韓国 尹大統領の米議員への侮辱発言 米メディアや議員の反応は?

韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル、Yoon Suk-yeol)大統領がしたとされる発言が、米韓で波紋を呼んでいる。 国連総会出席のため訪問先のニューヨークで21日、尹大統領が会議室を後にする際、側近に話し掛けた内容が韓国メディアにキャッチされ、騒動に発展した。 エイズなど感染症対策の基金を検討する会合でアメリカが60億ドル(約8600億円)の出資を表明したことについて、尹大統領が韓国語で「(アメリカの)議会でこの~~が承認しないと、バイデンにとって非常に恥ずかしいことになる(バイデンのクソメンツは丸つぶれ)」と呟いたと報じられている。 韓国メディアによると「~~」の箇所は韓国語の侮辱表現で、アメリカの議員を指し、日本の複数のメディアは「この野郎ども」という言葉に訳している。 尹大統領のこの失言に対して、韓国メディアに続きアメリカのメディアも反応している。 主要紙ワシントンポストは22日、South Korean president overheard insulting U.S. Congress as ‘idiots’(韓国の大統領(から)米議会を‘idiots’*と侮辱しているのが聞こえてきた)という見出しで報じ、尹大統領の発言をこのように訳した。 “It would be so humiliating for Biden if these idiots don’t pass it in Congress,” 「idiotsが議会でそれを承認しなければ、バイデンにとって非常に屈辱的だろう」 *idiot:日本語で「愚か者」「間抜け」「馬鹿」などと訳される。 同紙は、韓国大統領府の報道官による「釈明」にも触れた。それによると、問題となっている発言は合衆国に向けたものではないとし、尹氏はバイデン氏の名前を言及しておらず、韓国語で似たような響きの言葉が誤って聞こえてきたということだ。また、米議会ではなく韓国議会についての言及だったという。 しかし同紙は「報道官によるこの正当化に、ソウル(韓国)の批評家は感動(納得)しなかった」とし、「(韓国)野党の代表者からは『外交惨事』を隠蔽しようとする大統領府の『根拠のない言い訳』と呼ばれている」とした。 一方、アメリカの国家安全保障会議のスポークスパーソンは22日の声明で、「ホットマイク*のコメントには言及しない」と述べ、非公式発言をまともに取り合うつもりはないようだ。それどころか、「我が国と韓国との関係は強固で成長している」「バイデン大統領は尹大統領を重要な仲間と見なしている。 昨日2人は有意義で生産的な会談を行った」と発表した。 *hot mic:本人が気づかずにマイクがオンになっていることで、ホットマイクの発言とは、本人がマイクオンに気づかずした発言のこと。 このワシントンポストの記事には、1000を超えるコメントがついている。筆者が確認する限り、尹大統領への批判も見られるが、大半は発言は間違っていないと擁護する意見が多いようだ。 批判派 「政治初心者のあなたはまず謝罪すべき。我々の議会を批判するのはその後だ」 「言っていることは間違いではないが、我々の議員に対して言うべきではない」 「次回の来米は楽しい訪問になりそうだ」 擁護派 「(言ってることは)間違っていない」 「そう思っているのは彼(尹氏)だけじゃない」 「彼の言う通り、大半の議員はidiotsで構成されている」 「彼は発言したことを否定しなくて良い。代わりに真実を語ったことを祝福すべき」 など。 ポリティコは、尹大統領がしたとされる発言を、伏せ字の罵り言葉を入れ、このように訳した。 “How could Biden not lose…

「韓国人になりました」… BTSが好きすぎて整形を重ね、ついにジミンになった白人インフルエンサー

Kポップ、特にBTS(防弾少年団)の大ファンだという白人男性が、BTSやKポップシンガーのような見た目になるために美容整形手術を受けて生まれ変わったとして28日、米ニューズウィークやニューヨークポストなどが報じた。 英国生まれの29歳、オリ・ロンドン(Oli London)さんは、BTS、特にジミンさんが好きすぎて「あのような見た目になりたい」と、8年間で18回の美容整形手術を受けてきた。そして、やっと理想の姿が完成したとして、「自分のことを今、韓国人として識別している」「本当に幸せ」と語った。 「私はついに韓国人になりました。私は変わりました。とても幸せ」とロンドンさん。整形手術は韓国のソウル市で受けたそうだ。 ロンドンさんはこれまで、「韓国の文化に深い敬意を払っている。(しかし)自分の人種までは変えていない」と見た目を限りなく韓国系の顔にしたと語り、自分の性については「男性でも女性でもないノンバイナリー」だと認めている。 18回の整形手術にはフェイスリフト、額リフト、こめかみリフト、カンソプラスティと呼ばれる目の周りの手術、そして歯の美容手術が含まれ、かかった費用は15万ドル(約1500万円)以上。 「私のことを知らない人は、きっと私のことを韓国人だと思うだろう」「私は人生で初めて、自分のことを美しいと思いました」とロンドンさんは満足そうだ。 ロンドンさんの整形前の写真 自分が誰かと、これまで自身のアイデンティティについて悩んできたというロンドンさん。今はBTSのような見た目に生まれ変わり、韓国名として「ジミン」を名乗ることで、自身のアイデンティティを確立したようだ。 ロンドンさんはインスタグラムで30万人、ユーチューブで2万9000人のフォロワーを持ち、特に若者に影響力があるインフルエンサーとして知られる。ただ整形を重ねると、一般的にどの人も「もっと、もっと」と歯止めが利かなくなりがち。アメリカでは最近、美容整形を重ねたとされるクロエ・カーダシアンさんに対して、「昔の方がよかった」「まるでマイケル・ジャクソンのようだ」と話題が集まったばかり。 ロンドンさんも整形前の顔は十分素敵だったし、これ以上の整形は不要だと思われるが、本人からしたら余計なお世話なのだろう。 BTS関連記事 BTSを「未来のグラミー賞にとって重要な存在」と海外メディアが報じたワケ (現代ビジネス) NYタイムズスクエアの年越し2019-2020 ï¼ˆãƒŽã‚¢ãƒ‰ãƒƒãƒˆï¼‰ Text by Kasumi Abe (Yahoo!ニュース 個人より一部転載)無断転載禁止