ホイットニー美術館のレストラン「Untitled」はNY最旬スポット。映画『素晴らしきかな、人生』ロケ地にも【レポート】

映画『素晴らしきかな、人生』でNYのトレンドエリアをフィーチャー 大ヒット映画『プラダを着た悪魔』で知られるデヴィッド・フランケル監督の最新作、ウィル・スミス主演の映画『素晴らしきかな、人生(原題:Collateral Beauty)』。『プラダ〜』同様、今作でもプラダをはじめ、グッチ、クロエ、トム・フォード、ジル・サンダー、イザベル・マランなど、華やかなファッションで観客の目を楽しませてくれている。 また、ニューヨークのロケ地も見逃せない。セントラルパークやブルックリンのダンボ地区などで撮影が行われており、一度でもニューヨークを旅したことがあれば、「ここ行ったな〜」「懐かしい!」とワクワクすることだろう(訪れたことがなくたって、映画を観るときっと訪れたくなるハズ!)。 ロケ地の中でも特筆すべきは、ホイットニー美術館のレストラン「Untitled(アンタイトルドゥ)」。2015年5月に現在地に移転オープンしたばかりの同美術館。この1階に位置するUntitledは、味、プレゼンテーション共にどんな食通をも唸らせると、高く評価され続けている。その評価はいかほどか、レストランを初体験してきた。 ホイットニー美術館のレストラン「Untitled」 「Untitled」は、全面ガラス張りの、自然光が優しく入り込む明るくて清潔なお店。高級レストラン「グラマシー・タバーン」でも腕をふるった気鋭のシェフ、マイケル・アンソニーをエグゼクティブシェフに迎え、“完璧な”ニューアメリカン料理を提供する店として、オープン以来話題になっている。「グラマシー・タバーン」は個人的に筆者のお気に入りの店で、どんなゲストを連れて行っても恥ずかしくない、ニューヨークで決して多くない「安定した味の信頼できる」店。Untitledにも期待が高まる。 味もサービスも申し分なし! 少し遅めのランチに、午後2時半ごろ訪れてみた。店内は地元客をはじめ、美術鑑賞後に訪れたであろう観光客らしき人々もいて賑わっていた。筆者は、ランチメニューから「Untitled burger」を注文した。 これは大正解だった。少し甘みのあるふっくらしたバンズに、ジューシーで柔らかいビーフパティとチェダーチーズ、クリスピーオニオンがサンドされ、完璧なハーモニーを奏でていた。 口に含むごとに、肉汁が指をつたってしたたり落ちる。どこのビーフか聞いてみると、「ニューヨーク北部のアップステート産のローカルビーフを、店でリーン75%&脂肪分25%の割合でミンチにしている」とのこと。美味しさと柔らかさの理由はここにあった。またクリスピーオニオンも、米粉やライム汁、ビールほか、さまざまなスパイスがからめられカラッと揚げられた結果、普通じゃ物足りない人のためのオニオンリングが誕生していたというわけだ。 ここはまさに、おいしすぎて人にはあまり教えたくない気持ちにもなってしまうレストランの一つ。とはいえ、有名美術館の1階にあるし、映画にも登場しているぐらいなので、隠れ家としても無理があろう。ニューヨークを訪れたら必ず立ち寄り、そして行ったことを自慢できるロケ地の一つであることは間違いない。 (文:安部かすみ fromニューヨーク) Untitled at the Whitney 映画『素晴らしきかな、人生』 全国公開中 キャスト:ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレン 監督:デヴィッド・フランケル『プラダを着た悪魔』 製作:マイケル・シュガー『スポットライト 世紀のスクープ』 音楽:セオドア・シャピロ『マイ・インターン』 配給:ワーナー・ブラザース映画 ■取材国:アメリカ 安部かすみ(あべ・かすみ) 2002年に渡米し、在ニューヨークの新聞社でのシニアエディター職を経て、2014年からフリーの編集者、ライターに。ニューヨークから食やエンタメ、テック系などのトレンドを発信中。編集者歴は日米で20年。 HP Global Press Blog Twitter   TSUTAYA T-SITE(2017.3.4)ホイットニー美術館のレストラン「Untitled」はNY最旬スポット。映画『素晴らしきかな、人生』ロケ地にも【レポート】より転載(無断転載禁止) ウェブサイトのコピー