眞子さまNY移住で噂される3つの「就職先候補」ってどんなところ? 現地在住目線でその「魅力」を紹介

眞子さまの結婚後の移住先として注目されるニューヨーク。日本のメディアによれば、早くもいくつかの就職先候補が浮上している。 その就職先候補はどんなところか気になるだろうが、まず始めに、日本人を含む外国人が「アメリカで働くこと」について説明したい。 アメリカで外国人が就労するには、就労ビザやOPT(実践的経験を積むことを目的に与えられる就労許可)、就労許可証、またはグリーンカード(永住権)の中からいずれかが必要だ。また外国人が就労するということは現地の雇用を奪うことにもなりかねないため、その人の専門性や、その人でなければ業務が成り立たないというような雇用主からの証明書などが求められる。 また、一口に就労ビザと言っても職種や役職によってさまざまな種類が存在する。ニューヨークの一部の報道では、ロースクールを卒業した小室圭さんが今後取得するだろうとされているビザは、OPT(もしくは就労許可証)の後にH1-Bと呼ばれるタイプのもので、来春以降にH1-Bを申請するのではないかと言われている。 就労ビザやグリーンカードは通常、移民法専門の弁護士に依頼し申請する(移民法の専門知識があれば自分で行うことも可)。申請と取得には、時間とお金がかかる。筆者も以前ニューヨークの出版社に勤務していた際、H1-Bビザ保持者だったので、外国人がアメリカで就労するための苦労や労力を身を以て実感してきた。しかもH1-Bビザの新規年間発行数は6万5000件と決まっている。その枠内に入らなければアメリカでの就労は認められない。仕事があるにも拘らずこの枠内から洩れたため、泣く泣く帰国して行った人を筆者は何人も見てきた。この国で、自分が希望する職種や会社で合法的に就労することは、決して狭き門とも思わないが、限られた門であることは間違いないだろう。そしてビザ保持者の配偶者にとっても同様だ。 参照 オーサーコメント 一方でアメリカというところは、秀でた才能の持ち主や高額納税者を喜んで迎え入れ、グリーンカードや市民権を寛容的に与える国でもある。それがひいては国力に繋がることを考えれば納得だ。そして眞子さまは小室圭さんと結婚して小室眞子さんになっても、いわゆる一般の人ではない。アメリカ人は王族や皇室のロイヤルの称号を崇める傾向があり、「元プリンセス」「元ロイヤルファミリーの一員」「天皇陛下の親戚」という言葉の響きに弱い。よってそのような肩書きのある人を仕事仲間やコミュニティの一員として迎え入れたい気持ちになるのは、わからなくはない。一般人にとって容易くはない就労ビザやグリーンカード、市民権の取得でも、ロイヤルブランドで難無く可能になってしまうかもしれない。 そんな前知識を踏まえ、(あくまでも噂の段階ではあるが)眞子さまの就職が囁かれているニューヨークの3つの候補地がどんなところか紹介していきたい。 メトロポリタン美術館(MET) 現時点で米メディアにはそれらしき情報は出ていないが、日本の女性週刊誌により「就職先として急浮上」と紹介されたのが、マンハッタンの高級住宅地、アッパーイーストサイドに位置するメトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)、通称メットだ。 ここは世界三大美術館の1つと呼ばれ、アメリカの美術館としては最高峰だ。世界各地からコレクションされた5000年以上にわたる文化・芸術遺産200万点以上を収蔵、展示している。アート業界に身を置けば、一度は働いてみたい職場かもしれない。 筆者は10年以上前、この美術館のペーパーコンサベーション(紙の修復・保存)部でコンサバター(修復・保存家)として勤務する日本人女性を取材したことがある。現在全部で何人の日本人や日系人が勤務しているかは不明だが、ウェブサイトを見る限り日本画のコンサバターとして日本人男性が勤務していることを確認できる。競争が激しいニューヨークのアート業界ではあるが、同館で眞子さまの「専門性」が求められれば、日本人であっても雇用される可能性は充分にある。 訪問するなら…筆者のおすすめ ゴッホやピカソ、フェルメールなどの中世ヨーロッパの名画、そしてエジプトからそのまま移転させた巨大な古代芸術は特に見応えあり。また館内には(日本から訪れた人にはあまり関心を持たれないが)葛飾北斎など日本の芸術展示コーナーもあり、地元の人々に高く評価されている。 館内は1日では周り切れないほど、とにかく広い。名作ぞろいと言えども1作1作見きれない。訪れる際は事前にどんなジャンルの美術を中心に鑑賞したいのか的を絞って臨むといい。 屋上にはルーフトップカフェ&バーもある。アートの鑑賞後、そこでの休憩は最高に気持ちが良いはず。 アメリカ自然史博物館 マンハッタンの高級住宅地、アッパーウェストサイドに位置するアメリカ自然史博物館(American Museum of Natural History)も話題の1つになっている。こちらも現時点で米メディアにはそれらしき情報は出ていないが、別の日本の女性週刊誌で「眞子さまが数年前にお忍びで視察したことがある」として、就職先の候補の1つではないかと紹介された。 場所は真ん中のセントラルパークを軸に、前述のメットからはちょうど真反対側の西側に位置。館内では動植物、鉱物など自然科学・博物学にかかわる標本や資料を所蔵・展示している。創立は1869年と、こちらも長い歴史を持つ。 以前は大人向けにお泊まり会を開催したり、パンデミック以降は同館の一部を予約不要の新型コロナワクチン接種会場とするなど、斬新なアイデアも地元で評価を得ている。 過去記事 アメリカ自然史博物館で行われたイベント アポロ11号月面着陸から50年 記念展で「次に月に行く人は?」との問いに・・・ 訪問するなら…筆者のおすすめ 恐竜の標本や化石、プラネタリウム、動物や海洋生物のコーナーなどが見応えがあり、大人から子どもまで楽しめる。 海洋生物コーナーに展示されている、長さ29m近くの等身大の巨大クジラの模型は圧巻。1925年に南米の最南端沖で死骸として発見された雌のシロナガスクジラをモデルにしたもので、これまで存在した動物の中で最大のものとして知られる。クジラの模型の下は昼間でも薄暗くて静かなので、地元では密かに昼寝や休憩の名所として親しまれている。 ギャラリー 米ウェブニュースのPageSixは9月、眞子さまについて「留学先の英国レスター大大学院の博物館学で修士号を取得し、東大博物館で働いてきた実績やコネクションを買われ、ニューヨークのトップギャラリーは(眞子さまを)雇用しようと動いている」とする、アート業界の関係者の声を紹介した。 同サイトによると、イギリス王室のユージェニー王女もニューヨークのギャラリー関係の仕事に就いたことがあるという。同王女は2013年ニューヨークに移り、オンラインオークションハウスのPaddle8で働き、15年にロンドンに戻って、アートギャラリーHauser & Wirthに勤務したそうだ。 タイムアウトニューヨークによると、この街にはブロードウェイ劇場が40箇所、書店が100店あるのに比べ、ギャラリーの数はなんと1500にも上るという。働き口はいくらでもあるということだ。 その多くは以前は、ソーホー地区やローワーイーストサイド地区、ブルックリンのダンボ地区に、現在はチェルシー地区に集まっているが、近年はブルックリンのほかの地区やマンハッタンのハーレム地区、クイーンズなどニューヨーク中に広がっている。 毎日どこかでオープニングイベントが行われ、シャンパン片手にアート好きが集まって談笑をしている。 ニューヨークにはこのほかにも素晴らしい美術館や博物館、個性的なギャラリーが点在しており、アート好きにはたまらなく魅力的な街だ。眞子さまが移住されたら、公私共にきっと気に入られるに違いない。 ギャラリー関連 過去記事 ハーレムのギャラリーで行われたイベント NYのアート発信地をチェルシー→ハーレムに企てる男 ある茶会での出会いと学び(武漢アートも) Text and photo by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

「日本にいる時より幸せ」有力紙が米移住の元皇族発言を引用。眞子さま結婚 米で一斉報道

眞子さまと小室圭さんの結婚が、宮内庁により正式に発表された。同時に眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されたことも明らかになった。 アメリカでも1日、CNN、ブルームバーグ、ロイターなど主要メディアにより一斉に報じられた。そして、2人が今後住むことになるだろうニューヨークでも、ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナルといった有力紙の記事も確認できる。 ウォールストリートジャーナルは「Japan’s Princess Mako to Marry as Palace Blames Media for Her PTSD」(眞子内親王はメディアの批判によってPTSDを発症し、結婚へ)という見出しで、眞子さまに関する記事を初めて報じた。 同紙は「日本のスクラッピー(ちぐはぐ、とっちらかったなどの意)な週刊誌やそのほかのメディアによる報道が繰り返されてきた。それらは(小室さんの)父親の自殺を含む家族のことを調べ上げ、最近では帰国時のポニーテール姿を批判した」など、これまでの背景を紹介。 また結婚自体については「基本的人権の問題であり他人が干渉してはならない」とするコメントを引用し、記事を結んだ。 最近の動きについて静観していたニューヨークタイムズも、眞子さまの結婚について報じた。「A Princess Is Set to Be Wed. But It’s No Fairy Tale.」(プリンセスが結婚へ。しかしそれはおとぎ話ではない)という見出しで、この結婚が多難であることを示した。 同紙は眞子さまについて、「第二次世界大戦後に皇室に関する新憲法が日本で施行されて以来、一般市民と結婚する9人目の女性皇族」であると紹介。そして3人の女性 ── メーガン夫人、皇后雅子さま、元皇族の島津貴子さんの事例を引き合いに出した。 メーガン夫人 眞子さまの複雑な結婚問題とよく引き合いに出されるヘンリー王子とメーガン夫人の英王室離脱騒動(メグジット)と比較し、日本の皇室についてはこのように紹介している。 Japan’s staid royal family is low on star power and has largely avoided the dramas surrounding the British royals. The family, the…

めちゃくちゃバズった「小室さん長髪報道で考える人の見た目問題」後記

人は他人に自分のことをあーだこーだと言われたくない生き物 金曜に書いた記事が、Yahoo! JAPAN, NewsPicks, はてななどのトピックスに取り上げられ、びっくりするほど多くの方に読んでいただきました。日本時間の土曜日3pmからツイッターのトレンド入りもしたようです。 小室圭さん報道で考える「人の見た目問題」。日本は真の多様性に向け何が必要か 小室氏の見た目言及 NYではNG 記事執筆のきっかけ そもそもこの記事を書くきっかけは、ニュースフィードに並ぶ各紙の見出しに小室圭さんの「長髪」「ロン毛」という文字が散見されていたことに違和感を持ったことからです。小室さんの近影を確認したら不潔な印象もないですし、単純に「長髪の何が悪いのだろう?」と思いました。パンデミックで散髪する機会も減り、忙しすぎて伸びてしまったのかなくらいしか思いませんでした。髪型がニュースフィードで踊るなんて日本らしい話題だなと思い、ヤフーのオーサーコメントに書いてみたら反応が良かったので、翌日記事で発信してみました。 さまざまな反響(まとめ) まず自分のツイッターにたくさん意見が寄せられました。 リツイートもたくさん。(以下順不同) 反響は過去記事にも波及しました。 近藤サトさんに学ぶ「ありのまま」の美しさと、アメリカ人のグレイヘア観 私の記事への反響の中には、論点のすり替えといった意見や長髪ではなく彼の態度が問題という意見もありますが、私はそもそもその視点で筆を執っていないので…。 (反対意見も含む)これだけ多くの人が何かしら普段からふつふつと考えることがあったからこそこれだけ大きな話題になったのだろうし、私はただメディアへの問題提起として発信したことが、読んでくれた人々にとっても何かしら「考えるきっかけ」となったようなので、発信してよかったと改めて思っているところです。 AbemaNewsも取材してくださったので、良かったらご覧ください。 9月27日(月)12-1pm(生放送のため変更の場合もあり) (執筆後に改めて思ったこと)人は他人に自分のことをあーだこーだと言われたくない生き物 私は、小室さんの人柄や眞子さまとの結婚問題について関心がそれほどないので、それについてのコメントは差し控えますが、あくまでも「小室さん報道で考えた見た目問題」という視点で考えると、執筆後の反響などを見て思ったこととして、結局のところ「人は他人に自分のことをあーだこーだと言われたくない生き物なんだよなぁ」ってことでした。 家族にしろ友人にしろ彼氏彼女にしろ、上司や同僚にしろ、今日会ったばかりの人にしろ、自分以外の誰かに自分の容姿、生活、人生について「あれ?ちょっと太った?」「わぁ実際に会ったら意外と大きいんですね!」「そんな生活であなたやっていけるの?」「あんな人と付き合って大丈夫?」なんて言われたくないのです。 すべて「放っておけ」事案です。 ちなみに「人の見た目」を気にするかしないかについては、アメリカ人も気にします。以前ブログに書きました。 でも「気にする」と「あーだこーだと(わざわざ)言葉にする」は異なるもの。 他人のヘアスタイルの言及についても、問題になっているからこそニューヨークでは法律で取り締まりが行われていて、その動きの中で人々が「人の見た目や容姿について、他人があーだこーだ言わないようにしようね」っていう考えが広まっているのです。 見知らぬ子供から自分が着ているものについて「そのコート素敵!」なんて褒められることも珍しくないアメリカで私自身が19年暮らしていて、普段の生活の中で他人から褒められることはあれど、あーだこーだと言われたことはありません。多民族が共存するこの街では、まともな人であれば、デリケートな話題には触れないというデリカシーに関しての基準を血で理解している、そんな気もしています。 そしてデリカシーに関しての基準は、メディアと教育者から変わっていかないと、なかなか人々の意識まで変わっていかないです。黒人の肌の色を茶化したり、ライトカラーに塗り替えられたりすることが数年前まで日本のメディアや広告で堂々となされてきたのが、人々がやっとそれらをタブーだと理解し、近年は厳しく規制されるようになりました。肌の色や髪型など人の見た目について、井戸端会議で話すような下世話なことをメディアや教育の場で面白おかしく話題にしないというのが今後求められているのでしょう。 また、他人の見た目があまりにも気になりつい言ってしまうというのは自分の自信のなさの表れでもあります。 人の見た目について他人がとやかく言わない世の中に1歩でも近づくことを願っています。 Text by Kasumi Abe 安部かすみ(ノアドットより一部転載)無断転載禁止

米主要紙も疑問を呈した「日本の髪型報道」 眞子様&小室さん結婚問題、アメリカではどう報じられたか

眞子様&小室さんの結婚騒動に関して、アメリカでは最近まで女性誌などを除き、一般の主要紙においてそこまで大きく報じられることはなかった。 しかし現地時間の27、28日ごろになり動きが出てきた。主要紙では、ワシントンポストがアジアのニュース枠で大々的に報じた。 「You’ve heard of Harry and Meghan. Now meet Mako and Kei, who have Japan in a tizzy.」(あなたはヘンリーとメーガンのことを聞いてきました。次は日本で騒動になっている眞子と圭の話題です) 同紙は小室さんの母親の金銭問題など、ここまでの騒動に至った経緯について触れ、この結婚の複雑さは、イギリスのヘンリー王子とメーガン夫人のセンセーショナルな王室退位(メグジット)騒動に匹敵すると紹介した。また「日本の世論の圧力によって、天皇皇后両陛下への結婚の挨拶という伝統的な儀式の取りやめを決定するに及んだ」「世間の関心と批判はサイバーブリング(ネットいじめ)へと高まった」とも論じている。 米主要紙も疑問を呈した「長髪報道」 筆者も気になり先日記事で書いた、一部の日本メディアによる「髪型についての報じ方」について、ワシントンポストの記者も同様に注目したようで、このように論じている。 Komuro has become such a vilified figure that even his new ponytail hairdo has become a symbol of his unfitness to be involved with the royal family. 小室氏の新しいポニーテールの髪型でさえ、皇室には不適格の象徴とされ、けなされている。 It turns out his hair…