生中継で中国の「ジェノサイド」複数回触れられる …【北京五輪 開会式】米メディアはどう報じたか

北京冬季オリンピックが開幕し、アメリカでも連日その熱気が報道されている。 4日に行われた開会式についても、米メディアはいっせいに報じた。 東京オリンピックの際には、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長を「ぼったくり男爵」と批判したワシントンポストは、北京大会の開会式をどう報じたか。 5日付の同紙は冒頭で、「新録の草をイメージさせる巨大な緑のグロースティック(ケミカルライト)を振るダンサーからサイケな色合いの6人のアイスホッケー選手まで、団結と新たな始まりを表現した」と説明。「これらの素晴らしい演出のおかげで、近年の中国のダークな面を挽回した」と、芸術的な側面で、2008年の五輪に続き今回も総監督を務めた映画監督、張藝謀(チャン・イーモウ)氏の功績を讃えた。 一方、コロナ禍での開催については、「バブル方式を採用し、無観客で行われるが、選手や大会関係者308人(4日時点)の陽性反応が確認され、ゼロコロナを目指す中国にとっては懸念事項となっている」とし、パンデミックでトーンダウンし「あまり興奮はない」という地元民の声と共に紹介した。 政治的な見方としては、このような記述があった。 「毛沢東以来もっとも強力な指導者、習近平国家主席の下、同国の治安部隊は新疆ウイグル自治区で少なくとも100万人のウイグル人とほかのイスラム教徒を拘束」 「コロナ禍で開催を決めた大会のモットー『共有された未来のために共に』は、『人類のための共有された未来があるコミュニティ』を構築するという習氏の政治哲学に共鳴したものだが、そのようなモットーでさえ、外交ボイコットを主導したアメリカによって打ち消された」 NPRは、開会式の目を引くような素晴らしいシーンの写真と共に、ハイライトで紹介している。 習主席と共にロシアのプーチン大統領も出席したことについても触れ、「開会式での2大権力者の存在感は、人権侵害問題の国際批判に晒される中国に必要な同盟国がいることを知らしめた」。 コロナ禍での開催については、「東京オリンピックでは、開会式の会場外で抗議デモが行われたが、北京の会場周辺は道路が封鎖されたため、そのような様子は見られなかった」とした。 英VoxはWhy the Olympics opening ceremony felt kinda weird(オリンピックの開会式に違和感を感じた理由)という見出しで、開会式に映し出されれたプーチン大統領、10代の若者を多用し平和や世界の協調、パンデミックとの闘いを強調した演出、聖火ランナーの最終走者をウイグル族のクロスカントリースキー選手、ジニゲル・イラムジャン(Dinigeer Yilamujiang)氏が務めたことなど、多くの政治的要素が盛り込まれた開会式に疑問を呈した。 放送中に中国の「ジェノサイド」について複数回触れる NBCニュースは、コネチカット州のスタジオと北京を繋ぎ、2時間半にわたって生中継で開会式の様子を放送した。 「パンデミック中のもう1つのオリンピックが開始した。物議を醸している北京五輪だ」。同局の看板アンカー、サバンナ・ガスリー(Savannah Guthrie)氏は冒頭でこのように紹介した。 「パンデミックの真っ只中にオリンピックを開催できることが可能な能力とハイテクの腕前と国家の力を披露した」と評価する専門家の声も交えながら、ガスリー氏が以下のように説明するシーンも見られた。 ウイグル族選手の式典の起用について 「西(欧米)に対して挑発的(なメッセージだ)」 中国の人権侵害問題について 「中国は少数民族を(強制労働や強制不妊などで)弾圧し、アメリカはそれをジェノサイド(集団虐殺)と呼んでいる。そのような人権侵害に対する声明として、アメリカは外交ボイコットをしており、政府代表団を派遣していない」 「ジェノサイド」という言葉を含む中国の人権侵害問題についてのアナウンスは、2時間半に及ぶ開会式の中継中に筆者が確認する限り、少なくとも3度あった。 オリンピックの米国放映権を持つNBCユニバーサルの子会社であるNBCニュースは、東京大会にはアナウンサーチームを現地派遣したが、北京大会には派遣していない。その理由として、閣僚派遣を見送った日本の姿勢と同様に「新型コロナの感染防止のため」というのが表向きに発表されているものだ。 関連映像 NBCニュースによる、北京オリンピック開会式のダイジェスト (1) (2) 関連記事 【悲報】豪華な北京五輪ベッド、硬い東京の段ボール製。日本の環境配慮の理念がほとんど伝わっていなかった 米オリンピック視聴率激減が示すこと。アメリカ人は本当に五輪を観なくなった?それとも・・・ 【東京五輪】開会式当日と翌日、米主要紙の一面を飾った話題は? Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止

【東京五輪】開会式当日と翌日、米主要紙の一面を飾った話題は?

波乱の東京オリンピックがいよいよ始まった。 すでに日本をはじめとする各国選手が金メダルを獲得したり、メダルの有力候補と言われていた選手が思わぬ不調だったりと、感動や驚き、失望が起こっている。 筆者はこれまで、アメリカ在住の立場、およびUSチームのオンラインサミットに参加した経験から、日本のメディアにこのように聞かれることが度々あった。東京オリンピックについて「アメリカではどのように受け止められているのか?」「アメリカの人はどう思っているのか?」。 筆者の答えはこのようなものだった。 「春以降、少しずつメディアがオリンピック関連の話題を取り上げるようになった。特に主要紙のスポーツ記者は、金の亡者であるIOCの腐敗について非難し、コロナ禍での開催反対の立場を取っている。一方で一般の人々はと言うと、多くの人がオリンピックに関心を寄せていない。日々アメリカ国内の問題が山積みなので、オリンピックまで気持ちが届かないのだろう。しかし、大会が始まって自国の選手がメダルを取ったら目を向け始めるだろう」 これは街頭インタビューや、友人やパーティーで出会った人との会話から、筆者が感じたリアルな感想だった。日々さまざまな人に話を聞いてみても、オリンピックが直前に迫った時期でさえ「今度のオリンピックは北京だよね?」「今年開催?来年に再延期では?」など、日本からすると到底信じられないようなコメントが返ってくるのが1人、2人のレベルではなかった。それほどアメリカの一般の人々は、(開催まで)オリンピックへの興味や関心がもともと薄い。 もちろんすべての人ではない。少数派ながら「誰がメダルを取るかなど、オリンピックは気になる」と言う人や、「関心はあったけど、昨年延期が決まった時点で関心の糸が切れた。今年開催なら好きな競技はチェックする」と言う人もいる。 開会式の2週間前から、アメリカでの放映権を持つNBCがオリピック関連のCMを大々的に放送するようになり、機運が高まってきた。地方紙や深夜帯のテレビ番組までもが東京オリンピックのさまざまな問題やゴシップ(緊急事態宣言や選手の陽性判定、担当者解任・辞任、トイレ臭、選手村の簡易ベッドなど)を取り上げるようになり、(ネガティブな話題も含んだ)オリンピックムードが出てきたところだった。 実際に開会式が終わり、日本では評価が二分している。大絶賛する声が多いが、中には否定的な意見もあるようだ。果たしてアメリカは他国開催の開会イベントに興味を持ったのだろうか? 筆者は、東京オリンピック開催日の米主要紙の朝刊がどのような話題なのか気になり、いくつかかき集めてみた。 開会式当日の各紙朝刊一面 ニューヨークタイムズ (新型コロナ)ニューヨークが新型コロナでロックダウンをした時期に支えてくれたエッセンシャルワーカーの特集 (国際)アメリカ軍のアフガニスタン撤退関連 (新型コロナ)ワクチン未接種者が感染拡大につながっている、など ウォール・ストリートジャーナル (国際)香港で子どもを扇動する絵本の発行団体が逮捕 (ビジネス、製造)世界的な半導体不足が2023年まで続く可能性 (経済)経済回復においての有価証券取引について、など ニューヨークポスト (セレブ、ゴシップ)ラッパー、ドクター・ドレーの離婚した元妻の慰謝料 (新型コロナ、スポーツ)ナショナル・フットボール・リーグが選手に新型コロナワクチン接種を促す (同紙の裏表紙=日本の新聞の一面にあたる右サイドは、スポーツ記事の一面だ。この日の話題はMLBのヤンキース対レッドソックス戦で、ヤンキースのブルックス・クリスキー投手の負け試合について) これらの新聞は、ニューヨークエリアで流通している主要メディアの一部だが、一面にオリンピック関連の見出しは見当たらなかった。 スポーツ記事も、どちらかというとNFLやMLBの方に関心が寄せられているようだ。 ならば中面はどうか? スポーツ面でやっとオリンピックの話題を見つけた。 これらの紙面を見る限り、主にUSチームの選手にフォーカスした記事だ。日本で大騒ぎになったオリンピック・スキャンダルに関する否定的な記事は見なかった。 開会式翌日の各紙朝刊一面 開会式の様子はNBCにて、日本のリアルタイムの半日遅れの午後7時30分から深夜まで放送された。 その翌朝の新聞は・・・。 ニューヨークタイムズ (オリンピック)東京オリンピックが厳粛な空気に包まれ、無観客でいよいよ開幕 (国際)ハイチのモイーズ大統領埋葬など、暗殺事件続報 (新型コロナ)ワクチンのブースター(追加免疫。接種完了から数ヵ月経った後に再び接種するワクチン)の必要性 (新型コロナ)ニューヨーク市長が市の職員にワクチン接種を義務付け、など ウォール・ストリートジャーナル (オリンピック)1年遅れの東京オリンピック、空の会場で開始 (経済)暴落から一転し、NYダウが3万5000ドル超え (ビジネス、製造)電気自動車への移行 (新型コロナ)科学者による長引く新型コロナの謎解き デイリーニュース (オリンピック)史上もっとも奇妙な五輪が開幕 (事件、ローカル)ブロンクスの住宅敷地内から、幼児の歩行に必要な特別なスニーカーが盗まれる オリンピック関連は開会式の翌日、一面および中面で大きく取り上げられていた。記事の内容は「無観客の中で行われた、オリンピック史上稀に見る奇妙な大会」という趣旨だった。開催国からするとオリンピックが世界の一大行事よろしく思うかもしれないが、アメリカではほかにも新型コロナや経済ニュースなど、新聞が伝えたい話題や事件が山ほどあるため、俯瞰して見てみると開会式はほんの1つのイベント扱いだ。 ドローンやピクトグラムの演出を賞賛する声がソーシャルメディアで話題になっていたり、無観客で寂しい、奇妙、長いなどのハイライト記事、『イマジン』の歌詞についての否定的な記事などを見たが、日本の一部のメディアや知識人のようなネガティブな評価をしている記事は筆者が確認する限り見なかった。(専門家や批評家でもない限り、人々はそこまで他国開催の「開会式」に注視していない) 最低の視聴率か? CNNは23日、FOXスポーツの元幹部で、メディアコンサルタントのパトリック・クレイクス氏のコメントとして「今大会はこれまでの夏季オリンピックで、おそらく史上最低のテレビ視聴率になるだろう」との分析を紹介した。 ただし、あくまでもテレビ視聴率の低迷の危惧であり、ストリーミングやソーシャルメディアなどでの視聴や、ハイライト、選手のインタビューなどのコンテンツの視聴などが悪いとは限らない。 CNNによると、もし視聴率が大きく低迷すればメイク-グッズ、つまり広告主に無料広告で補償しなければならなくなる可能性があるという。ただし低迷といえども、今夏にテレビ放送されるほかのどの番組よりもオリンピックの視聴率は高くなるだろうと予想している。 今後メダル獲得数が増えるにつれ、オリンピックが気になってしょうがないという人も必ずや増えていくだろう。 オリンピック・パラリンピック競技大会概要  第32回オリンピック競技大会(2020/東京) 7月23日~8月8日 33競技…