ハリー王子はなぜここまで暴露するのか?米テレビ番組で本人が語った「告白の真意」

アメリカで本の売れ行き絶好調 10日に発売したハリー王子の回顧録『SPARE(スペア)』。 本の中でハリー王子は、兄のウィリアム皇太子や父チャールズ国王との確執から、コカインなどの麻薬使用、年上女性との初体験の具体的な描写、アフガニスタンでの敵兵25人の殺害など、数々のショッキングな内容を事細かに暴露し、世間を驚かせている。 英王室のあるイギリス国内の世論は辛辣だ。ハリー王子の支持率急落も伝えられる。英国民にとって、自分たちの愛する英王室一家が、ハリー王子夫妻により虐げられているのだ。これ以上の屈辱はないだろう。 王室がなく、王室に嫁いだ妻(メーガン夫人)の出身国で、夫妻の受け入れ(移住)先となっているアメリカでの、この本の受け止めは非常に良い。 売り上げは、発売初日の10日だけで、アメリカ国内で40万部が売れたと発表され、11日付のニューヨークタイムズによると、予約注文も含め米国、カナダ、英国の初日の売り上げは143万部にも上るという。この数字は、大手出版社ペンギン・ランダム・ハウスがこれまでに出版したノンフィクション本の中で、初日売上高の最高記録だそうだ。 アメリカの世論からは同情を買っているハリー王子夫妻であるから、本の内容に対する評価もかなり良い。米アマゾンのレビューは今のところ、総合4.5で圧倒的に5星が多い。 筆者もニューヨーク市内の本屋を覗いてみた。ちょうど新年のセール中のため、大多数の割引対象商品がフロア全体を占領している中、『スペア』はレジ周りに陳列されていた。店員によると、この店でも売れ行きは良いという。 市の公共図書館はどうなっているか探ると、ブルックリンの図書館だけで179部が入荷しているが、発売日当日ですでに1219人が待ちの状態だった。 本の発売を前に、ハリー王子はアメリカでいくつかのテレビ番組に出演した。 CBS局の長者番組、『60ミニッツ』と『ザ・レイトショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』などだ。前者はベテランキャスターのアンダーソン・クーパー氏によるインタビューで、後者はベテラン司会者スティーヴン・コルベア氏によるトークショー。どちらも人気番組だ。 前者の番組は、クーパー氏による真剣なインタビューとなった。ちなみに番組側が放送前、英王室報道官にコメントを求めたところ、英王室から放送前に番組内容の開示を求められたという。番組は公平で対等なジャーナリズムの見地から開示要求に応じなかったことが伝えられた。 後者の番組の司会者、コルベア氏はコメディアンだ。“スペア”(予備)の椅子も用意され、この日は特別にテキーラを飲みながらリラックスした状態で終始笑いに包まれトークが進んだ。王子はお酒を呑んでいるせいかテンションが高めで、トーク内容は(おそらくイギリスでは許されないだろう)下ネタとピー音も交えた。(男性器や下着の呼び方のイギリス英語とアメリカ英語の違いと双方のリアクションも興味深く、笑いを誘った) それらのテレビ番組に本人が出演し直接コメントしたことで、いくつかの疑問が本人により解き明かされた。 疑問1 王子はなぜここまで英王室や自身の人生を暴露するのか? 王子によると、米カリフォルニア州に移住した2020年はロックダウン中で、静かに暮らすことができた。「自分を取り巻く社会やコントロールからの解放を味わうことができた。できれば今後も静かに暮らしていきたかった」と本音を漏らすも、妻(メーガン夫人)についてのリークや偽情報を好き勝手にメディアに書かれ続けたことから「匿名のソース(情報源)からの情報はタブロイドの餌食となり読者を過熱させ、妻と子を傷つけることになりかねない」と危機感を覚えた。そのため「腰を据えて、真実を自分の口から直接話す必要があると感じた」と言う。 「この本に書いてある情報は、匿名のソースによる情報ではない。すべて自分の口から出たものだ。ソースは自分(だから偽情報はない)」と述べた。 クーパー氏は「(英王室はあなたによって)『会話がリークされ、どうやって信じられる?』と言っているが」と食い下がると、王子は「事の始まりは妻に対する日々のでっち上げからで、その結果我々は国を追われるに至った」と、自分たちはあくまでも被害者という姿勢を崩さなかった。 疑問2 なぜアフガニスタンでの敵兵殺害を詳細まで書いたのか? 嘘偽りのない情報を自らの口で言うにしても、アフガニスタンで殺害した25人のタリバン兵の話など、告白が過ぎるのではという意見が上がっている。アフガニスタンでは抗議運動も起こっていると伝えられる。 王子自身はまず「この会場に元兵士はいますか?」と視聴者に問いかけた。会場からは拍手と歓声が上がった。 (注:アメリカでは国を守る兵士、元兵士=退役軍人は崇められ、ヒーロー扱いされる) 王子はこのように述懐した。「殺害人数も含めこれらの告白は、聞く側にとって居心地が悪いものであることは承知です。自分にとっても執筆内容でもっとも危険でチャンンジングなことの1つだった。自分を危険に晒すことになるのは疑いの余地はない」。 コルベア氏が「自分と自分の周りの愛する人たちが標的になる可能性が高まるということですね」と問うと「そうです」と答え、「それでもあえて書くことを自ら選択した」と言った。 ではそのような危険を覚悟の上で、なぜ書いたか? 「この事実を恥と思わずに、詳細に至るまで正直に本でシェアすることで、(PTSDに苦しむ世界中の元兵士の)自殺者を減らすためだ。これが本で伝えたかった自分の目標だ」 会場は大きな拍手と歓声に包まれた。 番組の中では、このように述べたハリー王子も印象的だ。 「この美しいアメリカは素晴らしい所です」 新天地アメリカが心から気に入っている様子のハリー王子。アメリカ人にとってはこの上ない褒め言葉である。ハリー王子とコルベア氏は2杯目の杯を交わす。 王室のある英国と比べ、米国では夫妻を擁護する声が多く上がっている。行く先々で温かく迎え入れられているだろう。 一方で王子は、父とも兄ともしばらくやりとりをしていないと言う。「間違ったことをしたのであれば謝りたいと言っているけれど、相手は何も言ってこない」「しかしながら、心の中では家族であることは今後も変わらないし、もう一度家族としての要素が戻るといいなと思っている」。このように、仲違いしている家族に対する思いを寄せることも忘れなかった。英王室メンバーにはもう戻るつもりはないことも明かした。 Photo (Top): 英国の書店(イメージ)。Photo by Tuur Tisseghem on Pexels.com ハリー王子夫妻 関連記事 Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

米国で囁かれているメーガン夫人とオノ・ヨーコの「意外な共通点」

昨年12月のネットフリックスの『ハリー&メーガン』公開に続き、ハリー王子の回顧録『SPARE(スペア)』が今月10日に発売されるにあたり、アメリカでは連日、ハリー王子とメーガン・マークル氏(サセックス公爵夫人)の報道が過熱している。 回顧録ではウィリアム皇太子の暴行疑惑やハリー王子が軍隊在籍時に25人の敵兵を殺害したことなどショッキングな暴露の連続で、報道は過熱する一方だ。普段ならゴシップを取り扱わないCNNやCBSのニュース番組までもがハリー王子夫妻と英王室のスキャンダルを取り上げる始末。 筆者の周りでも、女性の友人との会話で、英王室スキャンダルの渦中にいる同夫妻の話題が少しずつ上るようになってきた。 筆者の実感としては、イギリス人はこの話題に熱い。一方で一般のアメリカ人は割とクールに捉えているようだ。例えば先日、あるホームパーティーで、このゴシップネタが話題に上がった時のこと。イギリス出身で長年アメリカに住む知人は夫妻が次々に投下する爆弾発言に不快感を示し、このように言った。 「(メーガン夫人は)何でも人種差別問題にリンクさせるから、いけ好かない。被害妄想が大き過ぎる!」 一方アメリカでは、#ShutupMeghan #ShutUpHarry(黙れ、言葉を慎め)がツイッターのトレンドワードになる一方で、実際に人々に話を聞くと「あまり気にならない」「メーガンは嫌いではない」という意見が目立つ。王室制の国とそうでない国、また人種差別問題が身近にあって敏感であるかどうかなど、国民性が大いに反映されるトピックだと感じる。 そんな中、ABC局のトーク番組『The View(ザ・ビュー)』でも、同夫妻と英王室のスキャンダルの話題で持ち切りとなった。コメディアンのジョイ・べハー氏はメーガン夫人を擁護する立場で、このように口火を切った。 「王室の誰もがメーガンをヨーコ・オノのように扱っているように見えます」 さらにこのようにコメントを続ける。 「ビートルズを解散させたと言われたヨーコ・オノは一瞬にしてのけ者になった。今起こっている(ハリー&メーガン夫妻の)騒動と似ています。言われていることがすべて本当ならの話だけど、ウィリアム(皇太子)はなぜメーガンにそんなに腹を立て、ハリーをも追い立てているのか、奇妙ですね」 オノ・ヨーコ(小野洋子)氏と言えば、日本出身の前衛芸術家で今もニューヨークのダコタハウスに住む。一世を風靡したビートルズのジョン・レノンの妻だ。ヨーコ氏はビートルズを全盛期に解散に持ち込んだ人物として、全世界のファンを敵に回したことでも知られる。当時はファンの間で「いけ好かない女」の代表格とされていた。 御年80歳になるべハー氏は、ビートルズが解散した1970年、28歳だった。言うなればちょうど「ビートルズ世代」ということになる。 関連記事 ビートルズ解散から10年後の1980年12月8日、当時40歳だったジョンは、ニューヨークの住居、ダコタハウス前でファンに射殺された。 ヨーコ氏が60年代、70年代、世界に及ぼした影響がどのくらい大きなものだったか想像できるだろうか? きっと若い世代の人にとってその想像は容易ではないだろう。現代版であえて例えるならば、「BTSの中心メンバーの1人がどこか遠い国の女性アーティストと恋に落ち、その女性がBTSの音楽活動に次第に首をつっこむようになり、グループの今後の活動に影響を与えてしまうほどの存在に成り上がり、最終的にその女性の存在や活動がきっかけでBTSが解散してしまう」くらいの衝撃だったと説明すれば、わかり易いだろうか。当時のヨーコ氏はそれくらいの激震を世界にもたらした人物だった。 今でも、アメリカの年配者に「ヨーコ・オノ=日本人の魔女的なイメージ」は残っており、「日本人」というワードからジョン&ヨーコを連想する、なんていうのも決して珍しいことではないのだ。 つまり、英王室を英国出身のビートルズとなぞらえ、そのグループを引っ掻き回す存在を、外野からやって来た外国人女性、メーガン氏をヨーコ氏となぞらえたべハー氏なりの比喩であった。 ところでヨーコ氏と言えば、筆者はこれまで2度見かけたことがある。1度目は講演会、2度目は個展だった。2015年9月、MoMA(近代美術館)での個展の最終日、突如来場者の前に姿を見せたヨーコ氏。小柄で可愛らしい印象だった。筆者は近くまで寄ることができたので日本語で話しかけたところ、英語で返答された。アメリカに移住しすでに長い年月が過ぎており、日本語をいっさい使わない生活なのかもしれない。 そして、ヨーコ氏が本当にビートルズを解散させた人物であるのか否かについては議論が分かれるところだが、筆者が聴講した2007年の講演会で、ヨーコ氏はこのように自身の言葉で語っていたのが印象的だった。 「ジョンのことをムリやり手繰り寄せてもいないし、何を言ってもメディアはでっち上げるから悲しい」 真意のほどはわからないが、騒動についてはメーガン夫人も同じような心境にあるのかもしれない。 関連記事 筆者は以前、ニューヨークでオノ・ヨーコ氏の講演に行ったことがある。また美術館で偶然彼女に会い、握手をしてもらったことも。 トーク番組『ザ・ビュー』の話に戻るが、べハー氏は共演者に「マークルが英王室騒動の責任を負う人物と思うか?」と尋ねると、コメンテーターのアナ・ナヴァロ氏は「あらゆることがゴシップとして取り上げられている。現実はより暗く悲しいものだろう」と語った。また「悲惨な家族単位の崩壊が目の前に見えている。ネタ、エンタメとして取り上げられるゴシップで、王室のことだけどそれは家族の話題でもある。これだけ世の中に騒がれてしまい、傷(家族関係の亀裂)が癒えるのは難しいのではないか」との見解も示した。 べハー氏は「彼女に対する暴言は鼻持ちならない。信じがたいほどの虫酸が走る」と、番組内では終始、メーガン夫人を擁護する姿勢を崩さなかった。筆者が感じる一般的なアメリカ人のリアクションと通じるものがある。 ハリー王子の回顧録の発売まであと数日。発売後、夫妻と英王室を取り巻くゴシップの炎がさらに過熱することは必至だ。 関連記事 関連動画 ジョン・レノンが殺されたダコタハウス周辺の「今」 Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

ヘンリー王子&メーガン夫人のクリスマスカードに「メリークリスマス」と書かれていない理由

アメリカはいよいよ今晩がクリスマスイブ、明日はクリスマスだ。クリスマスと言えばこの国で最大のホリデーのため、おとといあたりから帰省ラッシュとなっているが、今年はオミクロン株拡大の影響による人手不足で空の便が欠航するなど、一部混乱も見られる。 23日には、カリフォルニア州に住むイギリスのヘンリー王子とメーガン・マークル夫人が今年のクリスマスカードを公開し、こちらも話題になっている。 今年のクリスマスカードは6月に生まれた長女で初公開のリリベット・ダイアナちゃんも含む4人の家族写真だ。同州サンタバーバラにある自宅で、結婚式の写真も撮影したフォトグラファー、アレクシー・ルボミルスキ氏が再び撮影したものだという。 さて、これはクリスマスカードなのに「メリークリスマス」という言葉がないのはなぜか?最近のアメリカのクリスマス事情と共に解説する。 メリークリスマスと段々言わなくなっている 「移民の国、アメリカではすべての人がクリスマスを祝うわけではない。だから最近はメリークリスマスと段々言わなくなっているの」 この言葉を英語の教師をしている友人の女性から聞いたのは、今から3年前のこと。 友人曰くアメリカ、特にニューヨークやロサンゼルスなど大都市には移民家族も多く、その中にはイスラム教やユダヤ教の人々など、クリスマスを祝わない人もたくさんいるため、近年、会社や学校で「メリークリスマス」と言う代わりに「ハッピーホリデーズ」という言葉が使われるようになっている、と説明してくれた。いわゆる「宗教が違う人々への気遣い」「多様化への寄り添い」ということのようだ。 筆者は気になって、その後友人や企業から届くクリスマスカード(ホリデーカード)やメールの内容を見てみたり、店の人からの掛け声を注意深くチェックしてみたりした。この国では、伝統的にクリスマスが近づいてくると「メリークリスマス」と挨拶されることが多かったのだが、確かにここ数年は「Happy Holidays(ハッピーホリデーズ)」という挨拶が主流になってきていると、実際の生活を通して感じている。 忘年会はクリスマスパーティーではなく「ホリデーパーティー」、「クリスマスギフト」は「ホリデーギフト」という言葉があえて選択されることが多くなったようだ。今年、仕事関係でもらったメールにも「Have a lovely holiday season」などと書かれており、「クリスマス」の文字は見当たらない。 知識共有サイトのQuora(クオーラ)にも、今月の投稿でこんな内容のものがある。 「なぜ(アメリカの)ほとんどの人々は『メリークリスマス』ではなく『ハッピーホリデーズ』と言うのですか?」 その答えとして、このように答えている人がいた。「自分は、宗教的にクリスマスを祝う相手には『メリークリスマス』と言います。しかしクリスマスを祝わない宗教の人もいるため、必ずしもそのように言うわけではありません。ほかの宗教にはそれぞれの休日があり、またほとんどすべての人には仕事を休むという意味での休日(ホリデー)がある。だから相手がクリスマスを祝う風習があるかどうかどうかわからない場合は『ハッピーホリデーズ』と言う方が(相手にとって)正しく、無難でしょう」。 筆者の友人もこのクオーラの回答も、だいたい現代のアメリカ人の「メリークリスマス」に対する平均的な考え方であろう。そして、アメリカに移住したヘンリー王子とメーガン夫人もおそらく、この流れで今年のクリスマスカードは「ハッピーホリデーズ」と大きく書かれたものにしたのではと察する。 もちろん、だからと言って「絶対にメリークリスマスと言ってはいけない」というルールになっているわけでもない。今でもこの時期に、店のスタッフで「メリークリスマス」と声をかけてくる人もいるにはいるし、道すがらそのような掛け声を聞くこともたまにある。 筆者が今年もらったクリスマスカードをチェックすると、1枚だけイエス・キリストの絵が描かれたカードのメッセージに「Have a Joy-Filled Christmas」(喜びに満ちたクリスマスを)と書かれていた。 送ってくれた人は、キリスト教信者の年配の女性で、長年家族ぐるみの付き合いがある友人だ。筆者がキリスト教信者ではないと知っているはずだが、厚意で以前クリスマスの数日間、自宅でのクリスマス家族イベント、ディナーにも誘ってくれたことがある。中にはそういう人もいるということだ。 近い将来、新型コロナが落ち着いて、この時期にアメリカを訪れるようなことがあれば、このようなムーブメントもあると知っておくことで、年末のホリデーについてまた違った見方ができるだろう。 最後に個人的な感想だが、アメリカのクリスマスは本当に楽しい。(クリスマスを祝う典型的な家庭の過ごし方の例として)イブあたりから家族・親戚が大集合してディナーを囲み、クリスマスの朝はパジャマ姿の子どもたちがサンタクロースからのプレゼントに大喜びする。大人もそれを微笑ましく見ながら、家族・親戚同士でのプレゼントの交換大会が始まる。皆、子ども時代に戻ったようにラッピングペーパーをビリビリと大胆に破りながら、開封していき「あぁこれ欲しかったの!」と大げさに喜んで笑い合う。それが終わったらテレビを観たり昼寝をしたりと各々がとにかくのんびり、まったり過ごす。そしてまた夜はご馳走をいただく。まるで日本の正月や大晦日のような日なのだ。 この冬、新型コロナの感染は拡大中だが、ワクチン接種も進んでいるため検査をして陰性であれば予定通り家族・親戚で集まり、2年ぶりにこのホリデーを盛大に祝う人も多いようだ。 Happy Holidays! 皆さまも(感染状況に気をつけて)良い年末シーズンを。 本稿はラジオ、CROSS FM Urban Duskの2019年12月9日に出演した際に筆者が話した「NYクリスマスライティングの様子と、メリークリスマスと言わない理由」をベースに、最新状況を加筆したものです。 参照 Omicron variant causes Christmas flight cancellations and holiday travel headaches Why do most people say “Happy holidays” instead of…