脱マスクから半年、NY市長「マスク外して」と異例の呼びかけをした理由

Photo: マスク姿の人(イメージ写真)。(c) Kasumi Abe ニューヨークでは昨年9月に公共交通機関でのマスク着用義務が撤廃された。それ以降、着用するか否かは完全に個人の選択となっている。 街中を見渡すと、現在多くの人がマスクを着けていない。 ただしマスク姿が皆無だったコロナ禍前の風景に完全に戻ったかと言えば決してそうではなく、店内でも地下鉄でも、ごく一部の人は未だマスクを着けて行動している。 マスク離れをしていないのはお年寄りだけでなく若い人もいる(冒頭の写真)。今日ダウンタウンを歩いた感じでは、マスク姿は全体の1%ほどの割合だった。 そんな中、ニューヨークのエリック・アダムス市長は6日、市民に対して「店に入るときはマスクを外して」と異例の呼びかけをした。 朝のニュース番組「PIX11モーニングニュース」にリモート出演した市長は、その理由としてこのように話す。 「未だにマスクをして入店する人(の一部)は新型コロナの感染が怖いのではありません。彼らが恐れているのは警察に捕まることです」 白昼堂々と窃盗犯が高級ブランド店に押し入り、商品を鷲掴みで盗んでいる動画が、コロナ禍以降、ニュースやSNS上で頻繁に流れてくる。ブランド品ではないものの、筆者も実際にスーパーで食品や嗜好品を盗んでいる人を目撃したことがある。それも一度や二度ではない。 今日明日の食べ物に困って万引きをする人はごく一部のようで、「今起こっている窃盗の約97%が転売してお金に替えるため」と専門家は指摘する。 ドラッグストアでは現在、たった10ドルちょっとの頭痛薬でさえ、鍵付きの棚に入れられているのだ。 ブランド店で発生した窃盗の動画。コロナ禍以降、万引きを含む窃盗や強盗が社会問題になっており、このような目撃映像が日々SNS上で流れてくる。どの犯人も必ずマスクを着けている。 市内のほとんどの店は監視カメラを設置しており、マスクなしの犯人の顔を記録し検挙に繋げたい意向だ。市長は小売店の経営者に対しても、マスクを着用している客の立ち入りを許可しないよう呼びかけた。 ただし市長は、マスク着用自体を否定しているわけではなく、入店の際に顔が完全に見える状態であれば、入店後にマスクを着用しても構わないと補足した。 ‘Concern to all’: Adams on ‘tranq,’ other NYC issues デイリーニューズなど地元紙によると、昨年発生した小売店での(万引き含む)窃盗・強盗事件の件数はその前の年と比べて4.5%増加したという。 今年2月の時点では、昨年に比べて10%減少したという報道もある。しかし昨年と比較して減少しただけであり、今年も同様の事件は起きている。つい最近も比較的治安が良いとされているアッパーイーストサイド地区のデリの店員が強盗犯に射殺される事件が起こったばかり。「マスクを外して」という異例の呼びかけは、これらの犯罪への対応に苦慮する市が考えあぐねた末の苦渋の決断なのだ。 関連記事 Text and photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止

「魅力劣る人はより頻繁にマスク着用」研究で判明と米紙

6日、航空業界が機内でマスク着用を求めない方針を決めるなど、日本ではここに来てマスク着用ルールの自由化が進んでいる。 また学校の卒業式でも、マスクなしでの実施が容認されそうだ。 マスク着用は今後、個人の判断や意思に委ねられるケースが増えていき、「着け続けるか外すか」の議論が活発化している。 Photo: 今年1月9日、東京・渋谷を行き交う人々。 パンデミック中にマスク着用義務があったアメリカでは、昨年4月に空港や国内線の機内での着用義務が撤廃され、全米でマスク離れが一気に進んだ。 その後も州ごとにルールが分かれ、ニューヨークでは公共交通機関や駅で残っていたマスク着用義務も9月に撤廃され、着用するか否かは個人の選択となった。 その後、街の人はどうなったのかというと、徐々にマスク離れが進んでいき、現在はほとんどの人がマスクを着けていない。 ただしコロナ禍以前のような風景が完全に戻っているかというとそうでもなく、街を歩いていても電車の中でもイベントでも、一部の人はマスクを着けている。インフルエンザの時期というのもあるかもしれない。 しれない。 そんな中、7日付のFOXニュースやニューヨークポストは、興味深い研究結果をもとに「’魅力的でない’人はより頻繁にマスクを着用していることが判明」とする記事を発表した。 平均年齢が33、34歳の女性が半数以上の対象者を調査したこの研究結果は、心理学専門誌「フロンティアズ・イン・サイコロジー(Frontiers in Psychology)」に掲載されたものだ。「マスク着用は、新型コロナの感染予防から自己アピール戦略として(フェーズが)移行していることを示唆」とあり、FOXニュースが韓国のソウル大学校の心理学の教授や米ノースキャロライナ中央大学(NCCU)の心理学の客員教授に聞いた話をまとめている。 「ポストコロナの世界では多くの人々が脱マスクを喜んでいる中、一部の人はマスクを着用し続ける」状況を鑑み、「自己認識の魅力アップ(魅力的により見えること)がマスク着用の動機だとしても、着用し続ける理由の1つに過ぎないのだから、マスクをしている=醜いとするのは不適切」と断りを入れながらも、着用し続ける人にはあくまでも以下の傾向があるとした。 好印象を与えたい強い動機がある場というのは、例えば就職面接などだ。 ほかにも、パンデミック中のマスク着用の義務化については、専門家の意見も交えこのように分析した。 雇用機会均等法が厳しいアメリカでは、履歴書に写真を貼ることは禁じられているが、そのような国においても、現実的には、面接で外見が結果を左右する一つの要因になりうるということは、まことしやかに言われている。 例えば、最終面接に学歴も条件も遜色がない2人が残った場合、最終的に1人に絞る決め手は、「見た目の美しい方になるだろう」とされている(もちろん反対意見や例外もある)。 そのような見た目も重要な要素となる就職面接の場を仮の設定とし、マスクを着用するか否かの調査も行われ、このような結果を示した。 マスクを着けることによる自己認識の魅力は、好印象を与えたい強い動機がある場(仕事の面接や初デートなど)で効果を発揮するようだ。よって日常的な活動の場(例えば犬の散歩など)においては、影響はないという。 調査をもとにしたこの報道は、「ポストコロナの時代は、マスク着用が自己顕示と自己保護という2つの機能を果たすことができることを示している」と結論づけた。 また、調査は支持政党によるマスク着用の是非についての視点で行われたものではないこと、そして「時が経てば、マスク着用による意図しないメリットと結果がより多く明らかになるだろう」とつけ加えられた。 関連記事 Text and some photos by Kasumi Abe(Yahoo!ニュース 個人「ニューヨーク直行便」(c) 安部かすみより一部転載)無断転載禁止