服装で搭乗拒否のDJ SODA。日本では知られていない、米飛行機で「絶対にしてはいけない」こと

何が起こった? DJ SODAという韓国人女性DJが、ニューヨーク発ロサンゼルス行きアメリカン航空機で、履いていたボトムスが原因で降機させられ嫌がらせを受けたと告白し、米メディアでも話題になっている。 DJ SODA氏によると25日、ビジネスクラスでウェルカムドリンクを飲みながら出発を待っていたところ、突然現れたスタッフに、荷物をまとめて飛行機を降りるように求められたという。 理由は、DJ SODA氏の履いていたスウェットパンツにプリントされていたFワード(F**K YOU)が、搭乗には「不適切」で「攻撃的」と受けとめられたため。 同氏のSNSによると、何ヵ月にもわたる北米ツアー中も同じスウェットパンツを履いて移動し、問題になったことは一度もなく、同機に搭乗した際も、始めはまったく問題視されていなかったという。 同氏が結局スウェットパンツを脱いだところ、スタッフに「もっと早く脱げただろうに」と皮肉を言われたという。 最終的にはスウェットパンツを裏返しで履き、1時間遅れで再び搭乗できたとか(飛行機の出発も1時間遅延)。同氏はお怒りで、同社に対して「不当な扱い、ハラスメント(嫌がらせ)を受けた」と批判し、ボイコット宣言をした。 筆者の経験から思うこと まずFワードについて。アメリカでは言葉の爆弾のような破壊力があり、子どもに悪影響を与えかねないため、メディアや公の場で厳しくセンサーシップがかかり、テレビでは「ピー音」が必ず入る。テレビでは「バカ」などの言葉が21世紀の今でもたまに聞こえてくる日本にいるとあまりピンとこないかもしれないが、アメリカでは言葉の暴力であるFワードは、厳しく規制されている。 DJ SODA氏が同社とここまでこじれた理由について。筆者が思ったのは、同氏が航空会社の指示に対して抵抗し、反抗的な態度を見せたからではないだろうか。初めから素直に応じていれば、相手の態度は硬直化せず、事態の収束に1時間もかからなかっただろうし、嫌味を言われることもなかったのではと推測する。(あくまでも憶測の域だが) また動画を見る限り、男性マネージャー(真ん中)はアメリカ英語を話しているが、このようなアメリカの慣習やルールに配慮していなかったのも不思議だ。 一言断っておくが、米系の航空会社が乗客に対していつも高圧的かというのは、必ずしもそうとは言えない。パイロットによっては到着後にわざわざコックピットから出てきて乗客を笑顔で見送ってくれたりもするし、ジョークを交えた個性的な機内アナウンスをして乗客をリラックスさせる客室乗務員がいたりするなど、マニュアル通りに丁寧過ぎる日本の航空会社と比べても、柔軟でフレンドリーな側面もある。 ただし「安全運行のための機内ルールの徹底」ともなれば、彼らは時に強気&ドライな態度を見せることもある。日本のように「お客様は神様です」とは決して見ない。 参照 オーサーコメント 米系機内でやってはいけない3つのこと (アルコールを飲みすぎない、など周知されていることは割愛) 人を不快にさせる見た目やメッセージ性の高い服装 DJ SODA氏のスウェットパンツ(彼女のスポンサー)のように、いくらデザインの一部だからと言っても人を不快にさせるメッセージが服装(Tシャツやキャップなど)に含まれていると、アメリカでは「Offensive(攻撃的、侮辱的、不快)」と捉えられることがある。あくまでも「それを見た客室乗務員がどう受け取るか」によるので、搭乗拒否やトラブルを避けるためにも、飛行機では無難な格好がベストだ。 また、セクシー過ぎる服装も「攻撃的、不快」と捉えられ、時に搭乗拒否の対象となるので、注意が必要。 参照 As Heard On The Monsters Is this woman’s outfit too sexy to fly in? She Was kicked of a flight?! 英語で書かれたTシャツやキャップなどに関しては、日本人は注意が必要だ。なぜなら、英語で書かれたメッセージの意味を完璧に理解して身につけている日本人は、そう多くはないから。 事例1. 2019年には、アメリカで「Rope. Tree. Journalist. Some assembly required」とプリントされたTシャツを着た乗客が物議を醸した。…

日本人が海外旅行を躊躇する一因?思わず発狂するほど「厄介」な日本帰国に必要なもの(コロナ禍の体験記)

前回「海外旅行はもう行ける!アメリカには「これ」さえあれば…(日米渡航体験記、日本→アメリカ編)」からの続き 今年の3〜4月にかけてコロナ禍初となる日米渡航をした筆者。国境を跨ぎ、この2年で落ち込んでいた渡航者数が徐々に復活していることを肌で感じた。 出発地のロサンゼルス国際空港で出発3時間前の夜10時、すでにチェックインカウンターには長蛇の列ができていた。コロナ禍では必要書類が何せ多いため、皆早めに来たようだ。搭乗するのは日本の航空会社だったので、日本人らしき人も見かけた。東南アジアの人も経由のために日本に渡航するようだった。搭乗すると座席は隣が1人開いた状態でゆったりしていた。同列の日本人女性は駐在員の娘夫妻の産後ケアで3ヵ月間西海岸に滞在し、その帰りだという。 外国人に対して観光目的の入国を認めていない日本は鎖国状態と聞いていたが、到着した羽田空港には意外と外国人がいる印象だった。 コロナ禍3年目、日本も含め世界は着実に前進しているようだ。 ただ国内では、多くの日本人が今もなお海外旅行に躊躇していると聞く。理由として、新型コロナの感染を心配してというのはあるだろう。しかし80%以上の人がワクチン接種を済ませた今、理由はそれだけではなさそうだ。 コロナ禍の渡航は、以前はなかった手間と時間とお金がかかる。一言で言えば、厄介な作業が増えた。海外に行く!という熱量が必要で、リスクも孕んでいる。これらも一般の人々が渡航へ二の足を踏む一因になっているかもしれない。 本稿では、筆者が準備段階や入国時に思わず発狂しそうになった面倒な渡航書類などを備忘録として記しておく。数年後に「そんなこともあったな」と笑って読み返す日を願って…。 日本帰国に必要なもの(渡航条件) コロナ禍の渡航にかかるのは膨大な「手間」と「時間」 前回の記事で、日→米への渡航は、ワクチン接種などの「条件」をクリアすれば、実にシンプルで簡単だと説明した。 それでは楽しいアメリカ旅行が終わり、今度は日本へ帰国するときの話をしよう。 コロナ禍の日本への入国は(たとえ日本人であっても)準備と入国時の手続きが煩雑だと感じた。昨年欧米を渡航した経験からも、日本だけが特別に込み入った条件を設けている印象だ。 近い将来、外国人に観光目的の入国を認めても、このような複雑なプロセスが継続されていく限り、外国人は尻込みし日本旅行に二の足を踏むだろう。 コロナ禍において、日本政府が日本人を含む帰国者・入国者に対して、入国時の条件として求めているものは主に以下の通り。(パスポートなどはコロナ前と同様なので割愛) 健康居所確認アプリ(My SOS)のインストール、アカウント登録、情報入力 接触確認アプリ(COCOA)のインストール、アカウント登録、情報入力 スマートフォン位置情報の設定 新型コロナの陰性証明書(出発前と到着後の2回) 誓約書 健康居所確認アプリ(My SOS) 入国者の居所を確認するためのアプリ。 厳しい水際対策の一環として日本は引き続き入国後の待機期間を設けており、どの地域から入国するか、またワクチン接種が完了か否かで待機期間が異なる。 アメリカからの入国は、ワクチンのブースター(3回目)接種が完了していれば、3月1日より待機日数がゼロになり、筆者もその恩恵を受けた。よって日本滞在中に筆者のMy SOSにビデオ通話がかかってきたことはなかった。 一方、ブースターを含むワクチン未接種者や感染拡大の地域からの入国者は、入国後に一定の待機が求められている。参照 接触確認アプリ(COCOA) 陽性者と接触した可能性について通知を受け取ることができるアプリ。 このようなアプリのインストールは欧米への入国には一切求められないものだ。「アプリか〜。しかも2個も…。日本は手強いな」というのが正直な気持ち。しかし日本入国にはマストだ。やらねば!と奮起。 筆者の旅程は、羽田到着の1時間半後に国内線搭乗だ。しかし入国時、空港検疫で待っているのは、実に長い作業だった。飛行機が羽田に到着しても、国際線トランジット客の優先降機のため、私のような国内線客は座席での待機が続き、ヤキモキした。我先に降りようと試みた乗客もいたが、客室乗務員にぴしゃりと阻止されていた。 20分ほど待っただろうか、筆者もやっと飛行機を降りることができ、到着ゲートには国内線乗り継ぎ客の1人として名前が張り出されていた。 兎にも角にも国内線の乗り継ぎまで時間がない。だから空港検疫〜入国審査をスムーズにするため、ファストトラックで事前に必要事項(ワクチン証明書など)を入力し、写真データを送り、事前審査も完了していた。すべては「完璧」なはずだった。 なのに、第一関門でつまづいた。 筆者のスマホだけがなぜか空港のWi-Fiに接続できず、アプリの登録情報が見られないトラブル….。係員は「この問題は初めて見ます」と言いながらタブレットがあるテーブルに誘導し、再び一からの入力を求めてきた。Wi-Fiのせいで事前入力しておいた時間と労力が台無しだ。無機質な作業台で途方に暮れた。しかし私だけではない。左右にも仲間がいた。同様につまづいた外国人集団(&一部日本人)が頭を抱えながら入力している。時折舌打ちが聞こえてきた。この作業(ロスタイム)に2、30分ほどかかった。(結局のところ、My SOSの登録済みQRコードが必要だったわけで、筆者のようにならないためにスクリーンショットを取っておくことを勧める) しかし、これはその後永遠とも言えるほど長〜く続く、ベルトコンベア式の検疫関門の始まりに過ぎなかった。それぞれの関所(チェックポイント)で多くのスタッフが我々入国者を待ち受け、次々に書類を提出したり、新たな書類を手渡されたり・・・。(コロナ禍で入国者のために働いてくださっているスタッフの方々に感謝しております!) スマートフォン位置情報の設定 2種類のアプリを使用するためには、スマートフォンの位置情報(グーグルマップなど)の設定・保存が求められた。スマホ自体を持っていない人は空港で自費でレンタルしなければならないというルールもある。本当に厄介。これも日本だけ。 厄介と言えば、事前準備の問い合わせもそうだ。書類不備は入国拒否となり飛行機に搭乗できない可能性があるという情報を耳にしたので、事前に情報を入力する際、アプリ入力がうまくできない箇所がいくつかあり、問い合わせ先とされているところにメールを送信したら、返信で「質問はこちらへ」とまた別のメールアドレスに誘導された。質問を再送信したところ「当日現場で解決する」的な返答がきた。こんな不毛なやりとりにも辟易した。 新型コロナの陰性証明書 出国前72時間以内に検査し、結果が陽性であれば飛行機に搭乗できない。また日本入国時に再度検査がある(欧米入国時は再度の検査はない)。入国時の検査で陽性なら、当然だが隔離される。 検査方法も、日本はRT-PCR法などの核酸増幅検査(NAAT)などと「指定」している。 その上、検査証明書も「指定」している(欧米入国には指定フォーマットなどない)。厚生労働省の所定フォーマットに現地医療機関が記入し、署名または押印したものが有効ということだ。(任意フォーマットでも記載内容が適切であれば認められるようだ) ちなみに、筆者が日本への出発前に受けたPCR検査は、ニューヨークの路上に立っている簡易テントの検査場で受けた。料金は、日本の所定フォーマットの検査証明書の発行も含めて無料だった。 読者から「どこ?」という問い合わせがきているが、近所にある検査場を2、3箇所回って、対応してくれる所を見つけただけであり、別に筆者が受けた所のみならず、対応してくれるところはほかにもたくさんあるはず。滞在中に自分の近くの検査場(市内そこかしこにある)を回って、直接確認すると良いだろう。 ちなみに日本のみならず世界中どこでも、コロナ禍での渡航は、出発日の〜日前に受けるコロナ検査が求められ、日本行きの場合は結果が出た翌日に所定フォーマットの検査証明書の発行のために再度出向く必要がある。検査&証明書のための時間とお金と労力がかかることにも筆者は辟易している。 合格発表を待つかのような長い検査結果待ち 話を、筆者が到着した羽田空港の検疫に戻そう。 次々と関門(チェックポイント)を突破し、最後は新型コロナの抗原検査コーナーへ。この再度の検査で「陽性」にでもなったら日本で隔離されるから、これから搭乗する国内線の航空券も今後の予定もすべておじゃんだ。お金も時間も無駄になる。自分で行うように言われ説明を読みながら採取した唾液検査の試験管を、神に祈るような気持ちで係員に渡す。 結果が出るまで、大展示場のように広い待合室で時差ボケの中、ボ〜と待機。暇なので周りの人と会話。岩国の米軍基地の米兵や、ブラジルからやって来た女性英語講師と話したが、彼らも就労目的の来日のようだ。 筆者の乗るはずの国内線はすでに出発した。それでもここを通過しなければ日本には入れないわけだから、冷静さと辛抱強さが求められる。自分の番号がスクリーンに映し出されるのをじっと待つ。まるで受験の合格発表のような緊張が走る。1、2時間待っただろうか。ついに自分の番号が呼ばれた。 ドキドキしながら発表を聞きに行く。「陰性」の紙が手渡される。「やった!」。まるで受験に合格した時のように安堵した。 長旅で疲労困憊だが心はうきうき。長い長い廊下をさらに歩を進め、最後の関所、入国審査までやっと到達した。…

海外旅行はもう行ける!アメリカには「これ」さえあれば…(日米渡航体験記、日本→アメリカ編)

ゴールデンウィーク直前となり、コロナ禍3年目の今年は、メディアが「海外旅行」というキーワードで発信している記事が増えているようだ。 しかし、世界中で新型コロナが終息していない状況にあることは変わりなく、日本では引き続き海外旅行に躊躇している人が大半だろう。 今年3、4月にかけて日米を往復した筆者は、日本滞在中、周囲から「いつになったら行けるだろう?まだ海外に行く気にはならないけど」という声がチラホラ聞こえてくることがあり、人々が1日も早く安心して気軽に海外旅行ができる日を待ち望んでいることを実感した。 また、実際に日米をつなぐ日系航空会社の国際線に搭乗してみて、日米間を渡航する日本人や外国人、または経由地として日本でトランジットをする外国人が微増していることも肌で感じた。 人数はそれほど多いとは言えないかもしれないが、それでもこのゴールデンウィークにコロナ禍以降初めて日本を離れる人もいることだろう。筆者の経験を踏まえ、コロナ禍の日米渡航体験記と、それを通して知り得た情報を綴っておく。今すぐに海外に行く予定はなくても、今後計画を立てる際の参考になれば幸いだ。 どんな人がアメリカに渡航? あくまでも筆者が利用した便の話になるが、4月半ば、羽田空港からロサンゼルス国際空港へ、日本の大手航空会社の国際便を利用して飛んだ。夜10時半ごろの出発便だったが、ゲートは割と混み合い、機内もほぼ満席だった。 多くは外国人、それもフィリピンなどから日本を経由してアメリカに渡るアメリカ人や東南アジア系の人のようだった。(見た目で日本人か否かを判断し記事に書くのはよくないから一言断っておくが、筆者がどのように判断したかについては、聞こえてくる会話の内容と、あとは日本人であれば機内の各座席に簡易スリッパが用意されていると、長いフライト中に履き替えてリラックスするものだが、そうしているのは筆者だけで、周りの人は靴を脱いでいないなどの生活習慣から) 日本人らしき人も少数見かけたが、海外旅行をするファミリーや女子旅などではなく、多くはビジネスのための渡航のように見えた(あくまでも憶測)。ゴールデンウィーク期間中は、日本人の比率ももっと増えるのではないだろうか。 ロサンゼルスに着陸し、入国審査では外国人用の窓口に長蛇の列ができていた。アメリカに前回入国したのがちょうど1年前になるが、当時はヨーロッパからの渡航が禁じられていた時期で、外国人の列はガラガラだった。昨年11月よりヨーロッパからの入国を許可したのもあり、アメリカに入国する外国人が激増したことを感じた。 いつになったら海外旅行に行ける? 「いつになったら海外旅行に行けるか?」という質問がよく聞こえてくる。アメリカ旅行に関しては「行きたければ(今日コロナの検査をして)明日にでも行ける」というのが筆者の答えだ。しかしそれには、いくつかの条件と、手間を手間とも思えない熱量が必要で、ちょっとしたリスクと心理的な負担があることも忘れてはならない。(後編で詳しく説明) まずアメリカへの入国は、日本への入国に比べてかなりシンプルだ。日本人にとっても、アメリカから日本に戻るより、日本からアメリカに行く方がプロセス自体は簡単だということを明記しておく。 アメリカへの渡航に必要なもの(渡航条件) コロナ禍において、アメリカが日本人を含む外国人に対して、入国時の条件として求めているものは以下の通り。(渡航に必要なパスポート、ESTA、ビザなどはコロナ前と同様なのでここでは割愛する) 新型コロナのワクチン接種完了証明書 新型コロナの陰性証明書 CDC(疾病予防管理センター)への誓約書 1に関して。昨年11月以降、アメリカに入国できる外国人は、新型コロナのワクチン接種完了者のみとなっている。ワクチン未接種で、アメリカへの渡航のためにワクチン接種をする予定ならば、少なくとも出発の2週間前には接種を「完了」しておく必要がある。 日本語の接種証明書であれば、英語翻訳版も準備する。基本的に日本の空港で搭乗手続きをしてくれる地上係員は日本語や日本の事情を理解しているので、英語版は搭乗のためというより、アメリカに到着後のためだ。アメリカでは日本と違って今もなお、イベントなどでワクチン接種証明書の提示を求められることがままある。 また限られているが、この入国規制には例外も設けられている。例えば以下に該当する人々は、ワクチンを接種していなくても入国を認められることがある。 例外 18歳未満の子ども 医学的にワクチンの接種が不可能な人 緊急の渡航で、適時にワクチン接種ができない人 2に関しては、搭乗日の前日(出発の24時間前である必要はない)に検査(採取)し、結果が陰性である必要があり、陽性であれば飛行機に搭乗できない。(陽性や書類不備の場合は「強制送還」という情報が一部のメディアに載っているが、強制送還ではなく、そもそも飛行機に乗れない) 検査は一般的にRT-PCR法などの核酸増幅検査(NAAT)が多いが、日本への渡航と違ってアメリカへの渡航には、必ずしもPCR検査である必要はなく、抗原定量検査や抗原定性検査(Antigen)による結果でも問題ない。日本には、外国語の証明書も含めて高額のPCR検査を提供している検査機関もあるようだが、筆者が福岡空港で受けた抗原定性検査は、日本語と英語が両方併記されている証明書も含めて1900円(税込)だった。筆者が昨年6月にスイスで受けたPCR検査は、約160スイスフラン(約2万1000円)。それに比べると随分とリーズナブルな価格だと感じた。 陰性証明書のフォーマットについて、規定はない(日本は指定されたフォーマットを求めているが)。日本入国時に求められるようなアプリのインストールも、アメリカでは必要ない。 3に関しては、アメリカでの滞在先やサインなどをカウンターで渡される書類(紙)に手書きし、出発地の羽田空港でチェックインの際に提出した。 以上の必要書類は国際線の飛行機(国内を経由する場合は最初の便)のチェックイン時に必要とされるものだ。いったん飛行機に乗ってアメリカに到着すれば、後は入国審査で提示を求められることもなく、再度のコロナ検査もない。アメリカの入国プロセスは、コロナ前のようにシンプルかつスムーズだ。 アメリカでの待機や隔離期間は? アメリカに入国後、症状がない限りは日本にあるような厳重な隔離や待機などは求められていない。濃厚接触者の追跡もない。しかし、入国に必要な書類の「例外の人々」は到着後3〜5日以内に新型コロナの検査を受け、7日間自己検疫する必要があるようだ。 筆者が昨年、欧米を往復した際、アメリカは入国する外国人に対して、まだワクチン接種を求めていなかった。当時アメリカに入国して数日後、携帯電話に自動音声装置で留守電が残り、「体調を注視し、新型コロナの症状が見られる場合は、自宅待機や隔離せよ」という趣旨のメッセージが一度だけ入った。しかし、入国の条件にワクチン接種を設けている今、そのような通達はもうない。 本稿で伝えた以上の内容は、アメリカの水際対策に応じて今後変わる可能性がある。筆者が搭乗に先立って、福岡空港で日系航空会社の地上係員に直接問い合わせをした際、その係員も情報に変更がないかタブレットで「最新」情報を逐一確認していた。 出発の際には、直前に変更がないかを調べ、常に「最新情報」を入手しておく必要がある。 (次回、アメリカ→日本編に続く) 本稿の情報はすべて2022年4月28日現在 参照 米国への渡航(在日米国大使館) アメリカ入国後の隔離や待機(CDC) 過去記事 米入国にワクチン接種義務化。健康上の理由で接種できない人は今後どうなる?… 専門家に聞いた(21年) 感染拡大に拍車。英国発の水際対策に再び出遅れるアメリカ(日本も)【ウイルス変異種】(20年) コロナ禍で気になるアメリカ入国のESTAやビザ滞在。在米弁護士に聞いた(20年) ゴールデンウィーク/海外旅行で犯罪やトラブルに巻き込まれないよう注意すべきこと(在住者の視点)(19年) Text and some photos by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止