安倍氏の死と日本の安全問われたバイデン大統領が出した「メディアが報じない」コメント SNSで話題

安倍元首相の死去に際し、8日アメリカのバイデン大統領は「Statement by President Biden on the Killing of Former Japanese Prime Minister Abe Shinzo(安倍晋三元首相の殺害に関するバイデン大統領の声明)」と題する声明を発表した。 安倍氏と親しく仕事をする機会に恵まれたのは光栄だったとし、「彼の日本国民を思う気持ちは強く、人生を国民への奉仕に捧げてきた。襲撃を受けたその瞬間でさえも、民主主義という仕事に身を投じていた」「暴力は決して許されない。銃による暴力は地域社会に深い傷跡を残す」などという内容だ。 日本語翻訳はこちら バイデン大統領は急遽行った岸田首相との電話会談でも弔意を伝えたことが伝えられた。またツイッターでも哀悼の意を表している。 大統領はワシントンD.C.の日本大使公邸を弔問に訪れ献花し、「日本国民だけでなく世界にとっての損失だ」と記帳した。 その後ホワイトハウスに戻り、人工妊娠中絶の権利を支援するための大統領令に署名した。これは、先月最高裁が中絶を憲法上の権利と認めた1973年の判決を覆す判断を下したことへの対抗措置だ。ただし、中絶へのアクセスを制限する法律を制定する権限は州政府が持つため、大統領令の影響は限定的とも見られている。 写真を見る 日本は「1件」とバイデン大統領。 人工妊娠中絶の権利を支援するための大統領令に署名したバイデン大統領。 関連記事 米最高裁「中絶禁止:ロー対ウェイド判決の覆し」なぜこれほど論争になっているか。米国人視点で考える さて、大統領令の署名が終わり、この会場を退場する直前に、記者から「安倍氏の暗殺と、日本の安全性についての考え」を問われたバイデン大統領。その場で2分ほどのコメントを出したが、内容が不可解だとSNSで話題になった。 概要(岸田首相と朝電話で話し、日本大使公邸を弔問に訪れたという話から…) 「日本では何十年もの間起こっていなかった。30年代後半や半ばまで遡ると聞いている。自家製の武器だ。写真を見ただけだが、詳細は司法省(司法制度)により解明されていくだろう。しかしながら私が注目したのは、これは日本において、武器を使用し誰かを殺害した初めての事件だ。(アメリカでは)我々は3000、数の正確さはわからないが3688件とか3000~4000件の間。彼ら(日本)は1.1.1.(たった1件と強調)。動機についてはそのうち解明されるだろう。首相の文雄はとても堅実な人物だ。日本は非常に安定した同盟国。私はそのようなことを信じていないし、これはまだわからないこと。日本の安全保障や連帯が不安定になる深刻な影響をもたらす可能性については」 これに対して、SNS上では「言ってることが理解不能」というものから、「『武器の最初の使用』と言うが、2007年に(長崎)市長が銃で暗殺されている。銃による死亡数や所有数では日本は我々より確かに安全だが、それでも完全なる安全ではない」「1930年代まで遡る?第二次大戦中、日本では殺人事件はなかった?」「地下鉄のサリン攻撃は武器使用とは見なされない?」などと、混乱している人が多かった。 また、「馬鹿げた比較」「日本での悲劇を語るのに、我が国の銃規制の議論をするべきではない」など、安倍氏の死とアメリカの銃規制の問題を結びつけて語ったことが癪に障るという批判もあった。 大統領のコメントでは主語や述語が明確でなく、詳細の説明もなかったため、筆者が聞いても確かにわかりづらいと感じた。 何度か聞いて、おそらくこういうことを言っているのだろうと思ったこと: 「誰か」というのはおそらく「要人」という意味だろう。 30年代半ばに起こったというのは、5・15事件や2・26事件のことを指していると察する。(一般的なアメリカ人はこの事件を知らないので、説明なくして何を言っているかわからない) 「1人」というのは、5・15事件で殺害された当時の内閣総理大臣、犬養毅氏のことだろうか。それであれば安倍氏の銃撃事件の「前に」1人は当を得ている。(もしくは「近年では1人」という意味かもしれない) 台本がない質問だったので大統領がどのように答えるか筆者も注目したが、大統領がメディアに対して公式な場で発表したコメントとしては、わかりづらい内容だったのは否めない。せめて記者が追加質問できればもっと理解しやすかっただろうが、その時間も与えられなかったのが混乱を助長させたようだ。 Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

「バイデン家の歴史は悲劇」大統領のお騒がせ次男と複雑な家庭環境、前妻の告白本で再燃

脱税やマネーロンダリング容疑など、何かとお騒がせなバイデン大統領の次男、ハンター・バイデン氏。 14日、前妻のキャスリーン・ブール(Kathleen Buhle)氏がハンター氏との泥沼の結婚生活を綴った『If We Break: A Memoir of Marriage, Addiction, and Healing』を上梓し、バイデン一家にまた注目が集まっている。 ブール氏はまた今週、朝の番組に複数回出演し、24年間にわたる結婚生活、ハンター氏の薬物依存や不倫問題、離婚申請から1年も経たないうちに見つかった自身のステージ3の大腸癌(がん)のことなど、激動の半生についても告白している。 複数の報道によると、ブール氏は23歳だった1992年、オレゴン州のイエズス会ボランティア隊で働いていた時に、同い年のハンター氏と出会った。翌年妊娠がわかり結婚し、3人の娘を育て上げた。 複雑なバイデンファミリー。「一家の歴史は悲劇と喪失」と主要紙 回顧録『If We Break~』に関する報道やインタビューの情報をまとめると、結婚から11年経った2003年、ブール氏はハンター氏から、夫妻で背負っているという税金の支払い義務について告白され、それ以降ハンター氏の飲酒量が増えたという。リハビリ施設に通い薬物依存と闘ってきたが、15年に仲の良かった兄のボー氏が脳腫瘍で亡くなると、再び薬物に手を出し依存がエスカレートしていった。クラックパイプが自宅で見つかるようになったり、複数の女性との不貞行為が明るみに出たりなどし、それらが追い風となって2人は17年に離婚に至った。 ブール氏の回顧録には、ハンター氏と不倫関係になったハリー・バイデン氏のことも綴られている。 ハリー氏とは、バイデン大統領の亡くなった長男、ボー・バイデン氏の未亡人で、ハンター氏にとっては義理の姉、娘たちにとって叔母にあたる人物だ。この秘めた2人の関係について、当時ブール氏は娘たちからの告白で知ったという。 ハンター氏は結局ハリー氏とも別れ、19年に17歳年下のメリッサ・コーヘン氏と、出会って6日後に結婚し、翌年息子が誕生している(子の名は、亡き兄を継承したボー・バイデン・ジュニア)。 写真を見る 今年4月、2歳の息子ボー・ジュニアを抱えるハンター・バイデン氏。 ジョー・バイデン氏が副大統領だった2009年、夫のハンター氏と腕を組んで歩くキャスリーン・ブール(当時はキャスリーン・バイデン)氏。 ハンター氏の兄、故ボー・バイデン氏と妻のハリー・バイデン氏(2011年)。 ほかにもハンター氏のこれまでの不可解な言動として、ホテルの一室で裸で銃の引き金に指をかけている動画や、クラック・コカインとされるものを吸っている写真もメディアに公開されてきた。これらについて朝の番組で「自分の知っている元夫の姿か?」と聞かれたブール氏は「いいえ、まったく」と否定するも、「ドラッグ(問題)は酷かった」と打ち明けた。「彼は深刻なドラッグ中毒に苦しんでいた。悲痛なその姿は、私が結婚した彼ではなかった」。 アルコールを含む薬物への依存と言えば、長年バイデン一家の悩みの種だ。 08年、当時上院議員だったジョー・バイデン氏は、なぜ飲まないのか尋ねられ「私の家族にはもう十分にアルコール依存症がいるから」と答えている。ハンター氏自らも、昨年上梓した自らの回顧録『Beautiful Things』(21年)で、薬物依存との闘いについてオープンにした。 ハンター氏の奇行、そして薬物依存や金銭問題は、父ジョー・バイデン氏の20年の大統領選出馬の際、トランプ陣営の格好の餌食となった。投票日の2週間前になって、コンピュータ修理店で前年に回収されたハンター氏のラップトップの内容が、共和党員によって槍玉に挙げられた。 ハンター氏のウクライナのエネルギー会社「ブリスマ」関連やラップトップの内容などに対する連邦当局の捜査は今年に入って加速していると、ニューヨークタイムズなど主要メディアが報じたが、決定的な証拠が出るまでには至っていない。そんな中、多くの人が知りたいのは捜査に関わる内容なのだが、今回の回顧録にはほとんど肝心なことが書かれていない。 「この本はブール氏に収益をもたらすかもしれないし、アルコール依存症に悩む人にとって慰めになるかもしれないが、これは本当に大衆が読みたがっている本なのだろうか?」とワシントンポストは疑問を投げかけた。 また同紙は「バイデン一家の歴史は、とてつもないほどの悲劇と喪失によって特徴づけられている」と、改めて辛辣に指摘した。ハンター氏の母と妹は、彼が3歳、兄のボー氏が4歳のときに交通事故で亡くなっている。兄弟仲は良く、理解者のボー氏まで病気で亡くしたハンター氏。ブール氏は著書で「政治家としての父と兄の素晴らしい業績や成功は、ハンター氏に打撃を与えたのかもしれない」と分析。ハンター氏の胸の内は他人が知る由もないが、エリート一家に生まれ、さまざまな悲劇が人生で起こる中、ストレスに打ちのめされやすく、自分をうまく自重できない性格なのかもしれない。 そしてブール氏だが、彼女にとっては長年にわたって義理の父だった人、そして自分の娘の祖父でもある人物がこの国の大統領職に現在務いているという身だ。バイデン家とは今も家族行事で顔を合わせる関係で、今年11月19日にホワイトハウスで予定されている長女ナオミ(これもややこしいのだが、事故で亡くなったハンター氏の妹の名と同じ)の結婚式にも出席するという。そんな中、このような暴露本を出版し内部事情を告白したことは、イギリス王室版のメーガン・マークル氏を彷彿とさせる。 ブール氏はなぜそこまでして、今のタイミングで赤裸々な告白に至ったのだろうか? 執筆してきた過程の自身の心境は「カタルシス(溜まった感情が解放され、気持ちが浄化される状態)だった」と語っている。また執筆中に気づいた自分にとっての重要なことは「手放すこと、許すこと、それだけだ」とも語った。「(ハンター氏は)自分のしたことについて、悪いと思っているだろう。そんな気持ちのままこれからも生きていくのは大変だ。彼が良い気持ちになれるよう願っている。本当にそう思う」。同氏曰く「特別」だったというハンター氏との結婚生活。内情は依存問題に翻弄され続けてきたわけだが、タイトル通り、本にまとめることで完全に癒されたようだ。彼女には、このようにして恨みつらみを吹っ切る手段が必要だったのかもしれない。 関連記事 「臭い物に蓋」体質のリベラル系メディアが選挙までもみ消し大成功 – バイデン息子疑惑 バイデン暴露記事の拡散ブロックするツイッターに非難殺到 CEOは誤り認めたが・・・ Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

「うっかり発言」防止のためかバイデン氏は単独会見ゼロで雲隠れ。移民問題に苛立つ国民

バイデン政権が発足して、もうすぐ2ヵ月になろうとしている。経済立て直しのため、3月12日には1兆9000億ドル(約190兆円)の新型コロナ救済パッケージ法案に、バイデン大統領が署名し、新たな支援制度が実現化される予定だ。 この救済パッケージには、3度目となる給付金(成人1人あたり1400ドル=約14万円、収入によって制限あり)も含まれる。 関連記事 【コロナ特別定額給付金】貯金の日本。アメリカ人は「2度の支援金」一体何に使ったか? 48日間、公式会見なしの大統領 一方でこの2ヵ月間のバイデン大統領の実績や存在感、主導性について、疑問を投げかける主要メディアもある。 FOXニュースは3月9日、「Biden has gone 48 days as president without formal news conference」(バイデン大統領は就任から48日間、公式記者会見なし)と報じた。American Presidency Projectのデータを基にしたCNNの分析によると、過去100年にわたって前大統領15人は全員、就任後33日以内に単独記者会見を開いてきた。 ニューヨークポスト紙は「48日間というこれまでの大統領で最長期間、単独会見なし」と指摘。今後の会見の予定もないという。バイデン氏は訪問先で記者団の質問に答えることはあるが、カメラとマイクを切るなどして厳重に報道規制をしている様子が窺える。先日は視察先で、カメラとマイクの遮断を条件に記者団の質問に答えた。しかしここ数週間で再び悪化している移民問題について聞かれても、大統領からの返答はなかったと報道された。 単独会見がこれだけ長く開かれない理由について、ホワイトハウスのジェン・サキ(Jen Psaki)報道官は「バイデン大統領は、COVID-19のパンデミックに関連する歴史的な危機で多忙を極めているから」とした。しかしパンデミック対応は今に始まったことではない。トランプ前大統領は会見を頻繁に(パンデミック後の昨春以降は毎日)開いており、そのたびにメディアに扱き下ろされていた。 バイデン大統領は選挙活動中から、数々の言い間違い、勘違い、物忘れ、さらに口だけで行動や実績が伴っていないことや発言内容が日によって違うことなどが指摘されている。バイデン氏が「演説」をする際、台本が書かれたスピーチプロンプターが欠かせないとされている。もちろん演説や記者発表では政治家がよく使うものだが、バイデン氏は台本があってもたまに読み間違える。「演説」はしても「単独会見」を開かないのは、カメラが回っている生放送の場で、記者の辛辣な質問に対応できないからでは、と囁かれ始めた。 バイデン政権が発足して1ヵ月間の評価をしたのはCNNだ。「バイデン大統領が就任して最初の1ヵ月間の発言はトランプ氏のそれと比べて一貫して事実に基づいているが、それでもアドリブの際にいくつか不正確なコメントをした」と指摘した。 記事では、1月20日から2月19日までのバイデン氏による疑わしきコメント40件を、大統領発言を追跡するウェブサイト、Factbaseのデータに基づき調査をし、具体的に発言と事実の相違を指摘している。(以下は一例) ウォルター・リード陸軍医療センター訪問について バイデン氏「副大統領時代、毎年クリスマスはウォルター・リード陸軍医療センターを訪れた」 CNN「副大統領として8回のクリスマスのうち5回、ウォルター・リードを訪れた公的な証拠があるが、毎年訪れた事実はない」 中国の習近平国家主席と一緒にいた時間について バイデン氏(副大統領時代から習主席をよく知っているという話から、歴訪などで)「1万7000マイルを共に移動した仲だ」と2度主張。 CNN「会議などで多くの時間を共に過ごしたのは事実だが、1万7000マイルを『共に』移動した事実はない」 バイデン氏が就任した最初の1ヵ月間の公での発言量は、トランプ氏のそれより約34%少ないが、少ない発言の中でも、そして単独の記者会見を行なっていない状態でも、バイデン氏は「事実に基づいていない発言」をしている。そして発言がなければ、大統領として指摘される問題も少なくなるのは当然だ。 これらもホワイトハウスがバイデン大統領の単独記者会見を開かない(開かせない)理由の1つだろうか。 国境に「津波がやって来た」とトランプ氏 ここ数週間で共和党のみならず民主党からも懸念の声が上がっているのは、バイデン政権の移民問題のハンドリングのマズさだ。 バイデン政権は前政権の移民政策を根本からひっくり返したため、中央アメリカからの移民が大量にメキシコとの国境にやって来ており、国境近くにある避難収容所に拘留されている移民の子の数が激増中だ。この2週間で3倍に増え、避難収容所と政府機関を圧迫している様子が、ニューヨークタイムズ紙などで伝えられている。 人権の尊厳の観点に加え、市民権(選挙権)のない移民でも違法で投票できるようになっており移民は民主党に投票することが多いため、民主党は不法移民の受け入れに比較的寛容的とされている。それでもバイデン政権発足後の移民流入問題は目に余るものがあり、最新の世論調査では大多数のアメリカ人が、バイデン氏の移民政策に反対していると報じられている。 ホワイトハウスのサキ報道官も、移民の過剰流入については失敗と認め、国境越えを思い留まらせるよう、さらなる努力が現政権に必要であるとした。トランプ氏は移民の過剰流入について「もはや制御不能となり、津波を引き起こした」とバイデン政権を非難した。 バイデン政権はさまざまな問題や不安を抱えているが、まだ始りに過ぎない。 (Updated: 3月11日、バイデン大統領は新型コロナ救済パッケージ法案に署名した。また同日8pmESTより、プライムタイム初となる「演説」を行ったが記者の質問には答えず、「単独記者会見」が行われていない期間は歴代最長を更新中) Text by Kasumi Abe  Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

乱入防止の鉄線の外側で起こっていたこと ── 米大統領就任式【現地ルポ】

アメリカでは20日、新大統領のジョー・バイデン氏、新副大統領のカマラ・ハリス氏の就任式が無事に執り行われた。 今年は新型コロナウィルス感染拡大に伴い、規模が縮小され、式典はバーチャル形式で配信された。筆者も直前まで自宅で見届けようかと思っていたが、この歴史的な日の現地の様子を自分の目で見たいと急に思い立ち、1週間前にアムトラックのチケットを購入した。すでに売り切れ間近で、唯一購入できたのは午前3時25分ニューヨーク発の便だ。 列車は感染防止で空いていた。それでもカメラマンやユーチューバーらしき若者が何人か乗っていた。ばったり車内で会い「ノープランだよ。現地に行って決めようかと思って」と話している。そのうち、チケットを見に車掌がやって来て「オーマイガ〜ッ。店も開いてないのに、みんなD.C.に行くなんて。グッドラック!」と声をかけた。 早朝7時に首都ワシントンD.C.に到着。外はまだ薄暗い。いるのは警察犬を連れた警官と州兵、そしてジョギング姿の人が何人か。 6日に起こった過激派による議事堂乱入事件後、就任式のために州兵2万5000人が派遣された。出発前、友人は「ニュースでは危ないから近寄るなと言っているぞ。それでも行くのかい?十分気をつけて」と心配した。 確かに現地は戦場かと思うほど、ライフルを担いだ州兵がごまんと配備され、警官、爆薬探知犬、私服警官もたくさんいたが、逆に「安心感」に繋がった。有刺鉄線付きフェンスが張り巡らされ「議事堂には絶対に侵入できない」「何事も起こりえない」システムになっていたからだ。重装備の兵士の多くは鉄線の「内側」に1メートル間隔で立っている。彼らに緊迫した様子はなく、散歩中の人と笑い合ったりする姿も見かけた。すれ違いざまに目が合うと「おはよう」と向こうから筆者に声をかけてくれた兵士もいた。そこに立たされているだけの有り余る兵士を見て、「もう2度と暴動なんて起こすなよ」という強いメッセージ性を帯びた見せしめのように感じた。 正午:新大統領誕生 そうこうしていたら、就任式イベントの時間が迫り、柵の外側にも人がかなり増えてきた。 正午という時間をもって、正式に新大統領が誕生する。バイデン支持者も多く集まっていたから誕生と共にカウントダウンや拍手でも起こるのかと思いきや、所々で歓声は上がっていたものの、正午の時点で特に何もなかった。バイデン派、トランプ派、そのほか宗教団体が、それぞれお互いの主張を時に激しく遣り合っていた。 この日は6日のような過激派の姿はなく、キリスト教の保守的勢力(宗教右派)と呼ばれる人々の抗議活動が目立った。 このような一幕もあった。「トランプは間違った方向にリードしてきたと思う」と、バイデン支持者の女性がメディアのインタビューに応えていたら、通行人の年配の女性から突然ヤジが飛んできた。「ほらね、こういうことなのよ。このような振る舞いをしていいなんて、憲法でも(議事堂を指差しながら)あそこでも指導されていない。今の人が間違った方向の良い例ね」。 ジェシカファミリーは、DACA(ダーカ:不法移民の子に対して、強制退去処分を猶予する移民政策)を強く支持しており、「新政権にはICE(移民税関捜査局)を廃止してほしい」と期待を膨らませる。 「アメリカの危険な歴史の始まり」と危惧するのは、メガホンを抱えたニック・キメラ・ジュニアさん。ニューヨーク州ロングアイランドからやって来た。ただし彼はトランプ派でもバイデン派でもないと言い、「クライスト(キリスト教教派)だ」と胸元のバッジを指しながら自らをそう表現した。「数えきれないほどの胎児が中絶により犠牲になってきたが、新政権は中絶を支援する方向だ。また警察による残虐行為など、国が荒れていることも心配している」。 「同意できないからといって、お互い憎しみ合うのはやめよう」 この日の就任式では、ハリス副大統領、ミシェル・オバマ元米大統領夫人、ヒラリー・クリントン元国務長官の3人が、紫の衣装で臨んだことが注目を集めた。共和党のシンボルカラー(赤)と、民主党のカラー(青)を混ぜると紫になることから「融和」や「結束」の象徴なのだ。 しかしこの日、筆者が柵の外で目にしたものは、相手の意見を暴言などで遮る、互いの主張を一歩も譲らない人々だった。 また現場には、報道陣やユーチューバーらしき人々も非常に多かったのだが、ちょっとしたいざこざが起こったり過激な主張や行動をする人たちばかりが注目を集めていた。 そんな中、筆者はほとんど誰からの視線も浴びることなくひっそりと隅に置かれていたこのメッセージに注目した。 Stop Hating Each Other Because You Disagree (同意できないからといってお互い憎しみ合うのはやめよう) by TruthConductor. tv 心機一転、新たな4年が始まろうとしている。今まさに、このような姿勢こそがこの国に一番必要なのではないだろうか。 【この後ビデオも載せる予定】 関連記事 異例ずくめの「大統領就任式」もうすぐ(日本での視聴方法、スケジュール、豆知識) 「新たな時代の到来だ」バイデン勝利に祝賀ムードのNY 星条旗なびかせ喜ぶ人々 写真で振り返る決戦の投票日!「誰に投票した?」NYの人々に聞いてみたら・・・ (Text and photo by Kasumi Abe  Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止