メダル候補の失速とメンタルヘルス── 大坂なおみ選手は「うつ」なのか?英語の意味を米心理療法士が解説

アメリカの体操の女王も不調 オリンピックにはやはり魔物が棲んでいる? 東京オリンピックでは、日本をはじめとする各国選手が続々とメダルを獲得する中、メダルの有力候補だった選手も次々と敗退している。 体操で過去4つの金メダルを持ち今大会でも有力候補のシモーン・バイルス(Simone Biles)選手もそうだ。開会以来、着地で幾度となくバランスを崩すなど本来の実力を思うように発揮できず、27日団体総合決勝で途中棄権した。チームとしてはロシア五輪委員会(ROC)に破れ、銀メダルを獲得した。 途中棄権の理由についてバイルス選手は、身体的な問題ではなく「自分のメンタルヘルス(心の健康)を保つため」と話した。また「頭で考え過ぎてしまっている」「年齢を重ねるごとに緊張するようになった」と、絶対王者らしからぬ不安な気持ちが露呈した。 スター選手を擁するアメリカの体操チームは、選手村に入らず選手にホテル滞在をさせるなど、体と心の健康に配慮し手厚い環境を整えている。開会式にも出席せず、こぢんまりとセレモニーを行うなど徹底した新型コロナの感染防止対策で準備万端だったはず。しかし、現実は厳しいようだ。 これについてCNNは、「バイルス選手の感傷的なインタビューが、オリンピック選手のメンタルヘルス問題を人々に投げかけた」と報じた。 バイルス選手がメンタルヘルスの話をしたのは、筆者にとって目新しいことではなかった。4月にオンラインで開催された「チームUSAサミット」では、1年以上に及ぶパンデミック中の選手のメンタルヘルスが1つのトピックだった。バイルス選手も微笑みを浮かべリラックスした表情で登場したが、「昨年は非常にナーバスな時期もあった」と、揺れ動いた胸の内を明かしていた。 新型コロナの感染拡大、ロックダウン、練習場の閉鎖、オリンピックが延期か中止か・・・精神的なショックが続き、まるで出口の見えないトンネルをさまよっているかのような時間を過ごしてきたという。そろそろ引退を考える年齢(24歳)にさしかかっていることも言葉の端々で匂わせた。体操選手としての自身の限界を感じているのかもしれない。 バイルス選手は29日に個人総合決勝が予定されており、28日はメンタルの休息にあてるようだ。メダルの女王として、なんとか最後の踏ん張りを見せてほしい。 Updated: バイルス選手は28日、個人総合決勝出場の辞退を発表。 大坂選手のメンタルヘルス問題。本当に「うつ」なのか? メンタルヘルスの問題と言えば、テニスの大坂なおみ選手もそうだ。 長期にわたるディプレッションを告白し、全仏オープンを棄権した​​大坂選手。その後、全英オープンも欠場して休養し、オリンピックで久々にコートに戻ってきたばかりだった。しかし27日の女子シングルス3回戦でミスを重ね、世界ランク42位のチェコ選手にストレートで敗れ、ベスト8進出を逃した。 全仏オープンの時期は日本のメディアで「うつ状態」と大きく報じられたが、その後スポーツ系の雑誌の表紙を水着姿で飾り、自身のバービー人形やNetflixのオリジナル番組がリリースされ、オリンピックの開会式で聖火台に火を灯す大役を果たした彼女に、「うつではなかったの?」「内向的な性格には見えない」と世間の風当たりは強い。 英語「Depression」の意味とは 大坂選手の言う「Depression」とはどういう意味なのか。ニューヨーク州ライセンスを持つメンタルヘルス・カウンセラー、心理療法士のダニエル・ファン氏(Daniel Huang, LMHC)に話を聞いた。 まずファン氏は、メンタルイルネス(精神障害、うつ、心の病気)について、「白か黒か(うつかうつじゃないかといったレベル)の話ではない」と言う。 症状の軽いものから自殺をするほどの重いものまで段階があり、診察なしでは言い表せないと言う。ファン氏が心の治療にあたっているハミルトン-マディソンハウスでは、入院治療までを必要としない患者を受け付けており、カウンセリングをした上で各人の症状に応じて治療する。 メンタルイルネスを引き起こす要因もさまざまだ。遺伝的なもの、性格的なもの、育った環境、職場や家庭のストレスなど外的なものなどが、複雑に絡み合う場合もある。自殺未遂を起こすほどの深刻な患者は以前は年間1、2人程度だったが、パンデミック以降、失業や孤立などのストレスが加わり、その数は10人ほどに膨れ上がっている。 大坂選手の症状として、どのような状態が考えられるだろうか。ファン氏は「直接診察していないし、自分はスポーツ専門のカウンセラーではないのではっきりしたことはわからない」と前置きをしながらも、「開会式の様子などを観る限り、自殺を考えるほどの重度の症状ではないように見えます」と言う。 ただし、重くないと言えど、心がどれほど病んでどれほど辛いかは他人には決してわからない。 大坂選手が発したツイートの中の一文:I have suffered long bouts of depression since the US Open in 2018 and I have had a really hard time coping with that.(2018年の全米オープン以来、私は長い間ディプレッションで苦しんでおり、対処するのにとても時間がかかっている)の解釈について、英語ネイティブの立場から、ファン氏はこのように答えた。 「Depressionをどう解釈するかは先ほど述べたように、人によって症状や状態が違うのでわからないが、この一文から私が感じることは、大坂選手の気分が良くない、普通ではない状態が、数日単位ではなく数週間、または数ヵ月という長いスパンで続いているというのは確かでしょう」 ツイート内容の訳語を含む関連記事 「気分の落ち込みは18年USオープンから」 大坂なおみ全仏棄権と衝撃告白、各界の反応は? 最後にファン氏は、スポーツ選手に限らず、一般の人々がメンタルヘルスを健康に保ち重症化させないために、このようにアドバイスした。 「人は落ち込んだ気持ちや悪い状態を隠す傾向にあるのですが、そのような状態は悪化する前に早めに告白してしまうのが良いです。その点では大坂選手は(自殺などを起こすような)重症化する前の段階で、自分がどのような状態にあるのか、どんな気持ちなのかを包み隠さずに話しました。良いお手本だと言えるでしょう」 オリンピック・パラリンピック競技大会概要 …

「大丈夫、じゃなくてもいい」東京五輪直前、大坂なおみ選手が伝えたかったこと

テニスの大坂なおみ選手が米タイム誌の東京オリンピック直前特集号(19日)に手記を寄せ、8日電子版でも公開された。 大坂選手は全仏オープン(ローラン・ギャロス)直前の今年5月、ソーシャルメディアを通じて「記者会見でアスリートの心の健康状態が無視されている」と問題提起し、全仏中は試合後に会見を行わない意向を表明した。それが発端で思わぬ騒動に発展し、全仏オープンの棄権を発表。 その発表の際、実は2018年全米オープン以来、記者会見での記憶がトラウマとなり、気分の落ち込みや憂鬱な気分に長い間、悩まされていることを告白した。日本のメディアでも「うつ状態」などと大きく報じられた。 大坂選手はその後充電期間に入り、アメリカのスーパーに姉のまり氏と食品の買い物に行く姿などがキャッチされていた。また先月28日から今月11日まで開催の全英オープン(ウィンブルドン選手権)にも欠場している。一方、23日から始まる東京オリンピックには初出場する意向を示している。 関連記事 「気分の落ち込みは18年USオープンから」 大坂なおみ全仏棄権と衝撃告白、各界の反応は? タイムに寄せた手記で、大坂選手は5月以降の騒動をこのように振り返った。 人生とは旅です。 これまでの数週間、私の旅は予想外の道をたどりましたが、(その経験が)私に多くのことを教えてくれ、私に成長をもたらしました。私はいくつかの重要な教訓を学びました。 大坂選手の言う重要な教訓とは何だろうか。 学びその1: すべての人を喜ばせることはできない(全員の同意や理解、満足を得ることは難しい)。 自分が生きてきたたった23年間でも、世の中にあるたくさんの分断を見てきた。(昨年以降のBLM関連でも)自分にとっては明らかに不当な差別問題でさえ、さまざまな意見が分かれるのだから、精神的なケアのために、全仏オープンの記者会見を欠席すると発表した時、その後の展開について、覚悟しておく必要があった。 学びその2: 誰もが心の健康に関わる問題を抱えている。あるいは周りにそのような人がいる。 これは自分の下に届いた数多くのメッセージから知ったこと。私たちは皆、感情や情緒を持つ1人の人間である、という点でほぼ共通している。 また、自分の行動が誤解を招き人々を混乱させたのかもしれないが、プレス(記者やメディア)と記者会見が混同されていると分析している。 「自分は(これまで素晴らしい関係を築いてきた)プレスのことは大好きだが、すべての記者会見を好きなわけではない」と再度、明確に表明。その上で、大多数のテニスライターは同意をしていないが、彼女自身の個人的な意見としては「記者会見の形式自体が時代遅れで、刷新が必要」と再び問題提起をした。 家族や友人、励ましてくれた世間の人々、ミシェル・オバマ氏など彼女を支援してくれた各界の著名人、パートナーであるスポンサー企業らに感謝を表明しながら、自分の性格について再び、内向的で注目されるのは苦手と改めて告白した上で、「自分がこれは正しい(&間違っている)と思うことは自分を奮い立たせて発言するようにしている」と言う。しかしその結果、代償として大きな不安に襲われることがよくあるとした。 「大丈夫、じゃなくていい」 彼女がもっとも強調したかったであろうアスリートのメンタルヘルスについて、個人的な症状や病歴はプライバシーの観点から二度と開示したくないし、メディアにもその辺は聞かないでほしいと釘を刺した。さらに、「自分にとっては新たな分野で、いつもはっきりした答えが自分にあるわけではない」としながら、 大丈夫、じゃなくてもいい。 辛い時には辛いと言っていい。 このように人々に共感してもらい、メンタルヘルスに対する人々の理解がより深まることに期待を寄せた。 競泳の金メダル保持者、マイケル・フェルプス選手に「あなたが話すことで命を救ったかもしれない」と言葉を送られたエピソードも紹介し、このようにも語っている。 もしそうであれば、(自分の症状を告白するだけの)価値がありました。 助けてくれる人はいるし、どんなトンネルの先にも光はあるものです。 東京オリンピックに寄せて 手記の中には、迫り来る東京オリンピックについても言及している。 この数週間、大切な人と時間を過ごして充電し、反省すると共に前を向くことができました。東京でプレーできることをこの上ないほど楽しみにしています。オリンピック自体が特別なものですが、日本のファンの皆さんの前でプレーする機会を得られることこそが夢のようです。皆さんに誇りに思っていただけるようなプレーをしたいです。 気分の落ち込み、反省、そして充電を経て再び心身ともに強くなった大坂なおみ選手が誕生したようだ。日の丸を着けた大坂選手の、東京オリンピックでの活躍が楽しみでならない。 Naomi Osaka | Official Trailer | Netflix 今夏「Naomi Osaka旋風」到来の予感! 今月16日より、ネットフリックスで大坂なおみ選手のドキュメンタリーがスタートするとして、アメリカでも大注目されている。 予告編で大坂選手は、幼少時の家族の写真なども交え「母はいつも残業し、時には車内泊をするなどし、子どもたちのために自分を犠牲にしてきた。そんな母を自分がテニスをすることで救い、母には幸せになってほしかった」と振り返っている。大坂なおみ選手の知られざる生い立ち、強さの秘訣、テニス選手だけではない1人の女性としての一面も垣間見られそうだ。 関連記事 「気分の落ち込みは18年USオープンから」 大坂なおみ全仏棄権と衝撃告白、各界の反応は? 大坂なおみ、女子スポーツ界長者番付で世界トップ&年収で新記録樹立! 米メディア発表 大坂なおみ優勝 黒人差別に対するメッセージも含め米メディアはどのように報じたか 大坂なおみ選手と重国籍問題 アメリカ国籍を選んだ「元日本人」に聞いた 大坂なおみ「世界トップアスリート」に。米紙に語った「私にとって、もっとも大きなことは・・・」 大坂なおみ帰国会見「自身のアイデンティティについてどうお考えですか」 インタビュアーとして思うこと Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース…

「気分の落ち込みは18年USオープンから」 大坂なおみ全仏棄権と衝撃告白、各界の反応は?

テニスの大坂なおみ選手が、全仏オープンを棄権した。 大坂選手は大会前の先月26日、ソーシャルメディアを通じて、「(記者会見では)アスリートの心の健康状態が無視されている」とし、全仏中は試合後に行われる記者会見に臨まない意向を表明していた。 記者会見ボイコットを告げるメッセージ 皆さん、元気にお過ごしのことと思います。今日これを書いているのは、全仏オープン中は、記者会見をしないことをお伝えするためです。これまで、アスリートのメンタルヘルスが軽視されていると感じることがしばしばありました。会見場で私たち選手は、何度も受けた質問についてしつこく聞かれたり、疑念を抱くような質問をされたりしますが、疑いの目で見る人に自分をさらけ出すつもりはありません。たくさんのアスリートが負け試合後の会見で打ちのめされているのを見てきたし、あなたもそうでしょう。落ち込んでいるときの打撃は相当なものだし、そもそも質問の意図が不明です。私が記者会見をしないことは、大会自体や私が昔からお世話になって仲良くしている数名の記者に対しての拒否ではないので、個人的なこととして取らないでください。主催側が「記者会見をしなさい。そうしなければ罰金です」と言うのは、選手のメンタルヘルスを無視し続けることであり、それに対して笑うしかありません。私が支払う罰金が、メンタルヘルスのチャリティーに寄付されることを願っています。xoxo (ツイッターの概要) そして1回戦の試合後、大坂選手はコート上のインタビューには応じたが、決意表明をした通り、記者会見に姿を見せなかった。そのため、主催者から罰金1万5000ドル(約150万円)を科された。またグランドスラム4大大会の主催者は共同で、今後も記者会見をしないならば、より多くの罰金やグランドスラムへの出場停止処分を受けることになるとの声明を出した。 この問題はアメリカでも大きな波紋を広げたが、議論が大きくなりすぎて大会自体を混乱させていると判断した大坂選手は31日、全仏オープンの棄権を発表した。 全仏オープンの棄権を告げるメッセージ 皆さん。これは、数日前に投稿した時には想像もしていなかったようなことです。ほかの選手のためにも自分のためにも、今私がこの大会から退くことで、誰もが大会に集中できるでしょうから、そうするのがベストだと思っています。私は混乱させるようなことは決して望んでいませんでしたが(会見拒否の発表の)タイミングや内容は適切でなかったようです。もっとも大切なことは、私は決してメンタルヘルスという言葉を軽い意味で使ったわけではありません。事実、私は2018年の全米オープン以来、気分の落ち込み*が長い間続き、対処するのにとても時間がかかっています。私のことを知る人はわかっていると思いますが、私は内向的な性格で、試合会場で私がヘッドフォンを使うのは不安な気持ちを和らげられるからです。テニス関連の記者は私に親切な人ばかりですが(そして会見拒否発表について私が傷つけたかもしれない素晴らしいジャーナリストには謝罪したいです)、私は人前で話すのが苦手で、世界のメディアを前にすると特に大きな緊張と不安に襲われます。なんとか良い受け答えで会見をやり遂げようとしますが、大きなストレスになっています。ここパリでも私は心もとない気持ちでいっぱいでした。それで会見をやらずにセルフケアをしようと思い立ちました。(記者会見の)ルールは部分的に時代遅れと感じるため、それをお伝えするために先手を打ってアナウンスしましたが、私の表明は大きな衝撃を与えてしまい適切ではありませんでした。大会事務局には謝罪文を送り、大会後に改めて話す機会を持ちたい意向をお伝えしました。今しばらくコートから離れて過ごすつもりですが、時期が来たら選手や記者団、ファンのための最良の方法を探るための話し合いの場をツアーとぜひ持ちたいです。皆さんが元気で安全に過ごすことを望んでいます。みんなのこと愛してるよ。そして時期が来たらまた会いましょう。(ハート) (ツイッターの概要) 大坂選手の決意に対して、各界からさまざまな応援の声が上がっている。 テニス選手や関係者からも、心情を察する声が上がっている。 なおみに思いを寄せています。彼女を抱きしめてあげたい気持ちです。なぜなら私も同じような経験があり、彼女の言っていることがよくわかるからです。人々は皆、考え方も性格も違うのですから、この問題は彼女に任せ、彼女にとって最善の方法で対処させてあげるべき。そして(問題の本質について)気づきがあること、それが新たな一歩となるでしょう。 (セリーナ・ウィリアムズ選手) (試合後の会見を開くのは)もちろん簡単なことではありません。しかし(大会前に選手が合意の)サインをしています。これはスポーツであり、観客やスポンサーなどすべての人から期待されていることですから、どうにかやり遂げなければなりません。心からサポートしてくれるチームに恵まれる必要があるでしょう。彼らはあなたと共にあり、(落ち込む時に)あなたの支えになってくれます。 (ソフィア・ケニン選手) 大坂選手の件では、たくさん悲しいことが起こっています。ただ、彼女はそれを自分で決めたのですから、正直な話、今起こっていること以上にコメントはないです。精神的にダメージを負っているようですから、早く立ち直って欲しいということを望むばかりです。 (エリナ・スヴィトリナ選手) 大坂選手に今、必要な助けや時間などが適切に得られているかが心配です。彼女は世界最高の選手であり、国際的に人を惹きつける魅力と(実績の伴った)説得力のある有名人です。問題が彼女のテニスに影響を及ぼさないかと、私は大坂なおみ選手のファンとして心配しています。 (ESPNコメンテーター、マイケル・ウィルボン) 2018年の全米オープン以来、グランドスラムで4度優勝している大坂選手は、気分が落ち込んだ状態にあることを、彼女は前向きな姿勢で正直に打ち明けました。それは彼女が解決しなければいけない問題であり、問題と認めるのは大きな勇気とチャレンジが必要です。正直に告白したこと、そして記者会見に応じたくないとする理由を説明してくれたことについて、拍手を送るべきでしょう。 彼女をサポートする上で1つはっきりしておきたいのは、彼女は選手に課せられたルールを変えたいわけではありません。自ら大会に参加すると名乗り出たのであり、プロ選手であり、プロとしての義務を果たす必要があるのですから、近い将来同じことが起こらないように願うばかりです。 (ESPNコメンテーター、スティーヴン・A.スミス) 記者会見ボイコットやメディアが選手に与えるメンタルヘルスの問題についての悲しいニュースを聞き、特に彼女のような若い女性の心の問題は、真面目に受け止めるべきだと思いました。私も個人的にはメディアは嫌いでしたが、メディア(の助け)がなければ賞金も契約もないのですから、プロとして会見に応じるのは仕事の一部であると考え、受け答えをしてきました。全仏中の記者会見ができないという彼女の表明は今後も難しいことの示唆でもあり、彼女のキャリア面の危機に瀕している。 (元テニス選手のボリス・ベッカー) 昨年のBLM問題の際も自らの言動が注目され、人々に黒人差別問題について考えるきっかけを与えた大坂選手。その時も今回も、賛同と同じくらい反発も多いのだが、それは彼女のような一挙手一投足が世界の注目を浴びるに等しい影響力を持つ、若い世代のリーダー的なアイコンの使命なのかもしれない。 復帰のタイミングや東京オリンピックについて本人は明言をしていないが、オリンピックは体調などを考慮した上で出場の意思を示しているとも報じられている。しばらく休養し再び時期がくれば、必ずやコートに復帰するだろう。その時は心身ともに強く聡明でさらにパワーアップした世界のNaomi Osakaとして。 Sources: 米ワシントンポスト 英ユーロスポート * 注:日本語の記事に「鬱病」「うつ病」と書かれているものが散見されますが、英語の原文を読む限り、大坂選手の表現するdepressionとは、気分の落ち込み、うつっぽい憂鬱な気分が2018年以来、長い間あるということではないかと思いました。オーサーコメント 関連記事 大坂なおみ、女子スポーツ界長者番付で世界トップ&年収で新記録樹立! 米メディア発表 大坂なおみ優勝 黒人差別に対するメッセージも含め米メディアはどのように報じたか 大坂なおみ選手と重国籍問題 アメリカ国籍を選んだ「元日本人」に聞いた 大坂なおみ「世界トップアスリート」に。米紙に語った「私にとって、もっとも大きなことは・・・」 大坂なおみ帰国会見「自身のアイデンティティについてどうお考えですか」 インタビュアーとして思うこと Text and photo by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止