選手は「憤慨」「劣悪な食事と環境に涙」「胃が痛い…」 米英紙が酷評【北京五輪】

北京オリンピックの開会式前には、選手村やメディアセンターで導入された調理用ロボットや寝心地の良い豪華なベッドなどが話題になっていた。 しかし、大会が始まり実際に蓋を開けてみると、実情は異なるようだ。 7日付のニューヨークポストは、Olympians in tears over poor living conditions, lack of food at Winter Games(冬季オリンピックの劣悪な滞在環境や食事内容に選手が涙)とする記事を発表した。 英サンも、WINTER OF DISCONTENT Winter Olympic athletes fume over poor food, inhumane isolation rooms and bitter COLD weather as games go into meltdown(不満の冬 貧しい食事内容や非人道的な隔離部屋、厳しい寒さなどに苛立ち)という見出しで、滞在環境について、選手や関係者から苦情が出ていることを明らかにした。 食事について まず、延慶(Yanqing)会場にあるアルペンスキーセンターでのケータリングへの不満が、ドイツのコーチから出た。 「オリンピック委員会は温かい食事を提供してくれるとばかりに期待していたが温かい食べ物はなく、あるのはチップスとナッツとチョコレートだけ。オリンピックというスポーツの最高峰の場で提供されるものではない」 このような劣悪環境を予想してか、アメリカのチームの中には、自らパスタを持参しあとは茹でるだけの準備万端な選手もいたようだ。 ロシアのバイアスロン、Valeria Vasnetsova選手がインスタグラムに投稿した内容も、問題視された。 新型コロナで陽性反応が出た同選手は、隔離施設で提供された食事が劣悪過ぎて「毎日泣いている」と、写真付きで訴えた。 発泡スチロールのような入れ物には、何もかかっていないマカロニ、肉料理とポテトが少々、それにトマトソース(のようなもの)が、小分けされている。5日間毎日、朝昼夜このようなメニューだったという。 同選手は「ベッドから起き上がる気力さえなくなり、1日中寝ている。 毎日、ほんの一握りのパスタしか胃が受け付けず、残りは廃棄した」「胃は痛み、顔は青白くなり、目の周りのクマがひどい。毎日泣いている。疲れた」と悲痛の叫びが投稿されていた。(現在その投稿は削除され、アカウントはプライベート設定) 同選手の苦情を受け、大会委員会は隔離施設での食事内容を、サーモンとキュウリなど、より良い内容に改善したようだ。 選手や関係者からは、そのほかの不満も… NPRによると、劣悪な食事内容のみならず、インターネットに接続できず、トレーニング機器がないなど、環境不備も指摘された。 前述のサンには、フィンランドの男子アイスホッケーのコーチから、中国が選手の人権を尊重していないと非難が出たことが指摘されている。ニューヨークポストは、寒すぎる最悪の天候もアスリートが最高のパフォーマンスを出すことを困難にしている要因だとした。 スウェーデンのチームからは、スケジュールはすでにフィックスされているので変更が困難であると承知しているとしながら、悪天候による最悪の状況を回避するため、試合時間をなんとか早めてもらえないかと懇願されているという。 中国の威信をかけて北京オリンピックを成功に導きたい大会委員会は、これらの諸問題にどう向き合っていくだろうか。 関連記事 開会式の放送中、中国の「ジェノサイド」複数回触れられる。【北京五輪の開会式】米メディアはどう報じたか…

生中継で中国の「ジェノサイド」複数回触れられる …【北京五輪 開会式】米メディアはどう報じたか

北京冬季オリンピックが開幕し、アメリカでも連日その熱気が報道されている。 4日に行われた開会式についても、米メディアはいっせいに報じた。 東京オリンピックの際には、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長を「ぼったくり男爵」と批判したワシントンポストは、北京大会の開会式をどう報じたか。 5日付の同紙は冒頭で、「新録の草をイメージさせる巨大な緑のグロースティック(ケミカルライト)を振るダンサーからサイケな色合いの6人のアイスホッケー選手まで、団結と新たな始まりを表現した」と説明。「これらの素晴らしい演出のおかげで、近年の中国のダークな面を挽回した」と、芸術的な側面で、2008年の五輪に続き今回も総監督を務めた映画監督、張藝謀(チャン・イーモウ)氏の功績を讃えた。 一方、コロナ禍での開催については、「バブル方式を採用し、無観客で行われるが、選手や大会関係者308人(4日時点)の陽性反応が確認され、ゼロコロナを目指す中国にとっては懸念事項となっている」とし、パンデミックでトーンダウンし「あまり興奮はない」という地元民の声と共に紹介した。 政治的な見方としては、このような記述があった。 「毛沢東以来もっとも強力な指導者、習近平国家主席の下、同国の治安部隊は新疆ウイグル自治区で少なくとも100万人のウイグル人とほかのイスラム教徒を拘束」 「コロナ禍で開催を決めた大会のモットー『共有された未来のために共に』は、『人類のための共有された未来があるコミュニティ』を構築するという習氏の政治哲学に共鳴したものだが、そのようなモットーでさえ、外交ボイコットを主導したアメリカによって打ち消された」 NPRは、開会式の目を引くような素晴らしいシーンの写真と共に、ハイライトで紹介している。 習主席と共にロシアのプーチン大統領も出席したことについても触れ、「開会式での2大権力者の存在感は、人権侵害問題の国際批判に晒される中国に必要な同盟国がいることを知らしめた」。 コロナ禍での開催については、「東京オリンピックでは、開会式の会場外で抗議デモが行われたが、北京の会場周辺は道路が封鎖されたため、そのような様子は見られなかった」とした。 英VoxはWhy the Olympics opening ceremony felt kinda weird(オリンピックの開会式に違和感を感じた理由)という見出しで、開会式に映し出されれたプーチン大統領、10代の若者を多用し平和や世界の協調、パンデミックとの闘いを強調した演出、聖火ランナーの最終走者をウイグル族のクロスカントリースキー選手、ジニゲル・イラムジャン(Dinigeer Yilamujiang)氏が務めたことなど、多くの政治的要素が盛り込まれた開会式に疑問を呈した。 放送中に中国の「ジェノサイド」について複数回触れる NBCニュースは、コネチカット州のスタジオと北京を繋ぎ、2時間半にわたって生中継で開会式の様子を放送した。 「パンデミック中のもう1つのオリンピックが開始した。物議を醸している北京五輪だ」。同局の看板アンカー、サバンナ・ガスリー(Savannah Guthrie)氏は冒頭でこのように紹介した。 「パンデミックの真っ只中にオリンピックを開催できることが可能な能力とハイテクの腕前と国家の力を披露した」と評価する専門家の声も交えながら、ガスリー氏が以下のように説明するシーンも見られた。 ウイグル族選手の式典の起用について 「西(欧米)に対して挑発的(なメッセージだ)」 中国の人権侵害問題について 「中国は少数民族を(強制労働や強制不妊などで)弾圧し、アメリカはそれをジェノサイド(集団虐殺)と呼んでいる。そのような人権侵害に対する声明として、アメリカは外交ボイコットをしており、政府代表団を派遣していない」 「ジェノサイド」という言葉を含む中国の人権侵害問題についてのアナウンスは、2時間半に及ぶ開会式の中継中に筆者が確認する限り、少なくとも3度あった。 オリンピックの米国放映権を持つNBCユニバーサルの子会社であるNBCニュースは、東京大会にはアナウンサーチームを現地派遣したが、北京大会には派遣していない。その理由として、閣僚派遣を見送った日本の姿勢と同様に「新型コロナの感染防止のため」というのが表向きに発表されているものだ。 関連映像 NBCニュースによる、北京オリンピック開会式のダイジェスト (1) (2) 関連記事 【悲報】豪華な北京五輪ベッド、硬い東京の段ボール製。日本の環境配慮の理念がほとんど伝わっていなかった 米オリンピック視聴率激減が示すこと。アメリカ人は本当に五輪を観なくなった?それとも・・・ 【東京五輪】開会式当日と翌日、米主要紙の一面を飾った話題は? Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

【悲報】豪華な北京五輪ベッド、硬い東京の段ボール製。日本の環境配慮の理念がほとんど伝わっていなかった

北京オリンピックまであと4日に迫り、アメリカでも報道が増えてきた。 そんな中、リュージュのサマー・ブリッチャー(Summer Britcher)選手が北京の五輪選手村のベッドが「ハイテクですごい」と発信し、話題になっている。 ブリッチャー選手は、TikTokに投稿された質問「段ボールベッドですか?」に答える形で、このように発信した。 「素晴らしい体験を共有できるため、このような質問にワクワクします。北京大会の組織委員会が東京大会より良いものにできるかと考えてくれたこととして、ここには段ボールベッドがないだけでなく、Zero-G(ゼロジー)の素晴らしいベッドがあります」 同選手はリモコンで電動リクライニングベッドを操作しながら、北京大会の選手村のベッドの快適さを称賛した。 中国外務省の趙立堅副報道局長も、ブリッチャー選手のTikTokを引用し、「北京大会の選手村のベッドがどのように『世界を超える(規格外の)素晴らしさ』かご覧ください」と誇らしげにツイートした。 この話題について、米メディアも追随している。 五輪独占放映権を持つNBCニュースは、The Beds at the Beijing Olympic Village Are Guaranteed to Make Tokyo Athletes Jealous(北京オリンピックの選手村のベッドは、東京大会のアスリートを間違いなく嫉妬させるだろう)という見出しで、以下のように報じた。 「北京の選手村のベッドについて、悪名高かった東京大会のベッドのような段ボール製かと聞かれたブリッチャー選手の回答は、ファンを喜ばせるものだった。そして、おそらく何人かの東京五輪の出場選手を苛立たせることだろう」 実際に、東京大会に出場したラグビーのイロナ・マー(Ilona Maher)選手がブリッチャー選手の投稿内容に興味を示し、リプライした内容についても触れた。 「完全リモート操作のベッドですか?」「大きいベッドに見えますが、どのくらいの大きさですか?」。また東京大会のベッドについて「このくらいの大きさでした」(と言いながら、親指と人差し指で小さいサイズを示すジェスチャーをしながら)「可燃性が非常に高い(素材の)ものでした。そしてとても硬くて、使い始めて1週間で背中が痛くなりました」。 ニューヨークポストも、Plush Beijing Olympics beds put Tokyo’s cardboard mattresses to shame(豪華な北京オリンピックのベッドは東京大会の段ボールマットレスを超えた)という見出しで、東京大会の選手やチームUSAのリアクションを紹介した。 「東京大会の段ボールのベッドがいかに不快だったかを思い出しました」(シッティングバレーボール、エマ・シークEmma Schieck選手) 「(思い出して)泣いています」(重量挙げ、マティ・ロジャーズMattie Rogers選手) 「あぁ、いいですね」(チームUSAのTikTok公式ハンドル) 東京オリンピックの1人用段ボール製ベッドについては、昨年の大会開催中、その耐久性を試す目的として、アイルランドの男子体操、リース・マクレナハン(Rhys McClenaghan)選手が「アンチセックス・ベッド」だと表現し、何度もジャンプする動画をソーシャルメディアに投稿し、炎上した。 また同様の目的で、イスラエルの野球選手も最大9人がベッドの上を飛び跳ね、意図的に損壊させ、その様子をソーシャルメディアに投稿し、こちらも炎上する騒ぎとなった。 住居も部屋の作りも日本に比べて大きいアメリカでは、体のサイズに合わせてクイーンサイズ以上のベッドを使用している人が多く、ベッドボードなども含めて頑丈で豪華な作りが好まれる傾向にあり、日本とは文化的な背景が異なる。それにしても、東京大会のベッドがツインサイズほどの大きさで高さもなく、段ボール製の素材が採用された背景として、新型コロナの感染対策および、車椅子利用者や地球環境への配慮という素晴らしい理念があったからだった。しかし、そのような背景や経緯が今回の報道でも触れられておらず、選手にもほとんど伝わっていないようで、とても残念だ。 Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止