年末年始限定バロック様式のバーレスク「くるみ割り人形ルージュ」が復活。1月まで

クリスマスシーズンの定番と言えば、チャイコフスキーの最後のバレエ音楽『くるみ割り人形』。

ブルックリン、ブッシュウィックの知る人ぞ知る「Company XIV(カンパニー・エックス・アイ・ヴィー)」は、この名作バレエをムーランルージュの世界に焼き直し、バーレスク版「Nutcracker Rouge(ナットクラッカー・ルージュ、くるみ割り人形ルージュ)」として復活させている。

今まで見たこともないバレエ

クリスマスイヴにくるみ割り人形を贈られた少女の物語。Company XIVはどのようにこの名作を「Nutcracker Rouge」に仕上げただろうか。(c) Kasumi Abe

華やかで心温まる名バレエが、官能的で退廃的なホリデーショーとして120分に凝縮。オリジナルのバレエに加え、シャンテューズ、キャバレー、クラシック、サーカス、ロック、カウントリー・・・さまざまな要素が入り混じり、あなたを驚きの渦に巻き込む。

「爽快」(ニューヨークタイムズ)、「完璧なホットデート」(タイムアウトNY)、「最高のホリデー・オマージュ」(ハフポスト)と米主要メディアに評された「ナットクラッカー・ルージュ」。2010年に初お披露目をし、今年は12回目のシーズンとなる。

今シーズンは、2022年秋から2023年1月29日までの14週間のみ、期間限定で上演中。

私も週末に観に行きましたが、くるみ割り人形のまったく新しい世界で、あっという間の120分。最後はスタンディングオベーションの嵐、でした!流行の発信地、ブルックリンのブッシュウィックという土地柄、観客は若い人が多いけど、60、70代くらいのカップルもちらほら。

大晦日には特別公演も

年越しパーティーに、年末年始のデートや女子会にもぴったりのショー。

今年の大晦日には、ウェルカムカクテル、オードブル、年越しの乾杯、出演者とのアフターパーティーが含まれる特別公演も予定されている。この特別公演のスタンディングルームは125ドルから、シングルシート195 ドル、2人用の「シャンパンカウチ」745ドル。2022年12月31日の10PMから。

(大晦日特別公演の詳細はこちら)

(c) Kasumi Abe
175席の会場。Company XIVは演出家、振付師、インプレサリオ、Austin McCormickによって2006年設立。新型コロナの規制で19ヵ月の休演後、 2021年秋より再開。(c) Kasumi Abe

Nutcracker Rouge(ナットクラッカー・ルージュ、くるみ割り人形ルージュ)

会場

Théâtre XIV(シアター・エックス・アイ・ヴィー)

383 Troutman St, Brooklyn, NY 11237

入場料

1人95ドルより。 パトロンは予約時「Champagne Upgrade(シャンパン・アップグレード)」を選ぶこともできる。

シャンパン・カクテルは予約時に「シャンパン・アップグレード」にすると+40ドルで追加可

2人がゆっくり座れる「シャンパン・カウチ」は395ドルより(ハーフボトルのシャンパン付き)。

(c) Kasumi Abe
  • 21歳以上のみ入場可
  • 劇場内のバーではクレジットカードのみ受け付け

問い合わせ

Company XIV(カンパニー・エックス・アイ・ヴィー)


Text and photos by Kasumi Abe 無断転載禁止

@Company_XIV @companyxiv #NutcrackerRouge

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s