼させた。 犯人の男はその後捕まっている。前科者で「注意人物」として警察にマークされていた。 ニューヨーク市は、全米の中でも銃規制が厳しい街だ。銃購入の際の身元チェックや銃器登録が必須であることはもちろん、一般市民の銃の持ち歩きは禁止されている。自由の女神など主要観光地では、空港並みのセキュリティチェックが敷かれ、銃器の携帯に目を光らせている(テロ対策でもある)。 NYPDが発表した最新の統計によると、今年の市内で起こった銃撃事件は昨年の同時期と比べて約83.3%アップ、2019年と比べると93.5%アップしている(4月の最終週は特に多く、42件の銃撃事件が起こり、昨年同時期の14件に比べ200%増)。それでも銃撃事件数がピークだった1980年代〜90年代に比べると件数は低いという。 通常、銃撃事件は治安が悪い地区で発生するものだが、上記の人気観光地やレストラン、マンハッタン中心部の地下鉄駅構内など、これまで銃撃事件が起こらなかったような場所でも発生しているのが、パンデミック以降の銃撃事件の特徴と言えよう。 市は経済再開に向け観光業の立て直しも図っている。地下鉄をパンデミック前の24時間稼働に戻し、今週末より市外からの観光客に向けワクチン接種を提供するなど、あの手この手で観光業を再建させようとしている。一方でメモリアルウィークエンドの今月末から国内で再び銃撃などの事件数が増加するだろうと予想する犯罪専門家もいる。以前のような安心して歩ける都市に戻らない限り、観光客は戻って来てはくれぬだろう。 関連記事 パンデミック以降、銃購入者が増加。「銃社会は危険」と考えないアメリカ独特の価値観のワケ NY治安悪化でまさかの警察予算削減、その思惑とは(士気低下の最たる例とはこのこと) 刑務所も新型コロナの温床に NYで6ix9ineら受刑者650人を釈放、懸念される治安悪化 Text by Kasumi Abe  Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

 NYタイムズスクエアの年越しカウントダウン  コロナ禍で史上初「無観客」

日本から14時間遅れて、ニューヨークでも年が明けました。 新年おめでとうございます! 当地の一番有名な年越しイベントは、タイムズスクエアのカウントダウン。 ボールドロップが始まったのは1907年(イベント自体は1904年)のこと。それ以来、100年以上にわたって毎年この地で行われてきたのですが(第二次世界大戦下の1942年、43年を除く)、コロナ禍の今年は史上初の無観客&バーチャル形式で行われました。 現地時間12月31日午後6時~翌0時15分(日本時間の2021年1月1日午前8時~午後2時15分)、ウェブキャスト、Facebook、Twitterなどで生配信されたため、日本から観た人もいたかもしれません。 招待された人は、スポンサー企業関係者に加え、今年のヒーロー的存在である医療現場の最前線で働いているファーストレスポンダー、医療従事者、教師など一部のエッセンシャルワーカーと家族のみ。 そうは言っても教師だけでも相当な数いる中で、「どうやって選んだの?」と思っていたら、母親と一緒に参加していたある教師の女性は「勤務先の学校でインタビューを受けて選ばれた」と言っていました。面接に加えて数が多い場合は抽選などで選ばれたのでしょう。 このボールドロップの参加者は毎年、基本的に観光客もしくはニューヨークに移住したばかりの人が多く、地元の人は少ないので(極寒の中で早朝から場所取り、トイレなし、など過酷な状況なため)、今年は1年間の感謝も込めて、このように「ヒーローたち」に開放できてよかったと思います。また市がこのような形で彼らに敬意を表したというのも好感が持てます。 ライブパフォーマンスとして、グラミー賞を2回受賞したディスコソングの女王グロリア・ゲイナーがコロナの年にふさわしい“I Will Survive” や “Joy Comes In The Morning” “Never Can Say Goodbye”を披露(パワーみなぎる若々しいお姿と歌声。何歳?とググったら77歳!全然見えない…)。ほかにジェニファー・ロペス、ピットブル、シンディ・ローパー&ビリー・ポーターなども登場。 アンドラ・デイも、グラミー賞にノミネートされた“RiseUp”や“ForeverMine”、そして年が明ける直前には、ジョン・レノンの“Imagine”も披露してくれました。 これらの大スターがすぐそこのステージにいたんだけど、私など取材陣が入れるエリアからはスクリーンしか見れませんでした。音が聴けたのでよかったですが。 こんな感じで「異例」のボールドロップは今年も終わりました。例年に比べて人がとにかく少ないので迫力には欠けたけど、考え方によってはもう2度とないであろう(あって欲しくない)スタイルでのイベント。未だ感染拡大が止まらないコロナ禍において、withコロナ・イベントとしてはこのスタイルがもっとも適切だったのではないでしょうか。 2021年が皆さまにとっても、健康でより良い1年になりますように願っております! 2020-21年カウントダウン準備(インストール風景&おまけ映像つき) 2019-20年(コロナ禍直前)のカウントダウンの記事 2019-20年の動画 (Text, photos and video by Kasumi Abe) 無断転載禁止